« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想 オリジナル作品にすれば良かったのに・・・

ハードディスクを整理していると、録画されたままのテレビ初公開時の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を発見coldsweats01
オープニングの戦闘シーンだけでも見るのを止めようかと思いましたが、SFファン(スタートレックシリーズ中心)としては日本のSFに期待もあって最後まで見てしまいました。

「ヤマト」ではなくオリジナル作品に徹すれば良かったのに・・・

一言で表すとこんな感じですwobbly
もちろん趣味には個人差があって当然ですけど、気になった点は以下の通りです。

①公開前に制作陣の「ヤマト」にかける思いを雑誌で読みましたが、結果を見るとバランスが悪かったです。もちろん原作が古いのでメカに関しては時代考証が難しい点はSF物には避けられない問題点ですが、宇宙戦艦が完成する時代にあの艦橋内部デザインは古過ぎるでしょう。もっと清潔感あるアニメ的なセットで良かったと思います。何ゆえに現代の戦闘艦以下の設備なのか分かりません。安っぽい照明もいただけません。

②主演キムタク他各キャストには原作に合わせるのか、オリジナルなのか難しかったのではないでしょうかsign02キムタクはキムタクのままだし、柳葉さんは室井さんだしcoldsweats01これは本人ではなく演出の責任だと思います。

③ガミラス関係が非人間形であるのは、実写化不可能との判断からでしょうが、その時点で原作を頂くだけの別物とするべきでした。ありがちですが、一流外国人キャストの起用なんかも面白かったのではと思います。

④武装についても同様です。アナライザーにあれだけの能力があるのなら量産していないのが不自然。人間が使用する兵器が現代以下の威力では・・・

せっかくのCGを楽しむどころか、ストレスが溜まる部分のみ「ヤマト」の原作を生かしてしまったようで残念でした。
SF作品として仕上げるなら、もっと爽快であったり楽しめる部分が必要だし、「ヤマト」として仕上げるのであるならば原作に忠実に、デスラー総統との気持ちのやり取りまで再現して欲しかったです。

でも

日本発のSF映画が可能かも・・・

という可能性は見せてくれた気がしますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球 巨人 交流戦前半まとめ 上出来の1位。

10勝2敗sign03

巨人がまさかまさかの1位で交流戦前半を終えましたbeer
大型補強により戦力的にはトップクラスと言われても、エースクラスを並べられるとやっぱり不利。
ところが今年はスタートダッシュに失敗したのが幸いしたのか、パリーグエースクラスの不調や退団が影響したのか順調に勝ち星を増やしています。
下記にまとめてみました。

5月16日 ○6対0 オリックス1回戦・東京ドーム 先発:宮國 対 金子
 初回の高橋由選手の満塁弾が全てshine宮國投手離脱は新人王争いを考えたら大きくマイナスで残念ですが、リリーフ陣の完封リレーは嬉しい誤算。新人一岡投手は1軍定着出来そうな素材ですnew

5月17日 ○4対2 オリックス2回戦・東京ドーム 先発:杉内 対 中山
 やはり頼りになる杉内投手の好投と効率的な得点で連勝です。ようやく統一球の戦い方を掴んで来た感じですconfident

5月19日 ○2対0 ソフトバンク1回戦・東京ドーム 先発:内海 対 攝津
 内海投手の好投に主将阿部選手の本塁打で勝つ理想的な試合good理想的と言っても統一球の恩恵によるものであり、複雑な気持ちではありますがthink

5月20日 ○5対1 ソフトバンク2回戦・東京ドーム 先発:澤村 対 岩嵜
 まさに澤村投手の独り舞台coldsweats01正直、力の入り過ぎが心配ですconfident

5月22日 ○5対2 西 武1回戦・西武ドーム 先発:ホールトン 対 牧田
 ホールトン投手はこのような感じなのでしょう。2点程度に抑えて援護を待つスタイルcoldsweats01対する西武は救援陣の補強をしないのが不思議ですwobbly

5月23日 ○2対0 西 武2回戦・西武ドーム 先発:杉内 対 岸
 
先発杉内投手のモチベーションの高さを見ると巨人ファンとしては安心しますconfident本来は国内移籍するような選手じゃなかったでしょうから。村田選手も成績以上にきっちり4番の仕事を果たしていますgood

ここからが本番ですと言ったら怒られそうですが、セリーグ以上にセリーグ的な戦いをする調子が良いチームが続きます。

5月25日 ○4対2 ロッテ1回戦・QVCマリン 先発:内海 対 渡辺俊
 
先発内海投手の好投で夢のような10連勝shine山口投手の好調が目立ちますが、杉内投手からの影響が大きいようです。

5月26日 ●2対5 ロッテ2回戦・QVCマリン 先発:澤村 対 成瀬
 成瀬投手相手では仕方ない面もありますが、先発澤村投手の力みだけが目立つ内容で連勝ストップでしたwobbly杉内投手という良いお手本がいるのですから、ダルビッシュ投手のマネをするのではなく、打者相手ではなく試合に勝てる投手を目指して欲しいと思いますconfident

5月27日 ○2対1 日本ハム1回戦・東京ドーム 先発:小山 対 武田勝
 ローテの谷間で小山投手にはチャンスでしたが、生かし切れませんでしたthinkプロスポーツは何でも一緒ですが、少ないチャンスを生かさなければ生き残れません。それにしてもリリーフ陣が好調で良かったcoldsweats01阿部選手は早く一塁手に固定してあげたいところですけど、そのためにも後継者育成が必要ですねconfident

5月28日 ●2対3 日本ハム2回戦・東京ドーム 先発:ホールトン 対 八木
 先発ホールトン投手はいつものペースでしたが、援護が足りませんでした。接戦では早めの継投が得策かもしれませんcoldsweats01

5月30日 ○2対0 楽 天1回戦・東京ドーム 先発:杉内 対 田中
 杉内投手おめでとうございますfujiお見事過ぎるノーヒットノーランsign03「2度と無いチャンス」や「四球を恐れずコーナーを」と思えることが素晴らしいhappy01相手が田中投手であった事や高橋由選手のタイミングの良い援護も大きかったですねconfident

5月31日 ○4対2 楽 天2回戦・東京ドーム 先発:内海 対 ヒメネス
 先発内海投手の好投と好調高橋由選手の本塁打で快勝ですgood

このまま優勝とは行かないかもしれませんが、同じく好調な中日には負けない成績で乗り切って、ペナント制覇に向け頑張って欲しいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »