« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑫ 巨人表彰関係

先日セリーグ表彰選手が発表となりましたので、遅くなりましたが巨人関係者の感想をcoldsweats01

最優秀新人 長野久義
圧倒的な得票での受賞ですshine打撃面ではほぼ期待通りの活躍でしたgood守備面では状況判断が悪く記録に残らない失策が多かったのが残念ですが、来期のレギュラー取りの課題でしょうcoldsweats01原監督松本選手と競争させてセンターや2番で起用することもありましたが、個人的には全くの間違いであると感じていますthink現状ではレフトに二冠王ラミレス選手を起用する可能性が高い巨人としては、その守備範囲をカバーする意味でも松本選手のセンター起用は必然ですsign01もちろんバント成功率の向上等課題もありますが、センターラインの守備重視は動かさない方が良いと思いますconfident長野選手としてはライトのポジションを高橋選手矢野選手と競いながら、控えの場合にも早い回でラミレス選手と交代して出場する事が来期のベストではないでしょうかhappy01

ベストナイン捕手 阿部慎之助
今期も神がかり的にホームランを量産した時期がありましたhappy02ファーストに固定する事が出来ればホームラン王も目指せる内容ですgood相変わらず守備面特にリードに関しては評価が低い面もありますが、来期も不動の正捕手として活躍を期待しますhappy01一方年齢的にもそろそろ後継者を育成しなければならない時期ですthink幸い星選手に加え市川選手鬼屋敷選手河野選手など若手もいますので、ぜひチャンスを与えて欲しいものですconfident

最多本塁打者・最多打点者 A.ラミレス
終盤の活躍を否定するつもりはありませんが、あえて言えば前半戦の戦犯ですcryingホームラン狙いの打撃スタイル構築に時間がかかりましたdespair来期の活躍には期待出来るのですが、守備面での不安は年々増すばかりですwobbly早い回での守備固めの起用や広い球場では思い切ってスタメン落ちも必要と思いますconfident

今回の長野選手の受賞にはドラフトの経緯から長野選手に批判的であった方々からも受賞は妥当との評価を頂けたようで嬉しい限りですconfident年齢的にもプレッシャーのかかる状況でしたが見事な活躍でしたshine来期以降も謙虚さを持ってレギュラー確保目指して頑張って欲しいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑪ FA&ポスティング情報②

いよいよFAも交渉解禁となりましたので続報をhappy01

【ポスティング】
西岡選手(千葉ロッテ):
まだまだFAまで年数を残してのポスティング容認には昨年からの条件面を全てクリアされてしまった事情があるようですcoldsweats01一流投手と違い一般的に評価の低い野手なので入札金も低いと思われチームには痛手でしょうwobbly年齢的には若い事から5年後の復帰があったとしても、その時はチーム事情も変化していると思われ今後に課題が残りましたbomb唯一、ポスティングに寛容な球団としてドラフト戦略に利用する事も考えられますが、ファン不在の経営方針としか思えませんthink

【 F A 】
藤井捕手(東北楽天⇒阪神sign02):
ほぼ決定でしょうかconfident阪神は怪我で今後にも不安を残す城島捕手の2番手捕手として期待しているようですcoldsweats01世間では控えまでFAsign02との声もありますが、各球団捕手の確保には頭を痛めており、怪我が付き物のポジションと考えると万全の備えとして評価出来ると思います。年齢的に年数は限られますので、ただ競争するだけではなく若手捕手にその経験を伝えてくれれば十分有効なのではないでしょうかok

岩村選手(メジャー⇒東北楽天):いよいよ帰国ですshineメジャー挑戦時の力そのままとは行かないでしょうけど、十分長打も期待出来る元日本代表選手fujiその経験をぜひ若手選手に伝えて欲しいものですconfident批判も多い星野楽天の積極補強ですが、下位に低迷する阪神を優勝争いの常連に引き上げたのは事実であり、奇しくも同じく野村元監督の下地を利用してどこまで戦えるのか楽しみですhappy01同じ資金投入でも一体感の無かった横浜よりは効果的と予想しますgood

