« プロ野球ドラフト会議2014① 直前予想 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2014② 総評 »

プロ野球2014 FA補強 巨人

今年のFAは事前情報よりも小規模なものに終わりそうです。

現在宣言する可能性のある選手を巨人の事情を中心に見てみます。
成瀬投手・・・十分にローテを任せられる今年の目玉的投手。以前の巨人であれば間違いなく手を上げる存在。ただし、現在の巨人は地上波放送減少による資金力低下とスター選手育成路線を掲げているため参戦の噂も少ない状況。多少年代は異なるものの左腕先発は杉内投手と内海投手がいるので対象外でしょう。阪神、ヤクルト、横浜辺りはエース格で迎えたいところ。
相川捕手・・・年齢的にも獲得に動く球団は少ないと思われますが、日本代表を務めたその能力は確かなもの。巨人的には阿部選手の一塁手コンバートもあり、小林捕手に全試合任せるのは不安があるということでしょう。實松捕手や加藤捕手で十分と考える向きもあると思いますが、二人ともレギュラー経験はなく中堅捕手が1人自由契約になっていることを考えるとありかなと思います。ただ、人的補償を考えるとプロテクトに悩みそうですけど。
金城外野手・・・こちらも年齢的に獲得に動く球団は少ないと思われます。両打ちの貴重な選手であり若手選手には良い手本なるでしょう。矢野選手以外にめぼしい代打もいない状況の解消には良いかもしれません。
宮西投手・・・中継ぎ左腕。巨人的には山口投手と高木京投手の間となるのでしょうが、ドラフトで中継ぎ投手を指名したこともあり見送りでしょう。本人希望もあり阪神入団となると手強い相手になりそうです。
FAは選手の権利であり良いのですが、個人的には交換トレード、金銭トレードをもっと有効活用して欲しく思います。昔の巨人のように飼い殺し的な発想ではなく、選手は限られた球界の資源として必要とされる球団で生かしてもらえれば。また、反対に成長した選手の年棒を負担しきれなくなった球団は、とくに海外FAを希望しない選手に関しては早めにトレードすることも必要なのではと考えます。

|

« プロ野球ドラフト会議2014① 直前予想 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2014② 総評 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/60578637

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球2014 FA補強 巨人:

« プロ野球ドラフト会議2014① 直前予想 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2014② 総評 »