« プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 | トップページ | プロ野球2016 巨人 前半戦、シーズンオフ、2017に向けて①投手編 »

プロ野球2015 王者ソフトバンク戦力分析(投手編)

日本一を達成したソフトバンクは、地元九州の球団でもあり、親近感があったのですが、最近の報道を見ると持ち上げ過ぎな気がして違和感あります。
パ・リーグを代表する球団となったのは確かですが、今後を占う意味でもここで戦力分析(日本人選手)を実績をメインに行なってみます。

投手陣

武田 2011① 13勝6敗 高卒4年目で初のふた桁勝利。2年低迷もさすがドラ1。
摂津 2008⑤ 10勝7敗 5年連続ふた桁勝利も成績は下降気味。生涯鷹を選択?
中田 2013FA  9勝7敗 9勝止まりも防御率は改善。
寺原 2012FA  8勝3敗 復活の気配あり。来年が勝負の年。
大隣 2006希   5勝4敗 ふた桁望むのは厳しい。

五十嵐 帰国 34HP 見事に力を発揮。力勝負のパ・リーグにマッチしました。
森   2013② 21HP 見事1軍定着。防御率改善すれば未来の抑え候補。
森福 2006④ 14HP 成績は右肩下がり。老け込むには早い。
二保 2008育 11HP 鷹の育成の星。来季の飛躍が期待されます。

こうして見ると1軍投手陣は外国人選手やFA等に頼っており、ドラフトや育成の成果は目立ちません。もちろんファームは充実しているのでしょうが、あくまで1軍で結果を残して3軍制度成功と言えるのではないでしょうか。

野手編に続きます。

|

« プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 | トップページ | プロ野球2016 巨人 前半戦、シーズンオフ、2017に向けて①投手編 »

プロ野球:一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/62767518

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球2015 王者ソフトバンク戦力分析(投手編):

« プロ野球ドラフト会議2015⑤ 球団別評価と自己評価④巨人編 | トップページ | プロ野球2016 巨人 前半戦、シーズンオフ、2017に向けて①投手編 »