巨人については、系列紙面にて今期のFA補強封印と育成強化が発表されましたok補強ポイント該当者も少なく、今後はメジャー帰りもしくはトレードとなるようです。
補強ポイントとしては、先発投手は当然として、李選手の自由契約も発表され亀井選手や高橋選手スタメン時の左の代打辺りとなるでしょうconfident
紙面を賑わせているのはメジャー帰りの川上投手や松井稼選手ですが、個人的にはトレードで岡田オリックスで出場機会が減少している日高捕手を第3捕手兼任で獲得して欲しいと思っていますconfidentお互い投手+捕手の2対2なんてありそうではないですかcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑩ 巨人退団&入団編⑤

今週はいよいよ外国人選手に動きがありましたが、想定の範囲内でしたconfident

【退 団】
李選手:
超大型契約の韓国の大砲も、ここ数年は怪我にも悩まされ不振の日々でしたdespair個人的には左の代打として年棒5,000万円程度でならと思っていましたが退団です。日本国内でのプレーを希望しているようで、ヤクルト辺りで復活が意外と脅威かなcoldsweats01と思いますが、因縁ある星野楽天が興味を示しているとの情報です。資金的にも決まりかなと思いますconfident

クルーン投手:こちらは本来今年で引退を公言していましたので当然といえば当然coldsweats01あの防御率では抑えは厳しいですwobbly中継ぎで5,000万円程度なら契約延長もありかなと思っていましたが、本人はセーブ記録に執着しており、その去就は未定ですthink

エドガー選手:春のキャンプでラミレス選手の指導を受けている時点で大きな活躍は望めませんでしたが、地味な存在でしたweep誤算だったのは、情報よりも守備に難があり、セカンドでは厳しかった事でしょうかwobblyあれなら脇谷選手中井選手を起用した方が得策と思わせてしまいましたcoldsweats01

巨人は一時と比べてシビアに選手を評価するシステムが出来ているように思えますgood育成の巨人も道半ばなので続けて欲しいものです。
李選手退団で経験ある左の代打が厳しく思えますdespair高橋選手はスタメンに拘るでしょうし、田中選手、橋本選手では経験不足な気がしますしcoldsweats01交流ある岡田オリックスで出場機会が限られる日高選手など面白いのではないでしょうかhappy01
クルーン投手退団後の抑えは、現時点で山口投手が最適かと思いますconfident越智投手とロメロ投手で前を固めて、さらに中継ぎを久保投手に高木投手やマイケル投手を中心にシーズンを乗り切れるのではないでしょうかconfident
エドガー選手退団後のセカンドについては、打撃好調時は脇谷選手を中心に中井選手や藤村選手で競ってくれればと思います。古城選手では守備職人とまでいかないので、守備固め用ベテラン選手をトレード等で補強出来ればと思いますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2011① 来年の方が豊作?

早いものでドラフト会議2010から半月が経過しましたconfident
もちろんこれからも仮契約・入団と話題は続くのですが、ドラフトファンの間ではドラフト会議2011に向けた話題が出始めていますcoldsweats01
ここまでの全体的な印象は、「ハンカチ世代」大卒投手に話題が集中した今年に比べて、投手・野手・高校生・大学生・社会人とバラエティーに富んだ感じがして面白そうです。今年はどの球団もどの投手sign02って感じでしたけど、来年は駆け引きもありそうで楽しみですnote
では早速、現時点での主な注目選手を

