« プロ野球2014 FA補強 巨人 | トップページ | プロ野球2014 巨人オフシーズン① FA補強と人的補償 »

プロ野球ドラフト会議2014② 総評

まずは、野間外野手の存在をすっかり忘れていたのは大失敗でした。投高打低の広島がハズレ1位に考えることは十分予想された訳ですが、私の予想で有原投手獲得としてしまったので、その後を考えていませんでした。

では、予想と結果を振り返ってみて1位入札は

結果は、4球団の1位入札を外しました。
東北楽天は直前情報に惑わされました。
千葉ロッテは私の勉強不足です。即戦力内野手を求めて当然の状況ですから。
オリックスは抽選を避けましたが、くじ運悪く仕方ないかも。
福岡ソフトバンクも抽選避けてきました。高校生投手BIG3の一人を確保です。

千葉ロッテは全くの見当違いで完敗でした。

続いて2位指名を見ると

広島薮田投手、オリックス宗内野手、巨人戸根投手が予想以上に高い順位でした。
これだけ見るとメンバー的にはほぼ予想通りであり、今年の人材難が表れていると思うのですが、オリックスと北海道日本ハムと中日の9人、他5球団が7人と大量指名となりました。
正直、チーム事情にもよりますが、今年は指名人数は少人数が正解と思います。

では、数回に分けて球団別評価を行なっていきます。

|

« プロ野球2014 FA補強 巨人 | トップページ | プロ野球2014 巨人オフシーズン① FA補強と人的補償 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/60532150

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2014② 総評:

« プロ野球2014 FA補強 巨人 | トップページ | プロ野球2014 巨人オフシーズン① FA補強と人的補償 »