« 巨人 来期戦力分析③ 2011/9時点総合編 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2011⑥ 直前予想 ※前日修正版 »

残念なヤクルト天王山4連敗。

正直、今年はヤクルトの年のはずでした。
驚くことに、あのナベツネ氏でさえ「ヤクルト優勝で良い」なんて発言していましたし。
中日は早々に不人気を理由に落合監督退任を発表するし。

それがこの大逆転負け。
調子に乗った若いチームが、調子に乗りすぎてしまったのか?
小川監督のメッキがはがれてしまったのか?
若さゆえの経験の無さか?
故障者続出か?

どれも一理あると思いますが、やはり小川監督で伸びたチームですから原因も小川監督でしょう。
小川監督は野球の試合を勝利に導くことには長けていましたが、優勝に導くことにはそれほどでも無かったということではないでしょうか?

ソフトバンクのようにチーム力が秀でてる訳ではないので、連敗の入り口で戦力をつぎ込んで連敗ストップするなりの奇策が必要であったように思えます。
今回の4連戦ではそれが非常に無策に感じられ、より策士な落合監督の前では無力であったように感じられました。4試合全てに全力を尽くすのは当然ですが、戦力不足であるなら小川監督は確実に半分勝つ方向でも良かったように思えます。

いずれにせよ、小川監督の快進撃がすべて吹き飛んでしまった印象がもったいなく思えました。

一方、中日も微妙です。不人気で監督解任も優勝。これで日本一にでもなったら花道というより・・・
でも大丈夫です。高木監督は人気チームを作ることが使命なので、来年は上位をキープしつつスター選手を育てれば良いのですから。あとはファンがどこまで見守れるかでしょう。

それにしてもさすがは落合監督、結果は残します。元西武森監督以来の不人気名将と言われますが、もう一度監督のチャンスはあるかもしれません。特に下位に低迷し続けるチームにはもってこいです。

|

« 巨人 来期戦力分析③ 2011/9時点総合編 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2011⑥ 直前予想 ※前日修正版 »

プロ野球:一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/52985747

この記事へのトラックバック一覧です: 残念なヤクルト天王山4連敗。:

« 巨人 来期戦力分析③ 2011/9時点総合編 | トップページ | プロ野球ドラフト会議2011⑥ 直前予想 ※前日修正版 »