カテゴリー「プロ野球:巨人」の記事

プロ野球2017 巨人 来期に向けて②

前回投稿から3ヶ月。

巨人の状況も激変しました(笑)
2番二塁手マギーのスマッシュヒット、畠投手のローテ定着、宇佐見捕手の一軍デビューと光明もあり高橋監督退陣論は後退しています。
現実的に考えれば3年契約中の高橋監督は3位を確保出来れば現状維持。
だからと言って無風で済むはずもありません。
村田ヘッド、江藤打撃コーチは対象となってくるでしょう。
ところでドラフト会議が近づいてまいりました。
今年は高校生と社会人投手が中心となってきそうですが巨人にとっても大事な戦力補強の場。毎年恒例ですけど、現状分析しつつドラフトを考えていきたいと思います。
【投手】
菅野、マイコラス(外国人)、田口、畠の4名が開幕から健在だと先発陣はかなり強力。そこに吉川、谷岡、高木勇辺りが絡めば広島とも戦えます。現時点で期待出来るファームの若手が大江投手のみというのは心許ないですが、高校生投手1名をドラフト上位で確保出来れば良い構成になりそうです。
リリーフは山口、マシソンの後継者を探さなければいけませんが、カミネロが残留してくれると思いますので、宮國のリリーフ再転向、左腕は池田、中川、戸根辺りが1軍を高いレベルで争ってくれれば充実してくるかと思います。
【捕手】
WBC以来、浮き沈みの激しい打撃の小林も守備は安定していました。ここにきて攻撃型捕手である宇佐見の登場で捕手補強論は後退しています。しかし今年は高校生捕手に好素材がそろう状況ですので上位指名を利用して1名確保して欲しいと期待しています。
【内野手】
坂本は数年安泰として、セカンドも今年出遅れた吉川の評判はまずまず。村田の後継者として岡本を三塁で起用することは難しいのだろうか?高卒の長距離砲を1名確保したいところ。1塁は外国人に空けておくとしても大穴として宇佐見のコンバートもありでしょう。
【外野手】
出遅れた陽の活躍、長野の復活、移籍の石川、立岡に岡本もいる現状。昨年の加藤と競わせる意味で高校生を1名は確保したい。
こうして見ると
上位で投手指名ならエース候補。(今年は候補者が少ない)即戦力なら左腕。将来性の高校生。
捕手を含めた野手で2名。
4位以下は使えるレベルの選手は十分いるので、将来性ある選手を高校生中心に。
清宮選手や中村捕手の名前が出ていますけど、条件には合致するものの競合必至であり難しいドラフトとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2017 巨人 来期に向けて①

大連敗ストップ後も相変わらずの迷采配で逆転負け(笑)
今後、奇跡の大連勝でも無い限り高橋政権退陣は時間の問題でしょう。
そこで再出発として次期首脳陣を希望を交え考えてみます。

【監督】
①原前監督復帰
 これは当然ある選択肢のひとつでしょうが反対です。退任前、主力を育てずにその場しのぎの采配で誤魔化してきたつけが今回の低迷の原因のひとつです。確かに広い人脈と知名度は抜群なのでフロントで働いてもらうのは良いと思いますけど。
②斎藤二軍監督の昇格
 二軍監督への配置転換後評価急上昇中。実績のわりに地味な印象で投手コーチ歴任も、二軍監督就任後は着実に実績を残しています。外部からの評価も高く、藤田元監督のような渋い監督への成長が期待されます。個人的には現時点イチオシです。
③川相三軍監督の昇格
 こちらは高橋監督就任時にも出た名前。ただイメージ的には鬼軍曹タイプ。村田ヘッドの代わりに高橋監督をサポートしてくれていれば、結果は大きく代わっていたのでは?と思ってしまいます。斎藤二軍監督との相性もありますが、ヘッドとして常勝巨人復活に協力してくれればと思います。
④外部招聘
 巨人軍の生え抜き監督制度については賛否両論ですが、候補者がいるのであれば継続して良いと思います。今球界では育成ですが、監督だけ外部招聘とか矛盾も甚だしいです。ただ、現状の一軍打撃コーチ、バッテリー部門に力不足が見られますので配置替えや補強も必要でしょう。打撃コーチには二軍から田代コーチ、バッテリー部門は内部なら三軍秦コーチ、新監督人脈で外部招聘も良いでしょう。


高橋監督就任時には、他に候補者が少なく、賭博問題で低下する人気を支えるためにスター監督が欲しかった訳ですが、幸い二軍で斎藤監督が頭角を表してくれましたので、ここはスムーズにバトンタッチする事がベストではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2017 巨人 高橋監督に感謝