菅野投手(東海大):もう実力で有名ですが、巨人原監督の甥でも有名。噂では今年の澤村投手以上に巨人との関係が取り沙汰されていますcoldsweats01私自身は叔父が勤める会社への入社は嫌でしたが、菅野投手の心境はいかがなものでしょうかsign02
巨人はここ数年「巨人愛」を優先する傾向がありますが、以前の大森氏・元木氏前後のドラフトで展開された行き過ぎたものではなく、実力がある選手を比較して同レベルの時に初めて考慮する程度だと感じていますので見守りたいと思いますconfident
もちろん「巨人愛」が判明した時には小細工せずに早めに1位入札を公表して欲しいものですhappy01

野村投手(明治大):こちらも実力派。明治大学という事で、星野楽天が早くも1位候補にとの情報。このクラスの候補者が春のリーグ戦を終え何人いるかが興味深いですconfident

伊藤投手(帝京高):こちらは今年のドラフトでも1位評価とのこと。もちろん1年生時から話題の投手でした。ぜひ夏の甲子園で見てみたいですshine

伊藤選手(慶応大):今年は少なかった左のスラッガーshine慶応大学でもあり、一昔前の巨人なら飛びついているところですが、上記菅野投手の件もあり縁が無いのかなとも思いますweep

すでに多くの選手の名前が話題になっていますが、少しづつ注目選手が増えていったら楽しめて良いかなと思ってます。
しばらくは、FA・ポスティング・トレードなど話題の中心にしたいと思っていますbaseball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑨ FA&ポスティング情報①

今年のFA戦線は結構話題豊富な感じですhappy01
ただ選手にはそれぞれファンの方も多いと思いますので、確かな情報に絞ってますconfident

【ポスティング】
岩隈投手(東北楽天):
いよいよメジャー挑戦です。FA直前のポスティングは球団への恩返しの意味もあり良いタイミングではと思います。黒田投手並みの成績は期待出来るのではないでしょうかshine

【 F A 】
小林宏投手(千葉ロッテ):
こちらも1年間慣れない抑えで日本一とチームに奉公してのFAメジャー挑戦ですが、条件面でハードルを高く設定している情報もcoldsweats01日本での年棒はもちろん1億円超も難しい現状では国内移籍もありとの事。情報では阪神が調査中ともあり、先発も抑えも経験済みの右腕にはセ他球団も脅威ですwobbly

細川捕手(埼玉西武):こちらは純粋に国内移籍を目指すようです。宣言残留は無い様で、捕手を補強ポイントとする、福岡ソフトバンク・オリックス・中日・横浜辺りが調査するようです。攻守に良い捕手なので、十分正捕手が務まりそうですshine

内川選手(横浜):内外野守れ安定した打率を残すチームの中心選手ですが、球団のゴタゴタもあり新天地を求めるようです。長くチームの中心打者を務めるものと思いましたが、海外移籍は視野に無い様で、安心して引退までプレー出来る球団を探すとのことcoldsweats01まだ年齢も若い事から、福岡ソフトバンク・広島以外にも検討する球団はありそうですhappy01

建山投手(北海道日本ハム):こちらは純粋にメジャー挑戦のようですgoodみんなで応援したいですhappy01

藤井捕手(東北楽天):嶋選手に正捕手を奪われ、出場機会を求めてのFAです。年齢的にも嶋選手のバックアップにと思うのですがcoldsweats01正直正捕手は厳しいと思いますが、城島選手が来期開幕絶望的な阪神などは条件に合うのではないでしょうかconfident

後藤選手(オリックス):チームの主力選手ですが、残念な事にFAですdespair残留もあるようですが、希望する球団もありそうですcoldsweats01落合中日星野楽天辺りが有力でしょうが、セカンドが補強ポイントの巨人も当然調査はするでしょうconfident

森本選手(北海道日本ハム):守備走塁に優れた外野のレギュラークラスshine強打者とは言えませんが、小技も使えてセリーグで活きそうな感じがしますconfident横浜が調査を始めたようですが、他にも数球団が調査を始めると思われますhappy01

