« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

プロ野球ドラフト会議2011⑤ 1位入札決定情報あり

アマチュア野球春の公式戦もほぼ終了して各球団動き出していますbaseball

すでにニュース等でご存知でしょうけど、まとめて予想を修正致しましたcoldsweats01

【変更前:広島】若手投手には期待出来るが、攻撃陣は主軸が低迷
投手陣はエース前田健投手を中心に若手に期待出来き、外国人も機能している状況。
攻撃陣は主軸が不振で廣瀬選手孤軍奮闘coldsweats01機動力溢れる好選手が揃ってはいますが、怪我に泣かされ定着出来ていない状況。思い切って主軸を獲得してみてはと思います。
慶大:伊藤選手入札で。

【変更後:広島】地元の星優先sign01明大:野村投手1位入札決定sign03
エース前田健投手を筆頭に、若手や外国人投手も期待出来る選手が現れ、ベテランにも復活の兆しあり、主軸となれる野手確保に向かうのかと思いましたが、地元の星明大:野村投手1位入札を決めましたcoldsweats01獲得を狙う野手が2位で確保可能な状況もあるようですconfident

【変更前:千葉ロッテ】昨年のドラフトにはsign02今年こそ普通にcoldsweats01
先発投手陣はエース成瀬投手唐川投手が好調です。リリーフ陣はベテラン藪田投手伊藤投手・内投手でちょっと弱いかな。もう一枚柱となれる投手が欲しいところです。
一方攻撃陣は井口選手・今江選手・岡田選手が好調で、サブロー選手・里崎選手・大松選手・清田選手と充実していますshineさすがに西岡選手流失後の急造ショート荻野選手は無謀でしたけどwobblyそれにしても昨年のドラフト1位外野手指名は本当に必要だったのでしょうかsign02地元の星を逃す傾向や、中心選手でも流失してしまう現状は残念ですthink
東海大甲府:高橋選手入札で。 ただ、またサプライズの予感もcoldsweats01

【変更後:千葉ロッテ】昨年同様早めの東洋大:藤岡投手1位入札決定sign01
勝手にサプライズな1位入札を予想してしまいましたがcoldsweats01成瀬投手一人の先発左腕を補強する意味で東洋大:藤岡投手入札を決めましたflairショートも補強を急ぐかなと思いましたが、阪神から獲得した高濱選手が十分に使える手応えありそうですconfident
サプライズは抽選はずれでかなcoldsweats01

修正後全体的に見ると
東洋大:藤岡投手・・・【ロッテ】・横浜・中日・北海道日本ハム・埼玉西武
慶大:伊藤選手・・・ヤクルト・阪神
東海大:菅野投手・・・【巨人】・福岡ソフトバンク
明大:野村投手・・・【広島】東北楽天
早大:土生選手・・・オリックス

巨人を含め決定した3球団には、抽選はずれにも注目していきたいと思いますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球 巨人開幕26試合経過 「故障者続出もあり、やっと選手起用に動きが見えてきました」

調子の出ない巨人は采配面も迷走中でかなり心配despairただ、若手の起用やトレードで新戦力も少しずつ現れていますので期待しましょうconfident

第18戦 ○3対0中日 先発:○内海3勝 セーブ:ロメロ4S
第19戦 ○2対1中日 先発:小山 ○久保2勝 セーブ:ロメロ5S 本塁打:坂本4号
第20戦 ○0対6中日 先発:●トーレス

第21戦 ●1対8横浜 先発:●東野 本塁打:長野4号
第22戦 ●3対4横浜 先発:●澤村
第23戦 ○2対1横浜 先発:○金刃1勝 ロメロ6セーブ

第24戦 ○3対0広島 先発:○内海4勝 ロメロ7セーブ 本塁打:ラミレス7号、加藤1号
第25戦 ●4対5×広島 先発:小山投手 ●ロメロ投手1敗 本塁打:ラミレス8号、長野5号、亀井1号
第26戦 ○4対3広島 先発:グライシンガー投手1勝 アルバラデホ1セーブ 本塁打:坂本5号

第18戦は昨年苦手としたナゴヤドームの中日戦でしたが、内海投手から越智投手・久保投手・ロメロ投手とつなぐ完封リレーで見事に勝利sign01打線は相手がチェン投手ということで苦戦しましたが、下位から作った少ないチャンスを坂本選手が見事に生かしましたshine