悪夢の9連敗。
本日で10連敗濃厚(笑)
ただし、お陰さまで記事を書きたい気持ちにさせられました。

何故なら、一見故障者続出や若手の成長不足に見えるものの、巨人首脳陣の采配はベストではないのが明らかだからです。
最近はヤフー等での素人意見を10日遅れで採用するほどひどい状況になっています。
そこで私も今後のベストオーダーを考えてみたいと思った次第です。
それではさっそく

①長野 ライト
②坂本 ショート
③陽  センター
④村田 ファースト
⑤マギー サード
⑥ギャレット DH
⑦クルーズ セカンド
⑧石川 レフト
⑨相川 キャッチャー

代打①阿部
代打②亀井
代打③岡本

先発①菅野
先発②田口
先発③マイコラス
先発④吉川
先発⑤山口俊
先発⑥畠
中継①池田
中継②森福
中継③桜井
中継④宮國
中継⑤西村
中継⑥高木
抑え①マシソン

もちろんこれから一軍って選手も含まれていますが、戦って行けるはずです。

改めて中継ぎの層が薄く感じられます。
ファームの斎藤監督には、ぜひ育てて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2016 巨人 FA山口投手獲得 プロテクト予想

2016シーズンオフも終盤戦。
みなさん、シーズンオフを楽しんでいますか?

巨人は横浜からFAした山口投手を獲得。
この獲得については、ファンの間でも大竹投手の二の舞といった否定的な意見や、躍進中の横浜から10勝投手を獲得することを重視する意見も見られます。個人的には入団が決まったからにはローテの一角を死守して欲しいと思っています。

話題は人的補償に移り、プロテクトリスト予想が溢れています。
私も個人的に作成しましたのでご参考になればと思います。

【投手:17名】
菅野、田口、吉川、大竹、山口、澤村、宮國、田原、戸根、杉内、内海、高木勇、桜井、中川、平良、與那原、西村

【捕手:1名】
小林

【内野手:6名】
阿部、村田、坂本、岡本、山本、辻

【外野手:4名】
長野、亀井、重信、石川

主なリスト漏れは
投手:今村、小山、江柄子、乾
捕手:相川
内野手:脇谷、片岡、藤村、吉川、寺内、和田
外野手:松本、堂上、橋本、中井、立岡

リストの作成は難しいですね。
投手の中から指名されるのではないでしょうか。
ローテ投手を獲得するのですから仕方ないと諦めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2016 巨人 CS第2戦から見えた来期の課題

既に第3戦も結果が出ていますが、第2戦にも来期に向けてのポイントを見ることが出来ました。

①田口投手の成長
野手にも一時的に活躍した若手はいたのですが長続きしませんでした。特に一度調子を崩すと二度と戻ってこないケースが多く、一軍に定着出来ていません。それに比べると今期一時的に調子を崩しても復調してきた田口投手は来期一軍ローテに定着してくれるのではないでしょうか。課題であるスタミナ面を克服して、貯金の作れる投手になることが、巨人でローテを務める条件になってくるでしょう。

②若手野手
山本選手はノーヒットながらも守備で貢献出来ました。もちろんスタメン定着には打撃力の向上が条件になってきますが、寺内選手のように残れる選手なのかなと思わせてくれました。また、残念なことですけど中井選手には居場所がないのかなと感じました。

③高橋監督の采配
今年の消極的とも思える采配については、マスコミもあるし、高橋監督もいろいろ分かってはいるけど、去年までのチームメートとしての印象とを擦り合わせる時間だったのかなと思います。来期は高橋監督として新しい采配を見せてくれるのではと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2016 巨人 CS第1戦から見えた来期の課題

いよいよ始まりましたCS第1戦。
CS廃止派の私としては、巨人が勝たなくても全く問題はありません。むしろ、久しぶりに優勝した広島に日本シリーズ出場して欲しいし、初のCS進出した横浜に勝って頂いて構いません。

問題は、明日につながる試合であったかと言うところですが、今日の試合は収穫大であったと思います。

①捕手問題に一定の判断
小林捕手が、巨人の正捕手であることは間違い無いところですが、同じ選手相手に警戒しても打たれた結果は、更なる成長と競争が必要な事を表していると思います。
成長を促す為にはライバルが必要です。相川捕手に加えて、年下はファームに数名いるので、30才過ぎの実力派(嶋捕手辺りが最適)が欲しいところです。※古田氏並みのコーチ招聘もありかもしれません。
また、将来的な競争相手として、ドラフト上位で甲子園組のスター候補生(九鬼捕手ならベスト)を指名して欲しいです。