巨人の補強ポイントは
①先発投手
②二塁手
ですが、選手のキャラ等も考えると該当者はオリックス後藤選手。ただし意中の球団もあるようで交渉はないかなと思います。
個人的には横浜内川選手が希望なのですが、巨人では守るポジションがありませんcoldsweats01外野は守れる程度では困りますし、ファーストは候補者目白押しなのでwobbly
あとは締め切りを待ちましょうconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑬ 球団別評価②

では巨人を含む後編ですhappy01

【巨人】95点 見事に補強ポイント投手集中。5順目で高校生野手の指名が欲しかったです。
1位澤村投手単独指名shine単独となりましたが、春から夏の評価ではもともとこの程度coldsweats01秋に安定した投球を見せ評価上昇したため話題になってしまいましたhappy01むしろハズレ1位候補にも挙がった2位宮国投手、他球団も指名予定だった3位田中投手、4位小山投手と期待の右腕4連発は見事でした。巨人選択終了後の北海道日本ハム指名の谷口選手を指名して欲しかったところのみ減点しましたthink

【千葉ロッテ】80点 日本シリーズを見ていると地元スター山下捕手を…と思ってしまいます。
1位入札斎藤投手
には縁がありませんでしたが、野手№1評価の伊志嶺選手を抽選で獲得shineただし千葉の野手№1評価は地元補正で山下捕手ではなかったのかなと疑問ですthink近年ドラフトでは若干地元軽視のような気がしますthink2位南投手も今期は評価を落としており心配ですthink3位以降は補強ポイント捕手2名に抑え候補1名と良かったと思いますconfident

【阪神】90点 情報通りの指名。少し大人し過ぎも真弓監督カラー
1位入札大石投手
には縁がありませんでしたが、社会人№1評価の榎田投手確保happy012位一二三投手は大阪出身で投打に魅力shine以下将来性豊かな高校生捕手に投手、そして即戦力大学生内野手と予定通り。一二三投手次第ですが、今年も念願のスラッガー候補は不在のようですthink

【西武】100点 №1評価投手獲得で大成功。
1位入札大石投手
を見事抽選で獲得shine昨年に続いての当りは神懸かり的fuji2位牧田投手は貴重なアンダースロー、3位秋山選手も3拍子揃った外野手と上位候補の選手も西武が指名すると期待感が違いますcoldsweats01ドラフト的には満点評価ですが、大石投手の先発起用は個人的には違和感ありですthink大きく育てたいのは分かるのですが、即戦力ですから慣れたポジションでスタートさせたいと思うのですけど。渡辺監督の『好投手⇒先発』の発想は時代遅れに感じますdespair

【中日】95点 大野投手の故障が無ければ100点
1位大野投手単独指名はさすが優勝チーム。戦力に余裕無ければ出来ない事ですshine2位吉川選手もここまで残るとは思いませんでしたcoldsweats013位武藤投手は将来性の田中投手よりも即戦力という事でconfident予告通り選択終了かと思いましたけど、候補者名簿の選手残ってたんですねcoldsweats01

【福岡ソフトバンク】85点 即戦力投手を一人は指名したかったはず
1位入札斎藤投手は、リリーフが安定しているチーム事情から予想されましたが、縁がありませんでしたcoldsweats01山下捕手については、FA補強も見据えて将来性重視okただ2位・3位辺りでは、即戦力投手が残っていたはずなので少々疑問ですconfident事前に話題の地元選手も少なく拍子抜けな感じでしたweep

私個人はドラフト1位はウェーバーでなく各球団側に選択の余地が残されているので、選手側にも希望を伝えるチャンス(微妙)がある現行制度で良いと思っています。
また最近の巨人愛(これも微妙coldsweats01)も地元が無いに等しいチーム事情からであり、地元の選手を優先するのと一緒と捉えています。これはFA対策として他チームも強化するべきでしょうconfident
ドラフト会議2011でも菅野投手が同様のケースとなると思われますが、巨人はせめて堂々と1位指名を早めに公表して欲しいと願っています。
※希望とは、あくまで選手個人の希望であって、周辺の思惑ではありません。巨人原監督の親戚であろうと菅野投手に希望が無ければ、他の候補選手と横一線ですbaseball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑧ 巨人退団&入団編④

