« プロ野球ドラフト会議2012⑨ 球団別私的評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2013② 巨人戦力分析野手編 »

プロ野球ドラフト会議2013① 巨人戦力分析投手編

まだ戦力補強も途中ですが、ドラフトの結果や戦力外も反映させて最新版を。

【先発投手】
内海投手
・・・2年連続最多勝と安定感抜群。
杉内投手・・・故障が気になるが実績十分。
ホールトン投手・・・セリーグにも慣れ、最多勝争いも可能。
澤村投手・・・安定感を身に着けられるか勝負の年。
宮國投手・・・安定感では既に澤村投手以上。もう少しパワーが欲しい。

小山投手・・・巨人のローテ投手になれるか勝負の年。
菅野投手・・・期待のルーキー。新人王級の成績残せれば連覇にも近づく。
笠原投手・・・存在感を見せたい所。チャンスは多くない。

【救援投手】
山口投手・・・今年も最強中継ぎのままで。
福田投手・・・巨人に残れた。久保投手と競争。
西村投手・・・やはり持ち味はロングリリーフ。
高木京投手・・・山口投手に肩を並べそう。
高木康投手・・・安定感が出て来ました。
マシソン投手・・・故障が無ければ抑え決定。

【ファーム】
田原誠投手
・・・海外修行中。まずは中継ぎで。
久保投手・・・しっかりリハビリ優先して欲しい。
香月投手・・・福田投手に負けない力を見たい。
辻内投手・・・今年こそ1軍デビュー。
松本竜投手・・・ファームのローテでは別格の力を見せたい。
今村投手・・・松本竜投手と競い続けて欲しい。
一岡投手・・・すでにファームの抑え。1軍で見たい投手。

こうして見ると、宮國投手、小山投手、高木京投手の成長にドラフトの菅野投手を加え厚みが増しています。調子が悪い選手をミニキャンプさせることも十分可能。ファームにも楽しみな選手が控え充実。年齢層も比較的若く補強優先度は低いと思われます。
個人的には今年も辻内投手の1軍デビューに期待しています。

ドラフト的には1位入札は野手に譲って、2位か3位で将来性ある投手をと思うのですが、現時点では松井投手入札と外れで野手と言った感じでしょうか。

野手編に続きます。

|

« プロ野球ドラフト会議2012⑨ 球団別私的評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2013② 巨人戦力分析野手編 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

松井投手は、進学の可能性もあるけど、
進学の場合原監督の高校の後輩遠藤内野手が
一位指名してほしい。
辻内野手と左右の大砲として期待したいです。

投稿: 背番号3のファン | 2012年11月21日 (水) 15時47分

コメントありがとうございます。
松井投手は確かに進学の可能性ありですね。
遠藤内野手も魅力的なのですが、長野選手や坂本選手に中井選手に大田選手も控える右打者は充実感がありますので、ドラ1に相応しい強打の捕手が現れることを期待しています。

投稿: アサミ | 2012年11月24日 (土) 08時25分

来年のドラ一候補に、高校生ですが、森捕手
がいますね。
誰が次の捕手でも今のあべ捕手よりも打てる捕手
いませんよ。

投稿: 背番号3のファン | 2012年11月25日 (日) 06時43分

コメントありがとうございます。
まさに同感です。
阿部選手の後継者に同等の打力を求めてはダメだと思います。
幸い投手陣が充実して来ているので、即戦力の守備重視で良いと思います。打撃に意外性は欲しいところですけど。

投稿: アサミ | 2012年11月25日 (日) 18時00分

巨人に必要なのは捕手と外野手ですね
阿部の後継者と外野手はベテランが多いからかな

投稿: F | 2013年2月 3日 (日) 21時01分

放置状態の記事にコメント頂き恐縮ですcoldsweats01
さて、捕手は阿部選手の自主トレにも同行した河野選手が試される1年となりますが、鬼屋敷選手と市川選手が伸び悩む状況なので、同年代のライバルが1人いても良い状況ですね。数年時間が必要な高校生ではなく即戦力の日生小林選手辺りが良いのかなと思います。
外野手は2チーム分などと言われますけど、確かに高齢化が進んでいます。ドラ1クラスの選手がいれば上位指名もありと思います。

投稿: アサミ | 2013年2月11日 (月) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/56157947

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2013① 巨人戦力分析投手編:

« プロ野球ドラフト会議2012⑨ 球団別私的評価② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2013② 巨人戦力分析野手編 »