« 巨人 来期戦力分析②リリーフ投手編 | トップページ | 巨人 負の連鎖断ち切れず。 原因は緊張感の欠如。 »

巨人 後半戦開幕も恒例の完封負け。 原監督の選手起用に疑問も。

いよいよ、プロ野球も後半戦。
今年は開幕が遅れた関係で試合はたっぷりと残っています。
前半戦不振を極めた野手陣とリーグ№1防御率の投手陣のアンバランスが解消されるのはいつの事でしょうか。

ところでタイトルの通り初戦は完封負けを喫したのですが、それ以上にオーダーに疑問が残りました。
原監督のスタメンオーダーは
①遊 坂本・・・安打は出ているが、他の打席の内容が悪い。出塁しても単独盗塁はない。
②右 高橋由・・・坂本選手が出塁しても送れず、自分が出塁しても進めず。2番に不適格。
③左 ラミレス・・・4番に戻さないのはOK。ただ守備のマイナス面を考えると限界かも。
④中 長野・・・結果はもうひとつだが、立派な成績。
⑤捕 阿部・・・捕手で5番は負担大き過ぎ。
⑥三 フィールズ・・・長打力もありなかなか楽しみ。
⑦一 小笠原・・・内容も悪く限界か。来期の展望見えず。
⑧二 藤村・・・ヒットも増えているが、問題は打順。

個人的な正解スタメンオーダーは
①中 松本・・・現在2軍も調子は上向き。守備力考慮して固定して欲しい。
②二 藤村・・・同上
③左 大村・・・まだ。まだやれる。
④右 長野・・・しばらく4番を任せたい。
⑤一 亀井・・・長打力も機動力もある。しばらく我慢も必要。
⑥三 フィールズ・・・大型扇風機ではなさそう。
⑦捕 阿部・・・この位置なら脅威。
⑧遊 坂本・・・出塁しても単独盗塁は出来ず。

もちろん来季に向けた願望も入ってますが、万が一の小笠原選手電撃引退やラミレス選手パリーグ移籍に備える必要があります。
では今晩以降のスタメンオーダーにご注目下さい。

あっ、ゴンザレス投手完全復活?来期も契約延長OKですね。
それにしても東野投手先発復帰となれば、ますますその采配は疑問が増大。
川相監督のファームの方がよっぽど気持ちの良い試合を続けています。
原監督の旬も過ぎたと言うことでしょうか。

|

« 巨人 来期戦力分析②リリーフ投手編 | トップページ | 巨人 負の連鎖断ち切れず。 原因は緊張感の欠如。 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/52318446

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人 後半戦開幕も恒例の完封負け。 原監督の選手起用に疑問も。:

« 巨人 来期戦力分析②リリーフ投手編 | トップページ | 巨人 負の連鎖断ち切れず。 原因は緊張感の欠如。 »