« プロ野球ドラフト会議2013⑦ ドラフト当日 | トップページ | 2014秋 巨人戦力分析とドラフト・補強①投手編 »

プロ野球ドラフト会議2013⑧  球団別私的評価① 巨人編

まずは巨人から。

×1位入札 石川投手(東京ガス)
 これは現場サイドからの即戦力投手とのオーダーから決まったように思えます。ただ、1軍ローテに入れるかと言うと大きく疑問です。確かに先発ローテに故障者が出た時の心配はありますが、そこには若手も数名いますのでタレントの少ない今年は優先度が低かったのではと思います。

1位 小林捕手 日本生命・・・巨人の捕手補強が待った無しであることは事実です。昨年の私的評価で、「捕手に来年の1位枠を使う決断をしたのでしょうか。」と書きましたが現実となりました。もちろん小林捕手を想定しての事だったのでしょう。巨人ファン的には一見地味に映るかもしれませんが、戦力的には他球団の嫌がる補強となったのではないでしょうか。

2位 和田内野手 高知高校・・・ポジション・年齢的には村田内野手の後継か?中井選手や坂口選手もいて決して空席は無いが、原監督なら早い段階での抜擢もあるのでのんびりせずに頑張って欲しい。

3位 田口投手 広島新庄高校・・・やはり低い身長は気になるものの、技巧派左腕にはむしろ好都合かもしれません。非常にセンスを評価されていますが、少し時間がかかるかもしれません。

4位 奥村内野手 日大山形・・・数年後に坂本選手などと競争する力を身に着けてくれれば楽しみです。

5位 平良投手 北山高校・・・出身地に合わせて宮國投手2世などと言われるようですが、良い先輩となってくれるのではないでしょうか。

ここまで高校生に拘るのは正解だと思います。不作と言われる中、社会人投手へ走る球団が多いのですが、分厚い戦力の巨人では中途半端では埋没してしまいます。それよりも最近自信を付けて来ている育成部門へ高校生を託してみてはという事なのでしょう。

評価としては華と話題性の無さをマイナスして無難な75点。ただし今年はタレントの少なさから全体的に点数は低めと思われ平均点かなと思います。

|

« プロ野球ドラフト会議2013⑦ ドラフト当日 | トップページ | 2014秋 巨人戦力分析とドラフト・補強①投手編 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/58448613

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2013⑧  球団別私的評価① 巨人編:

« プロ野球ドラフト会議2013⑦ ドラフト当日 | トップページ | 2014秋 巨人戦力分析とドラフト・補強①投手編 »