もつれた日本シリーズも終了して、いよいよ慌しくなって来たストーブリーグcoldsweats01
ここ数日の巨人の情報をまとめて

【退団】
豊田投手:
引退、そしてコーチ就任かと予想していましたが、現役一本を希望して自由契約となりました。FAで巨人入り後は苦労もありましたが、山口投手&越智投手(風神雷神)の育ての親としても評価していただけに残念でした。人望もあるようなので、ぜひ引退後にブルペンコーチとして帰ってきて欲しい人材ですshine敵になろうとご活躍をお祈りしていますconfident

【入団】
トーレス投手:
メジャーでの実績には乏しいものの、3Aでは十分な実績を残しているようです。オビスポ投手放出後の獲得だけに、10勝そして1年間通してローテでの活躍を期待しているようです。既に残留が決まっているゴンザレス投手と交渉中のグライシンガー投手を加えた3名の内から2名ローテに固定出来ればOKなのかなと思いますcoldsweats01

【残留】
鈴木外野手:
FAは行使せず残留の見込み。原監督よりレギュラー挑戦権を約束されたそうでcoldsweats01ただし、それは本来自分で掴む物。自分の強い意思が無ければ達成されないでしょう。正直チャンスもありましたが、自分の特長である脚を生かすためのゴロ打ちさえ出来ない状況では代走以外での出場は難しいでしょう。皮肉にも、北海道日本ハムから紺田外野手の移籍が発表されましたが、守備では劣勢な面もあり、ますます状況は厳しくなるばかりですwobbly代走のスペシャリストに満足出来ないなら、いっそFAして自分の価値を他球団に示してもらうのも道なのではと思っていますconfident

小笠原選手:年齢的にもさほど心配していませんでしたが、無事残留の方向ですhappy01年齢的にも三塁でのフル出場が厳しいようで、現在亀井選手のコンバート実施中ですcoldsweats01さすがに毎年成績を残していますが、年々勝負どころで力負けしてしまうシーンも見えてきましたし、3番には機動力も求めていきたいので、4番の後ろ5番を任せてみたいと思っていますが、みなさんはいかがお考えでしょうかsign02

亀井選手の三塁コンバートは、送球が得意なだけに順調なようですgoodもちろん全く打てなければ脇谷選手にも負けてしまいますが、昨年の打撃が蘇れば十分に3番サード亀井も現実味を帯びてきますcoldsweats01亀井選手は機動力もありますので攻撃のバリエーションが増えるところも魅力的ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑫ 球団別評価①

ドラフト会議2010から約10日。日本シリーズ終了後にはいろいろと動きが出てきそうですが、ここでとりあえずひとまとめ。点数は現時点でのドラフト戦略に対する私的評価です。

【横浜】90点 現場の要望通り、しっかり使えそうな投手を指名
1位入札大石投手
には縁がありませんでしたが、塩見投手などが残る中での須田投手指名には驚きましたcoldsweats022位加賀美投手ですから他球団からの評価も高かったのかなと思いますconfident3位荒波選手に対しては会社への礼儀かなとも思いますが、4位小林投手も含め即1軍で試すと思われる投手を多く指名。野手は若手も育ってきており、まずは投手陣を固める監督の意向と思われ、まずまず手堅い指名であったと思いますconfident

【東北楽天】90点 星野新監督色が感じられる方針転換
1位入札大石投手
には縁がありませんでしたが、無事抽選で塩見投手を確保coldsweats012位美馬投手はノーマークの抑え投手。3位阿部選手、4位榎本選手、5位勧野選手とチームの中心選手になる可能性を秘めた野手を指名したところは星野新監督の影響かなと思いますhappy01これまでと違い地元の好選手をしっかり確保した辺りにも方針変更が感じられましたgood