つづく第19戦はルーキー小山投手が先発し好投confident本日もリリーフ陣が抑える展開。打線はわずか4安打でしたが、少ないチャンスを坂本選手がタイムリーと決勝本塁打と大活躍shineかつて無い大不振に苦労する2番脇谷選手と3番小笠原選手に早急にメスが入れられることを望みますthink(5/23現在両者ともファームですが、脇谷選手は遅過ぎましたweep

3連勝を目指した第20戦でしたが、見事に中日投手陣に抑え込まれ完敗coldsweats01先発トーレス投手も5回を持ちこたえられませんでしたdespair打線も相変わらずつながらずですthink

相手を代えて第21戦は横浜とでしたが、先発東野投手が相手若手左腕に投げ負けると言う寂しい結果でしたthinkせっかくのチャンスだった加治前選手もチャンスをつかめませんでしたcrying

第22戦は、常に安定した投球を見せてくれている澤村投手でしたが、逆転後の被弾という最悪の結果でしたwobbly良い防御率をキープしていますので、早くポイント(力の入れ所)を抑える投球術を身に付けて勝ち星を伸ばして欲しいですconfident

第23戦。この試合は今期ひとつの分岐点です。1番に小笠原選手(現在は故障でファームですがcoldsweats01)、3番に坂本選手(本人はかなりプレッシャーを感じているみたいですconfident)を起用して、ついに脇谷選手がスタメンを外れています。初回に効果が現れて得点出来た2点を、先発金刃投手他強力投手陣で逃げ切っていますcoldsweats01

打線は前後のつながりに意味があり、調子次第でコロコロ変えるべきではないとは思いますが、今期の巨人のように明らかに打てる気配が無い選手を起用し続けることは選手の士気に関わるだけでなく観客にも失礼ですthinkその辺りの判断が今年の原監督は遅いように感じられますthink

第24戦は、先発内海投手の好投に、ラミレス選手加藤選手が応え快勝sign01ただ、小笠原選手にアクシデントcryingこれまで毎年頑張ってきたので調子まで万全にして帰ってきて欲しいと思いますconfidentそれにせっかくの若武者藤村選手のスタメン起用が8番wobblyどう考えても2番がベストポジションですpout

第25戦は、3選手のソロ本塁打が出たにも拘らず逆転サヨナラ負けcryingもっと大量点が取れたのに雑な攻めをした結果ですthink1番鈴木選手はやはり終盤の代走でこそ相手の脅威となるのであり、紺田選手と起用が逆ではないでしょうかthink(その紺田選手も田中大選手がスタメン出場時には代打にとっておきたいところもあり、1番大田選手が実現したのかもしれませんけど)また、先発小山投手は失点は少ないのですが、5回を投げきる投球術がありませんので、しばらくファームで完投能力を磨いて欲しいですconfidentどうもロメロ投手は連投能力に問題ありそうなので、上手くアルバラデホ投手を起用して欲しいですhappy01

第26戦は、グライシンガー投手が復活の勝利sign03これで先発ローテも一安心coldsweats01アルバラデホ投手の初セーブも心強く思えましたhappy01打線は途中出場の紺田選手から、藤村選手坂本選手ラミレス選手が上手くつながり得点出来ましたshine

いよいよ交流戦ですbaseball今後ますます若手の起用が増えるのですが、まだまだ選手起用に疑問が残る毎日なので、その辺りに注目していきたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球 巨人開幕17試合経過 「好調リリーフ陣に助けられています」

いよいよゴールデンウィークshine小笠原選手の2千本安打も控え、巨人も巻き返しですsign03

第12戦 ●6対7横浜 先発:ゴンザレス ●高木 本塁打:長野2号
第13戦 ○8対2横浜 先発:小山 ○アルバラデホ1勝 本塁打:坂本2号・ラミレス4号・長野3号
第14戦 ○7対5横浜 先発:トーレス ○久保1勝 Sロメロ3S 本塁打:ラミレス5号

第15戦 ●3対7阪神  先発:●東野 本塁打:東野1号・坂本3号
第16戦 ○4対3×阪神 先発:金刃 ○越智1勝
第17戦 ●1対2阪神  先発:澤村 本塁打:ラミレス6号

