« プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① | トップページ | プロ野球2015 巨人戦力外情報 2016年シーズンに向けて② »

プロ野球2015 巨人戦力再点検 2016年シーズンに向けて①

大変お久しぶりです。

いつの間にか2015年シーズンも終盤。奇跡の首位争いが続いていますが、少し先を見据えて戦力再点検を行い補強ポイントを探っていきたいと思います。(以下敬称略)

【投手】
今年の成績を中心に考えると、先発は菅野・高木勇を中心に外国人(マイコラス・ポレダ)、ベテラン(内海・杉内・大竹)に加えて、若手(宮國・小山・今村・田口)辺にチャンスがある状況でしょうか。シビアに考えて、10勝に到達するのは外国人は1名、ベテランも1名とすると、本格的に若手の成長が不可欠な年となりそうです。
リリーフは、抑えの澤村に、山口・マシソンの復活、高木京・戸根・田原辺に先発ローテを外れたメンバーでカバー出来そうです。

【捕手】
不動の阿部を失い迷走していますが、小林を中心にベテラン(相川・加藤・實松)と若手(河野・鬼屋敷)で良いと思います。補強は即スタメンかドラフト上位クラスじゃないと居場所確保も難しいでしょう。

【内野手】
ショートは成績はもうひとつも来年も坂本に期待。辻もそろそろ1軍定着したい。ファーストはベテラン(阿部・村田)に外国人(アンダーソン・新外国人)で十分。セカンドは片岡・井端・吉川で良いでしょう。問題のサードは岡本を1年間固定で良いでしょう。

【外野手】
立岡の定着、長野の復活、大田・橋本の覚醒でしょうか。高橋由・亀井・金城・堂上・鈴木と代打・代走にはベテランも控えています。

野手陣は、原監督の起用方針もあり、ソツのない小粒な選手が増えてしまいました。やはりオールスターや日本代表に選出されるような選手を育てて欲しいところです。

そこでドラフト・トレードとなるのでしょうが、なかなか難しいところです。
個人的には好きな巨人愛も聞こえてきませんし、リーグを代表する選手を育てたいところなので
・オコエ瑠偉(関東第一)
・平沢大河(仙台育英)
・小笠原慎之介(東海大相模)
あたりに入札して欲しいと思います。

|

« プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① | トップページ | プロ野球2015 巨人戦力外情報 2016年シーズンに向けて② »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/62310971

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球2015 巨人戦力再点検 2016年シーズンに向けて①:

« プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① | トップページ | プロ野球2015 巨人戦力外情報 2016年シーズンに向けて② »