« プロ野球ドラフト会議2015③ 球団別評価と自己評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 »

プロ野球ドラフト会議2015④ 球団別評価と自己評価③

急に本業が忙しくなり間が空いてしまいましたが、続きです。

阪神 90点

入札はヤクルト単独と思われた高山外野手で、ハプニングもありましたが抽選勝ち。野手陣の高齢化が叫ばれ数年経過しているので1位で行って正解と思います。2位でも課題の捕手をしっかり補強。何だかんだで選手がいない訳ではない阪神には、今後も目玉選手を追いかけて欲しいと思います。


ロッテ 90点

こちらも楽天単独指名も予想されたスター選手候補平沢内野手を指名して抽選勝ち。とても良い選択と思いますが、以下は淡々と即戦力投手と高校生投手をバランス良く指名。ただ、その後の今江内野手のFAなどを見ると、球団経営に力を注げない状況なのかなと思ってしまいます。


日本ハム 70点

今年も素直に評価順に入札。悪く言えばクジに頼った指名でもあり、今年は悪い方に出ましたので低得点も仕方なし。即戦力投手中心ですが、下位では有名どころを拾っており今後に期待です。後日個別に書こうと思いますが、日本ハムのコスト削減に励みつつ、数年に1度優勝出来ればとの方針は堅実で賞賛されてきましたが、球界一の資金力を誇るソフトバンクの出現でパ・リーグのパワーバランスは大きく崩れ、面白みを失いつつあります。


ヤクルト 70点

単独指名を狙った神宮の星高山外野手を阪神に奪われたのは大ダメージ。原投手も1位候補とは言い難くファンには不満が残ったのではないでしょうか。以下も将来性に期待した指名が多く、ロッテ同様球団経営に集中出来ない環境なのかなと感じます。


ソフトバンク 90点

余裕の高校生No.1高橋投手入札し、見事に抽選勝ち。以下も充実の戦力から、比較的穴のある投手と捕手中心に指名。FAに外国人を加え、まさに昔の巨人を地で行く感じですが、多少時代が違うのが気になります。再びパ・リーグに沈滞を招く可能性を感じるのは私だけではないのではないでしょうか?後日、1軍出場機会が得られない選手のFA制度を提案したいと思います。

この辺で巨人ファン的に羨ましいのは、ロッテの平沢内野手と阪神高山外野手。どちらもスター候補生です。賭博問題で球界に迷惑をかけた巨人が競合覚悟で指名するのは難しい状況でしたので諦めるしかありません。
では、次回はいよいよ巨人編です。

|

« プロ野球ドラフト会議2015③ 球団別評価と自己評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/62731283

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2015④ 球団別評価と自己評価③:

« プロ野球ドラフト会議2015③ 球団別評価と自己評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 »