【広島】85点 ビッグネーム揃うも、他球団のスルーが気になります
1位入札大石投手
には縁がありませんでしたが、予定通り福井投手を確保ok2位中村投手、3位岩見投手、4位金丸投手と即戦力の期待がかかる投手指名に成功しましたが、他球団が指名をスルーしたところが気になっていますthink来シーズン注目して見守りたいです。5位磯村捕手と高校生投手達は数年後が楽しみですshineこちらもポイントを抑えたまずまずの指名と思いますconfident

【オリックス】70点 完全にドラフトシミュレーション不足
1位入札大石投手、伊志嶺選手、山田選手
と縁が無かったのは非常に痛いですcryingそこそこ厚い投手陣を考えても野手のどちらかは確保しなければいけませんでしたimpact後藤選手、三ツ俣選手は将来に期待するとして、今後即戦力野手を標的にトレードがあるのかな~と思いますcoldsweats01

【東京ヤクルト】80点 上位で即戦力野手の確保があっても良かったのでは
1位入札斎藤投手
は神宮に引き止められず、塩見投手にも縁が無く、山田選手となりましたが、若手投手が充実しているチーム状況から将来の中心野手候補確保は結果オーライと思っていますgood以下の指名も野手中心であり、今後が楽しみですshine

【北海道日本ハム】100点 現場の要望に応えた見事な指名
予想通りのshine1位入札斎藤投手を獲得fuji有力高校生野手2名確保に即戦力投手3名と的確な補強が出来たのではないでしょうかshine

評点はあくまでもドラフト戦略を評価したもので、指名した選手の評価とは異なります。中でも即戦力投手を多く指名した横浜など来シーズン終了後には100点となっているかもしれません。オリックスなどはドラフトファンの指名予想すら下回ってしまった感がありますcoldsweats01ヤクルトは斎藤投手で仕方ないのですが、充実の投手陣を考えると伊志嶺選手辺りを指名されると怖かったところですcoldsweats02最後に北海道日本ハムはさすがにドラフト上手ですねhappy01

では続きはまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本シリーズ ナゴヤドーム決戦を見て

タイプ的には近いものがある両チーム、なかなか良いバランスの日本シリーズとなっていますが、ちょっとテレビ観戦出来ましたので、巨人が苦手とするナゴヤドームなど触れながら感想ですhappy01

まずは両チームとも持ち味を発揮した良いゲームを続けています。もちろんワンサイドなゲームもあるのですが、それも両チームの持ち味が合わさった結果でしょう。特に落合監督に至っては点差が開くと追いつくつもりも無いようなのでcoldsweats01
もちろん両チームともペナントレースで苦労しているだけに絶対的強さがある訳ではありませんが、バランスの良さと監督の采配の良さでカーバーされているのかもしれませんconfident

【千葉ロッテ】
予想以上に中継ぎ投手が力のある球を投げていたので、短期決戦では苦労しそうな感じです。ただサブロー選手や清田選手の活躍を見ると、ドラフト2010のハズレ1位は投手で・・・と思ってしまいますcoldsweats01打線は比較的長打もあるのですが、その分思ったよりも小技が見れませんでしたdespair

【中日】
相変わらずまとまった良いチームhappy01特に右中間の守備を見ていると投手は助かるだろうな~と思いますgoodチェン投手は打てなくても仕方なく思えてくるしcoldsweats01
足らないところと言えば、先日中日OBからも注文があっていましたが、他球団ファンをも魅了するスター選手(野手)の育成ではないでしょうかconfidentドーム球場が投手陣には好影響を与え、攻撃陣には悪影響を与えてるのかなと思います(ちょうど巨人とは真逆coldsweats01