初戦は序盤から得点を重ねる良い展開も、やはり先発ゴンザレス投手が崩れ、リリーフもカバーしきれず無念の逆転負けwobblyどうも好調リリーフ陣の使い方がいまいちに感じられます。そもそも5回はピンチが続くものの後は下位打線であり続投がベストthink交代にせよ金刃投手に任せるか、最初から西村投手がベター。現在の巨人のリリーフ陣はみな力があるのでワンポイントではなく、1人1回を任せるべきでしょうconfident
攻撃陣では坂本選手・長野選手が絶好調で、小笠原選手にもあたりが戻ってきました。あとは例の阪神戦依頼元気の無い脇谷選手はファームでリフレッシュさせ、藤村選手の起用に期待したいですflair

2戦目はルーキー小山投手先発sign01投球自体は1軍半な感じのようですが、フォークボールは絶品とのことで期待していますshine好調リリーフ陣から安定感を増してきたアルバラデホ投手に勝ちが付きましたok
攻撃陣では3本の本塁打はもちろん、代打田中大選手・亀井選手のヒットが嬉しいところでしたnote小笠原選手・ライアル選手の超低打率を考えると田中大選手・亀井選手の出場機会が増えることに期待しますconfident

3戦目は前回好投のトーレス投手先発。大量援護の中、4回村田選手の2本目のホームランにペースを乱され4連続四球で降板weepもう少し加藤捕手には上手くリードして欲しかったのと、続投させて欲しかった点が残念でした。前回登板でも分かるようにピンチを処理する能力はあるようなので我慢して欲しかったですthink好調リリーフ陣に助けられ本日は久保投手に勝ちが付きました。ロメロ投手も安定したピッチングで3セーブ目と慣れてきたようですok
攻撃陣は亀井選手・ライアル選手の下位が頑張りましたshineやはりここが打つと得点能力大幅アップですok

4戦目はついに本拠地東京ドーム開幕でしたが先発東野投手のまさかの4被弾KOshock冷静に考えれば、東野選手の自信が過信となりボールの勢いに任せたアバウトな投球になってしまったということなのでしょう。しっかり反省して次に生かして欲しいですthink私的にはその暴走を止められなかったベテラン鶴岡選手の責任を考えるべきだと思ってますがangry
一方攻撃陣は左の天敵に対してベンチからの指示など何も感じられないままの完敗wobbly相手ファンの圧力に負けてしまっている脇谷選手の起用、ファームから絶好調で昇格した橋本選手ではなく代走要員鈴木選手の起用、東野投手降板後も鶴岡選手を起用など采配ミスが多く感じられ、試合結果以上に今後が不安となる結果でしたcrying

5戦目はローテの谷間で金刃投手緊急先発coldsweats01初回の3失点でどうなることかと思いましたが5回を投げまずまず合格点pass次回先発が楽しみですconfident本日は好調リリーフ陣から越智投手に勝ちが付きましたok事前に先発投手は多くの名前が挙がっていて、私的には好調リリーフ陣を崩すよりファームからの起用がベターと思っていましたが、金刃投手起用は悪く無かったと思いますgood私の思う以上に球威があったようですbaseball
一方攻撃陣はいくら左腕とは言えピークを過ぎた下柳投手に苦戦し過ぎですwobbly策が無いな~としか言いようがありませんでしたweep

6戦目の前に、橋本選手⇔加冶前選手の入れ替えがありました。絶好調だった橋本選手の起用も少ないまま、2軍の成績もいまいちなのに右の代打とはあまりに短絡的で閉口してしまいますdespair

6戦目は澤村投手好投も、相手左腕岩田投手の前に打線が沈黙し見殺しにしてしまいましたcrying不振の脇谷選手に拘る打線は7安打放つもつながらず完敗ですthink

その後も調子の出ないチームは交流戦突入間近ですが、原監督の一歩遅れた選手起用と采配が続く限り、ファンのストレスは解消されなさそうですweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2011④ シーズン開幕直後パリーグ編

いろいろあったプロ野球も無事開幕しましたが、早くも各チーム問題点が浮き彫りにcoldsweats01
そこで勝手にですが今年のドラフト傾向を考えてみましたhappy01
ではパリーグ編です。