②抑え投手問題に決着
澤村投手を抑えに固定して、山口投手やマシソン投手が脇を固める形が2016でしたけど、来年もこのままではダメだと言うことがハッキリしました。解説者にも言われていることですが、澤村投手は考えて投げることが出来ないので中継ぎに配置転換。新たな候補者が現れなければマシソン投手を抑えに配置転換。脇を山口投手や戸根投手、宮國投手や西村投手に新顔を加えて守っていくことになりそうです。ここにも一人はスペシャリストを迎えたいですね。

③采配について
高橋監督の生真面目さには感心しますけど、もう少し演出が欲しいところです。昨日のメンバーならセカンドには若手を起用して欲しかった。逆に寺内選手には、堅実な守備固めや右の代打として期待したいところ。
高橋監督には3連勝する采配ではなく、2勝する采配、全勝する采配ではなく、優勝する采配を考えて欲しいです。

まずは、本日の試合に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球2016 巨人 来季に向けて③補強編①

いよいよ、ドラフト会議も近づき、またFAを中心とした移籍情報も流れてきています。

優勝を逃した巨人の現状は見てきましたが、ここでは過去の反省と希望を込めた補強予想をしたいと思います。
まず、巨人の補強ポイントと重要性は

【先発投手】
移籍やドラフト上位指名の条件は15勝が狙える人材。(近い将来を含む。)
やはり大竹FA獲得や今村・桜井ドラフト上位指名は失敗であったことが分かります。
そこを踏まえると、FAでは岸なんでしょうけど縁はなさそうであり、山口は大竹と同じパターンと思います。
ドラフトでは、田中・佐々木の大学生コンビか寺島・今井の甲子園組を希望します。

【リリーフ】
山口に陰りが見え、澤村も安定感に欠ける。西村の復活も難しく、マシソンも慣れられてしまってます。戸根・田原・宮國は成長に期待出来るが、リリーフ適性のある投手の補強もありと思います。

【捕手】
ドラフト1位指名の小林が正捕手となっていますが、打撃に問題ありライバルが必要です。
20歳前後の選手すらいないので高校生捕手は大きな補強ポイントであり、九鬼は注目大です。

【内野手】
来季の内野は固定化出来そうであり、補強はドラフトもしくはトレードで十分。
過去のドラフトでは、和田・大累と結果が出ませんでしたが、岡本で挽回出来そう。
補強の緊急性は認められません。

【外野手】
外国人選手に長野(亀井)とくると残りは若手枠。立岡・重信・橋本・大田とくれば、一人はレギュラー定着して欲しい。ただ、巨人は若手の成長という不確定要素にかけるほど猶予はありませんので、FA糸井など巨人らしいとも言えます。

今年は大事なドラフトです。個人的に希望する選手の交渉権獲得できることを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球 巨人 来期に向けて②野手編

久しぶりの広島優勝。
ファンの皆様おめでとうございます。
セ・リーグ発展のためにもとても良かったと思います。
CS廃止派の私的には、無事にセ・リーグ代表として日本シリーズで頑張って欲しいです。

ところで、破れた巨人の来年に向けて野手編ですが、投手の田口のようにブレイクを果たした選手は不在で厳しいようですが、ファームに目を向けると来年楽しみなところもあります。
あとはオフの編成次第で来年の優勝も見えて来ると思います。

【捕手】 阿部の捕手リタイアが現実となり、小林メインのシーズンでしたが、もう少し長い目で見る必要があると思います。實松、加藤はファームのコーチ兼任的なポジションで、相川は代打兼任。もう一人若手を一軍で試して欲しいところです。年齢層的にはドラフトで九鬼の上位指名も夢がありそう。加えて中堅捕手のトレード補強も編成の腕の見せ所ではないでしょうか。

【内野手】 坂本の再ブレイクは嬉しい誤算、来年も成績を落とすこと無く活躍して欲しい。ファーストは阿部中心に打撃優先で。サードは岡本の成長を楽しむ年にしたい。セカンドはクルーズでしょうが、最終的に山本や辻が奪っていると嬉しい展開。今年再契約を迎える村田の去就がキーポイントになりそうです。

【外野手】 ギャレットもしくは新外国人がレフト、となるとライトは長野、亀井で。センターを重信、橋本、立岡、大田辺りで高いところで争って欲しい。ここにFA補強が入って来ると巨人らしい展開なんですけどね。

