« プロ野球ドラフト会議2012⑤ 球団別現状と方向性② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2012⑦ 球団別現状と方向性④ »

プロ野球ドラフト会議2012⑥ 球団別現状と方向性③

いよいよドラフトまで直前coldsweats01
駆け足で残りの球団の状況と個人的な希望を。
あくまでも巨人ファン的目線なので情報不足な球団もあると思いますのでご意見お待ちしていますbaseball

【広島】
かなり整備されてきた投手陣と、機動力野球を組み合わせて、上位進出も見えてきました。ただ、毎年スタートダッシュ→失速のパターンはどうにかならないものかと思います。
過去3年のドラフトを見ても、目玉選手は避けつつも現在の主力となっていますし、ドラフト戦略に間違いはなさそうです。

今年に関しては、来年に拘るか将来性かで違ってくるところですが
1位入札 森投手(東福岡)
東浜投手の方が来年に関しては働きそうですが、他投手との兼ね合いもありますので、高校生投手を指名してきそう。実際には藤浪投手指名が濃厚ですが、左腕を優先して来るような気がします。単独指名好きですしね。2位は即戦力投手で攻めるか、野手でバランスとるかが注目です。

【楽天】
なんか星野監督になってチームカラーが見えにくくなってしまったと思うのは私だけでしょうかsign02立派なエースがいるもののコマ不足の投手陣と中心打者不在の野手とで悩むところです。また何かと火種を抱える大久保2軍監督が中心打者を育てることが出来るのか不安も残ります。

上記の通り育成に不安は残りますが
1位入札 北條内野手(光星学院)
報道では投手中心のようですが、ここはそろそろ中心打者を育てて欲しい。2位以下で即戦力リリーフ投手という流れがベストかと思います。

【ヤクルト】
投手陣は整備完了かと思われましたが、故障者が多い印象でした。野手も相変わらず外国人選手が当たっており、優勝まであと一歩との印象。
過去3年間は、上位で素材型指名しているので、まだ結果は出ていません。

個人的には上位に高卒選手が多いので、ここらで大学生をと思っていたのですが
1位入札 藤浪投手(大阪桐蔭)※公表済
本人の希望球団でもありそうな気がします。以前の抽選の強さが戻って来るか。

では、また。

|

« プロ野球ドラフト会議2012⑤ 球団別現状と方向性② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2012⑦ 球団別現状と方向性④ »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/55940868

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2012⑥ 球団別現状と方向性③:

« プロ野球ドラフト会議2012⑤ 球団別現状と方向性② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2012⑦ 球団別現状と方向性④ »