« プロ野球ドラフト会議2011⑨ 球団別評価 巨人編 | トップページ | 巨人 清武GMの決断 »

巨人 終戦・・・ そしてさっそく2012へ

巨人ファンの皆さん2011シーズンお疲れ様でした。
2011を象徴するような完敗(いや自爆ですね)には来季へのヒントもいっぱい・・・などと思っていたらさっそく2012シーズンへ向け動きが。

1.橋上氏が一軍戦略コーチに、秦氏は一軍バッテリーコーチ
 以前と違い巨人が長期低迷しないのは、この辺りの反省と対策がきちんと取られているからでしょう。橋上氏は1点を取りに行く野球がなかなか出来ないことへの対処であり、秦氏は投手陣の実力が十分に引き出せていないリード面への対処になります。両名ともあの野村元監督の門下生的存在であり、その点も評価されての採用だったのでしょう。ファームの川相2軍監督や森脇コーチにも期待しているのですが、そちらは来季もファームに専念のようです。

2.ラミレス選手契約更新せず、2000本安打目指し移籍希望
 こちらはシーズン中から話し合いを続けていたようですが、守備面での不安や年齢的な物もありDHのあるパリーグへの移籍を目指すものと思われます。ラミレス選手にはチームの主砲兼ムードメーカーとして多大なる貢献をしてもらったので残念ではありますが、どのチームに移籍しても応援続けたい選手であります。
 主砲が抜けるのは痛いですが、ただ外野手は過剰気味であり、守備面でのプラスを考えれば十分前向きに捉えることが出来そうです。

ちなみにラミレス選手退団後のオーダーは

1松本⑧  ※復活期待
2藤村④  ※打撃向上が必要
3長野⑦
4阿部②  ※本来1塁で起用したい
5小笠原③ ※ラストイヤー?
6坂本⑥
7亀井⑤  ※中井・大田と競争
8橋本⑨

外国人・FA抜きで考えると小粒感は否めませんが、上記橋上コーチのもと確実に点の取れる打線を築いて欲しいです。

|

« プロ野球ドラフト会議2011⑨ 球団別評価 巨人編 | トップページ | 巨人 清武GMの決断 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

森脇コーチがヘッドハンティングされて退団しました。

清武GMと王SB会長の間に「菅野君を巡る発言」で大きな亀裂が入りました。

森脇さんを慰留しなかった最大の原因と思われます。

投稿: | 2011年11月 6日 (日) 18時33分

コメントありがとうございます。
森脇コーチ退団は非常に残念です。正直、後任の上田氏では役不足です。
ただファームの野手陣が巨人の1軍に定着するために必要な部分とは少しずれも感じていたので川相2軍監督に期待したいと思います。

王SB会長との件は目にしたことがありますが、気に留めていませんでした。内容の善し悪しは別にして王SB会長の球界での存在感を考えれば、発言は控えるべきでしょう。発言したいのであれば、SB会長や巨人OB会長の看板を取ってコミッショナー的立場になってからが良いのではと思います。
それだけ偉大な方ですから。

投稿: アサミ | 2011年11月 7日 (月) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/53141690

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人 終戦・・・ そしてさっそく2012へ:

« プロ野球ドラフト会議2011⑨ 球団別評価 巨人編 | トップページ | 巨人 清武GMの決断 »