【東北楽天】エース岩隈投手メジャー挑戦で補強は不可欠despair
投手陣は球界を代表する岩隈投手・田中投手と豪華ですが、後に続く選手がもう一歩despair特に左腕は壊滅状態wobbly岩隈投手メジャー挑戦も考えると先発左腕がポイントsign01
攻撃陣はオフの積極補強もあり名前負けはしない状況confidentベテラン山崎選手・松井選手が頑張り、嶋選手も自信をつけています。岩村選手・鉄平選手が不振ですが挽回してくれるでしょうcoldsweats01
明大:野村投手入札 こちらは星野監督明大ラインで確定sign02

【オリックス】投手陣は想定内も、攻撃陣は昨年のドラフト失敗の影響あり
先発投手陣は中山投手抜擢に朴投手・寺原投手・木佐貫投手などで安定し、リリーフも平野投手・岸田投手と安定。他にもまだまだ若手投手も多く岡田監督がセリーグ出身監督らしさを見せてくれていますconfident
一方攻撃陣はベテラン北川選手が健在ですが、T-岡田選手・坂口選手・後藤選手がまだまだ本調子ではありませんweep外国人選手は別にしても即戦力野手が欲しいところhappy01
早大:土生選手入札 慶大:伊藤選手といきたいところですが、人気集中もありこちらで。 岡田監督早大ラインでもありますcoldsweats01

【北海道日本ハム】昨年のハンカチ指名は大ヒットsign03今年は野手補強の方向も、打線好調にエースダルビッシュ投手メジャー挑戦もあり微妙coldsweats02
大エースダルビッシュ投手のメジャー挑戦はあるものの、武田勝投手が安定confident斎藤投手もローテは守れそうで、武田久投手や好調リリーフ陣につなぐパターン健在happy01
一方攻撃陣は稲葉選手・糸井選手・小谷野選手・大野選手・陽選手などが絶好調sign02中田選手・田中選手・金子選手なども健在ですが、外野手・二遊間など将来の補強ポイントもあり優先順位が難しいところですcoldsweats01
東洋大:藤岡投手入札で 野手優先や東海大:菅野投手もありますが、今のところオーソドックスにconfident

【千葉ロッテ】昨年のドラフトにはsign02今年こそ普通にcoldsweats01
先発投手陣はエース成瀬投手唐川投手が好調ですが、あとはベテラン渡辺投手に外国人coldsweats01小林宏投手の抜けたリリーフ陣はベテラン藪田投手伊藤投手・内投手でちょっと弱いかな。もう一枚柱となれる投手が欲しいところです。
一方攻撃陣は井口選手・今江選手・岡田選手が好調で、サブロー選手・里崎選手・大松選手・清田選手と充実していますshineさすがに西岡選手流失後の急造ショート荻野選手は無謀でしたけどwobblyそれにしても昨年のドラフト1位外野手指名は本当に必要だったのでしょうかsign02地元の星を逃す傾向や、中心選手でも流失してしまう現状は残念ですthink
東海大甲府:高橋選手入札で。 ただ、またサプライズの予感もcoldsweats01

【埼玉西武】新人大石投手先発起用は裏目。リリーフ陣の整備進まず。
先発投手陣は、エース涌井投手・石井投手・帆足投手・新人牧田投手と揃うものの、リリーフ陣は新人大石投手先発起用の影響もあり昨年と変わらず不安定。これはもう渡辺監督の責任と言うしかないですangry
一方攻撃陣は若手に人材豊富で、中島選手・中村選手・栗山選手・銀仁朗選手・片岡選手・浅村選手としばらく安泰shine出欠覚悟のトレードでリリーフ陣を補強して欲しいところですthink
東洋大:藤岡投手入札で。

【福岡ソフトバンク】戦力充実も投打にFA情報あり
先発投手陣は杉内投手、和田投手、山田投手の左腕に今期先発挑戦中摂津投手ですが、和田投手メジャーも濃厚で補強が必要。リリーフは馬原投手を中心に揃いつつある状況です。
攻撃陣はオフの積極補強で内川選手・細川選手、ベテラン小久保選手・松中選手多村選手・本多選手・松田選手と豪華布陣。人気者川崎選手のメジャー挑戦とベテランの処遇がポイントでしょうか。
東海大:菅野投手入札かな。 王さんの存在は依然大きいcoldsweats01

