« プロ野球2017 巨人 高橋監督に感謝 | トップページ

プロ野球2017 巨人 来期に向けて①

大連敗ストップ後も相変わらずの迷采配で逆転負け(笑)
今後、奇跡の大連勝でも無い限り高橋政権退陣は時間の問題でしょう。
そこで再出発として次期首脳陣を希望を交え考えてみます。

【監督】
①原前監督復帰
 これは当然ある選択肢のひとつでしょうが反対です。退任前、主力を育てずにその場しのぎの采配で誤魔化してきたつけが今回の低迷の原因のひとつです。確かに広い人脈と知名度は抜群なのでフロントで働いてもらうのは良いと思いますけど。
②斎藤二軍監督の昇格
 二軍監督への配置転換後評価急上昇中。実績のわりに地味な印象で投手コーチ歴任も、二軍監督就任後は着実に実績を残しています。外部からの評価も高く、藤田元監督のような渋い監督への成長が期待されます。個人的には現時点イチオシです。
③川相三軍監督の昇格
 こちらは高橋監督就任時にも出た名前。ただイメージ的には鬼軍曹タイプ。村田ヘッドの代わりに高橋監督をサポートしてくれていれば、結果は大きく代わっていたのでは?と思ってしまいます。斎藤二軍監督との相性もありますが、ヘッドとして常勝巨人復活に協力してくれればと思います。
④外部招聘
 巨人軍の生え抜き監督制度については賛否両論ですが、候補者がいるのであれば継続して良いと思います。今球界では育成ですが、監督だけ外部招聘とか矛盾も甚だしいです。ただ、現状の一軍打撃コーチ、バッテリー部門に力不足が見られますので配置替えや補強も必要でしょう。打撃コーチには二軍から田代コーチ、バッテリー部門は内部なら三軍秦コーチ、新監督人脈で外部招聘も良いでしょう。


高橋監督就任時には、他に候補者が少なく、賭博問題で低下する人気を支えるためにスター監督が欲しかった訳ですが、幸い二軍で斎藤監督が頭角を表してくれましたので、ここはスムーズにバトンタッチする事がベストではと思います。

|

« プロ野球2017 巨人 高橋監督に感謝 | トップページ

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/65396604

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球2017 巨人 来期に向けて①:

« プロ野球2017 巨人 高橋監督に感謝 | トップページ