« プロ野球2013 巨人 オープン戦終了 | トップページ | プロ野球2013 巨人優勝!!! 成績から戦力分析①投手編 »

プロ野球2013 巨人 戦力分析 交流戦終了時投手編

お久しぶりです。

前回投稿はオープン戦終了時coldsweats01

状況もかなり変わってきていますので、この辺りで選手の評価を見直したいと思います。

変化と言えば統一球。正直、昨年までの統一球が飛ばな過ぎたと思いますけど、今度は若干飛び過ぎではsign02と思っています。まあこの辺は微調整があって当然。問題は隠ぺい体質です。おかげで影響を受けた選手も多く、問題は長引きそうですthink

では投手編から

26内海投手・・・まずまず合格点。統一球変更の影響あるが、やはりエース。

18杉内投手・・・まずまず。ホークス時代から隔年と言われてたので合格点。

19菅野投手・・・新人王候補にして最多勝候補。課題は夏場以降のスタミナのみ。

15澤村投手・・・毎度の自滅的展開に変化の兆し。今年こそは貯金が出来そう。

54ホールトン投手・・・評価下降気味。衰えかの判断は難しい。

30宮國投手・・・まさかのファーム暮らし。ただ将来のエース候補には違いなし。

47山口投手・・・例年通りの出来。リリーフではなく今のポジションがベスト。

35西村投手・・・完璧ではないが安定度は抜群。山口投手とセットで機能。もう一人欲しい。

20マシソン投手・・・調子を上げている。もう一息で上記二人と同格に。

28高木京投手・・・春先の先発調整の影響か精度はもうひとつ。来年の方向性は早めに決めてあげたい。

63笠原投手・・・1軍定着しなかなかの好成績。さらに自信をつけたいところ。

49アコスタ投手・・・故障で出遅れたが、1軍定着可能な素材ではある。後半戦に期待。

43青木投手・・・期待以上の好投。一軍メンバーに定着しそう。

ファームには目立った成績の選手はいません。少しレベルに差がついているようです。

個人的に期待しているのは一岡投手。ただベテラン久保投手や越智投手も復活してきており、一軍のイスはなかなか遠いようですcoldsweats01

年齢的にも野間口投手は移籍先を探す時期でしょう。いろいろ問題ありますけどthink

では、続きはまた。

 

|

« プロ野球2013 巨人 オープン戦終了 | トップページ | プロ野球2013 巨人優勝!!! 成績から戦力分析①投手編 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/57650460

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球2013 巨人 戦力分析 交流戦終了時投手編:

« プロ野球2013 巨人 オープン戦終了 | トップページ | プロ野球2013 巨人優勝!!! 成績から戦力分析①投手編 »