なんだかパリーグの方が自信が無いため資料頼みになって長文になってしまいましたcoldsweats01感想は、やっぱり千葉ロッテのサプライズだけは予想不能ですwobblyただファンの予想(期待)を裏切っているとも思えて評価出来ませんでしたthink

全体的に見ると
東洋大:藤岡投手・・・横浜・中日・北海道日本ハム・埼玉西武
慶大:伊藤選手・・・広島・ヤクルト・阪神
東海大:菅野投手・・・巨人・福岡ソフトバンク
明大:野村投手・・・東北楽天
早大:土生選手・・・オリックス
東海大甲府:高橋選手・・・千葉ロッテ
でした。
良かったら皆さんの予想もお聞かせ下さい。
それではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2011③ シーズン開幕直後セリーグ編

いろいろあったプロ野球も無事開幕しましたが、早くも各チーム問題点が浮き彫りにcoldsweats01
そこで勝手にですが今年のドラフト傾向を考えてみましたhappy01

【横浜】投打に戦力補強が必要も、まずはエースか左腕
先発投手陣は移籍の山本投手や若手の高崎投手が頑張り、リリーフも山口投手を中心にまずまず結果を残していますが、ここはやはりエース候補を獲得したいところ。
攻撃陣は村田選手の変身shineもあり主軸はまずまず。チャンスメーカーを獲得したいところ。
東海大:菅野投手といきたいところですが、東洋大:藤岡投手入札かなcoldsweats01

【広島】若手投手には期待出来るが、攻撃陣は主軸が低迷

投手陣はエース前田健投手を中心に若手に期待出来き、外国人も機能している状況。
攻撃陣は主軸が不振で廣瀬選手孤軍奮闘coldsweats01機動力溢れる好選手が揃ってはいますが、怪我に泣かされ定着出来ていない状況。思い切って主軸を獲得してみてはと思います。
慶大:伊藤選手入札で。

【ヤクルト】投手陣は戦力充実、攻撃陣に主軸が欲しい
先発投手陣は石川投手、館山投手、由規投手とエースクラスが揃い、他にも若手が充実。リリーフは複数年契約中の林投手筆頭に安定感あり。
一方攻撃陣はチーム全体絶好調ですが、中身を見ると大ブレーク中の主砲畠山選手は守備がファースト限定wobbly、メジャーが噂される青木選手にベテラン宮本選手、田中選手と川端選手など長打は外国人頼み。ここは守れる外野手の主砲が欲しいところ。
慶大:伊藤選手入札で。

【巨人】菅野投手入札公表も左の大砲候補も補強ポイント
先発投手陣はルーキー澤村投手が評判通りの活躍で、東野投手も安定。ここにもう一枚と言うことで東海大菅野投手指名公表。リリーフ陣は山口投手、越智投手、久保投手、金刃投手など充実しています。
一方攻撃陣は長野選手が成長を見せ、坂本選手も安定。ラミレス選手も健在です。一方で高橋由選手小笠原選手など左の大砲がベテランとなり、続くのは亀井選手くらい。若手の大田選手、中井選手、松本選手、橋本選手を脅かす高校生が欲しいところ。
東海大:菅野投手入札公表済ですshine

【阪神】投手陣は頭数揃う、攻撃陣は豪華布陣も新旧交代時期
先発投手陣は今年も久保投手中心。他も頭数は揃っています。リリーフ陣も藤川投手、小林宏投手、久保田投手に新人榎田投手も定着しそうな雰囲気。
一方攻撃陣は新井選手が好調で、俊介選手も定着しそう。現在不調ですが、城島選手、平野選手、鳥谷選手とレギュラーは強力。問題は金本選手の後継者とマートン選手メジャー復帰くらい。左の大砲獲得が課題でしょうか。
慶大:伊藤選手入札で。

【中日】チーム全体に世代交代の波
先発投手陣は怪我などでベテランが出遅れ、山内投手など若手にチャンスsign01チェン投手の流出も決定的で、ベテラン山本投手岩瀬投手のことを考えると左腕優先かsign02リリーフ陣は安定感あり、浅尾投手も順調に抑え修行中shine
一方主力野手陣もベテランが多く、外国人頼みな感ありthink国産右の大砲が欲しいところではないでしょうか。
東洋大:藤岡投手入札かな。

まだまだ候補者が大学・社会人中心なのですが、夏に甲子園のスターが誕生することを願っていますhappy01
次回パリーグ編に続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »