« プロ野球2015 巨人オフシーズン① 人的補償は奥村内野手に決定。 | トップページ | プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① »

ドラマ「相棒」 カイト君特命係を去る。①

なんと、ドラマ「相棒」関連最後の記事は、ちょうど3年前の「ミッチー卒業」でした。

現在も毎週欠かさず見ている「相棒」も熱が冷めていた感がありましたが、そこで飛び込んできた「カイト君特命係を去る」のニュース。
これはさすがに気になります。
思い返してみれば、ミッチーの相棒に満足していた(ストーリーが偏ってる点は不満がありましたが・・・)私にはミッチーの卒業が残念でもあり、今後を心配していたところに、これまた好きな俳優であった成宮氏が後任になったことで喜んで「シーズン11」を迎えたことを覚えています。
その後、個人的にブログを書く機会が少なかったこともあり、カイト君の相棒に関するブログは今回が最初となった訳ですが、世間的には受けが良くないらしい、石坂氏(カイト君の父)や真飛さん(カイト君の恋人)も好きなキャラでしたので大いに期待して見続けてきたのですが、肝心のお話の方と言うと盛り上がりが少なかったように思えます。個人的に期待したのは、やはり成宮氏ですから若さです。方向性としては素直に亀山的な事件を呼ぶタイプで良かったのではと思います。もう少し行動的で活発でアクションで見せ場を作ったりも楽しかったと思います。当初2年間との話がホントであるのなら、父親や恋人との展開もスピーディーに動かさないと時間が足りません。結局、3代目相棒の3シーズンは、カイト君の成長の物語(右京さんにとっては管理者としての成長の物語)でしたが、「相棒」としては成長しなかったのかなというのが感想です。
好きな作品を初期の頃から並べると
「朝倉関係」
season2、「雪原の殺意・白い罠」、「同時多発誘拐」
「雛子関係」
「陣川関係」
season3、「ありふれた殺意」、「予告殺人」
season4、「最後の着信」
season5、「剣聖」、「赤いリボンと刑事」、「名探偵登場」、「バベルの塔」、「裏切者」、「イエスタデイ」、「殺人の資格」
season6、「編集された殺人」
「幸子関係」
season7、「最後の砦」、「越境捜査」
season8、「フェンスの町で」、「消えた乗客」、「特命係、西へ」、「願い」、「SPY」、「神の憂鬱」
season9、「過渡期」、「暴発」、「ボーダーライン」、「聖戦」、「監察対象 杉下右京」
season10、「贖罪」、「逃げ水」、「フォーカス」、「ピエロ」、「罪と罰」
season11、「森の中・猛き祈り」、「バレンタイン計画」、「酒壺の蛇」
season12、「ボマー」、「右京さんの友達」、「プロテクト」
season13、「最後の告白」、「14歳」、「米沢守 最後の挨拶」
こう並べてみて考えると、season4辺までは平均点が高く、特に好きな作品が多く、season5で相棒亀山のピークを感じ、その後は片棒時代の「越境捜査」がインパクト大であり、相棒神戸のseason8、season9で盛り上がるも、似た傾向の話が多く手詰まりに、そして相棒カイトになると見た回数が少ないこともあるのでしょうが、印象に残る作品が少なかったと感じます。ぜひ脚本の方には過去の話との類似性を過度に気にすることなく、キャラを立てる話や、異色の話、後につながる話を期待したいと思います。
杉下警部の年齢を考えるとドラマ「相棒」も最終章だと思いますので有終の美を目指して欲しいと思います。
次回は新相棒を噂と予想と希望を交えて考えたいと思います。
みなさんのご意見お待ちしています。

|

« プロ野球2015 巨人オフシーズン① 人的補償は奥村内野手に決定。 | トップページ | プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① »

ドラマ「相棒」シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/61120260

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「相棒」 カイト君特命係を去る。①:

« プロ野球2015 巨人オフシーズン① 人的補償は奥村内野手に決定。 | トップページ | プロ野球2015 プレシーズン① 巨人戦力診断① »