野手に関しては、今やセ・リーグを代表する横浜の筒香でも時間が必要でしたので、少し長い目で見る必要ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球 巨人 来期に向けて①投手編

2016年セ・リーグは、マエケン抜きの広島のまさかのリーグ優勝が近づいています。
個人的には、Uターンしてきた黒田投手の良い花道になるのではと考えています。素直に祝福したい気持ちです。

問題は、優勝を逃したものの微妙な結果となった巨人の方向性です。
世代交代真っ只中の巨人としては、なるべくしてなった結果とも思えますが、田口投手の成長以外に見るべき点も少なく、来年に不安を残しています。
そこで、ポジション別にオフの動きを期待を込めて予想してみます。

【投手】
先発は菅野、田口、マイコラスと貯金が期待出来るのは3名のみ。内海、杉内、高木あたりでは多くは期待出来ず、若手投手の一軍定着も時間がかかりそう。
まず、マイコラスクラスの外国人投手1名、ドラフト1位で即戦力、トレード・FAで1名は欲しいところ。ただし、ドラフトでの即戦力投手は4、5名と予想されるので、それ以外なら高校生でいって欲しい。昨年の二の舞はごめんです。
リリーフは、澤村、マシソン、宮國、山口、西村、戸根、田原あたりで大丈夫。一人は新顔が欲しいところですけど。

次回は野手編です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロ野球2016 巨人 前半戦、シーズンオフ、2017に向けて①投手編

昨年のドラフト以来すっかりお久し振りです。

シーズン開幕前に間に合わず、4月は熊本地震と機会を逃しておりました。
その間に新戦力補強もありましたけど、ここまでの成績を中心に振り返るとともに、シーズンオフ、2017年を考えたく思います。
まずは高橋新監督率いるコーチ陣は概ね期待通りです。
外国人補強さえ成功すれば、概ねファンの期待通りの結果が期待出来るでしょう。
問題はスカウトです。現在のように平均レベルな選手を獲得していては、例え育成に成功しても巨人のレギュラーには不十分だとファンには感じてしまいます。
賛否両論あっても、競合覚悟でトップ選手を獲得に行くか、巨人愛路線で確保しなければ難しいでしょう。
では、投手から。
【先 発】
菅野投手(27)今年も期待通りの活躍。その年のナンバー1投手を巨人愛で獲得した好例。
高木投手(27)昨年前半の活躍は見事でしたが、現在の姿が現実。オフにもう一皮むけないと今後は厳しい。海外遠征など良いと思います。
田口投手(21)着実に成長しています。杉内投手を手本にレベルアップに期待。
今年ローテを守っているのはここまで。他のベテランと若手は
今村投手(22)チャンスは十分もらいましたが、1軍の壁に苦しんでます。田口投手と競い合って成長して欲しい。
内海投手(34)分岐点です。ベテランとして過渡期のチームを救うのか、後進に道を譲るのか。
大竹投手(33)巨人の先発ローテと考えると力不足でした。
【リリーフ】
澤村投手(29)合格点。総崩れ的な投手陣では目立ちます。
田原投手(26)良い経験させてもらってます。右のサイドハンドは貴重なので育って欲しい。
宮國投手(24)出遅れたものの合格点。すでに中継ぎとしては実績を残しました。秋季キャンプからは来季のローテ目指し先発転向して欲しい。
山口投手(33)勤続疲労とも衰えとも取れる微妙な状況。今季の残りはリフレッシュに当てて欲しい。
戸根投手(24)日本代表候補にもなりバタバタしてしまいました。秋季キャンプでやり直しです。
【2軍】
平良投手(21)既に2軍は卒業のレベル。次のチャンスに備えて武器を身につけて欲しい。
田原投手(22)期待の左腕。1軍デビューが待ち遠しい。
他にもファームで好成績の選手はいるのですが、将来性とチーム構成を考えベテラン中心にスルーしています。1軍の壁は2軍の成績とは関係のないものです。ベテランがチームの隙間を埋めてくれれば助かりますが、チーム構成を考える中であてにしてしまっては理想の投手陣は遠ざかってしまいます。それが現在の巨人ではないでしょうか。
シーズンオフ(ドラフト・FA・トレード)を考えると
①菅野投手に続ける人材。少なくとも5年にひとりと呼ばれるような先発完投型投手。即戦力である必要はありませんが、肉体強化を終えた2年目から活躍出来るような完成度が高い投手が理想です。
②ファームのローテ止まりの投手は巨人にはいりません。
巨人スカウトの皆さん、今年のドラフトは遠慮なく攻めて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