【ナゴヤドーム】
久し振りにマジマジと見ました。広くてキレイで良いのですが、やはり外野フェンスはドーム球場特有な感じで好きになれませんwobblyもちろん東京ドームよりましですが、ビジュアル的にはマツダスタジアムや西武ドームのような感じが好きな感じですcoldsweats01
巨人もラミレス選手をレフトに固定するようでは、来期のナゴヤドーム戦も苦戦は免れませんcoldsweats01思い切った選手起用が必要ですhappy01

【ナゴヤドーム 仮想スタメン表】
①脇谷(セカンド)
②松本(センター)
③亀井(サード)
④坂本(ショート)
⑤小笠原(ファースト)
⑥矢野(レフト)
⑦阿部(キャッチャー)
⑧長野(ライト)

こんな感じでいかがでしょうcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑦ トレード①巨人・北海道

意表をついた日本シリーズ中のトレード発表sign03
さすがに北海道日本ハムは補強上手ですcoldsweats01少ない予算で出来る限りの戦力補強を行う辺りは巨人も見習わなければなりませんconfident

【巨人 ⇒ 北海道】
オビスポ投手:
世間では昨年の活躍を評価してもったいないとの意見もありますが、ゴンザレス投手にグライシンガー投手(微妙)に加えてファームに数名の1軍候補者が存在しますので、故障等でもない限り活躍の場は限られると思っていましたthinkオビスポ投手のジャパニーズドリームの続きを応援する意味でも良かったのではないでしょうかconfident

【北海道 ⇒ 巨人】
須永投手:
プロ入り時に巨人希望だった事から以前からトレード話に名前が挙がっていましたcoldsweats01もうひとつ結果が出ませんでしたが、今期はファームで中継ぎとして安定した投球を見せたとの事で、巨人でも中継ぎからのスタートかと思いますconfident高木投手らとの競争になりますが、藤田投手退団もあり手薄な左腕ですので期待していますshine
紺田選手:守備・走塁に関しては1級品とのことshineライバルは鈴木選手に同じく北海道から移籍の工藤選手らになりますが、広い球場対策として早い回での守備固めやスタメン出場のチャンスはあるのではないでしょうかhappy01被る選手がいる事を危惧する方も多いと思いますが、鈴木選手工藤選手も攻撃面では物足りなく代走要員となっていますので、攻撃面でのセーフティーバントや守備面で上回れば十分に1軍定着の可能性はありますgood

毎年の事ですが、北海道移転前は同じ本拠地であった影響か友好関係が続いているようですhappy01トレードがあると損得や成否に注目する人が多いですが、前向きな戦力補強と思えば、無いより有る方が良いと私は思いますconfident話題性もありますしcoldsweats01北海道には注目の斎藤投手も入団しましたので、友好関係を利用してお互いのドームで3連戦ずつオープン戦を行うくらいの事があっても良いのかなと思いますshine
友好関係とは言えませんが、苦手ナゴヤドーム3連戦もお願いしますcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑥ 巨人選手海外派遣

巨人は初めてオーストラリアプロリーグへ選手を派遣する事になりましたsun
レベル的には従来の派遣先に比べて落ちる事や住環境が良過ぎてハングリーさを学ぶ事など出来ないかもしれませんが、チームを離れてゲームを中心に自分のフォームを固める事が出来るのではないでしょうかconfident

では派遣メンバーを

亀井選手:今期の不振はオフのすごし方の失敗と相手チームの研究に負けた事が原因と思いますので、このチャンスを生かして自分の打撃(思い切りの良い決め打ち)と自信を取り戻して来て欲しいですconfidentそうすれば1塁(3塁coldsweats01)のスタメンは決まりですgood

金刃投手:今期はリリーフとして期待されましたが、1軍では通用せずwobbly強烈な持ち玉も無いため、来期はもう一度先発に挑戦して欲しいと思います。ライバルは藤井投手でしょうかconfident

星野投手:育成から一気に1軍までかけ上がりましたがshine、まだまだ細かい制球力に欠け定着には至っていませんthink来期は高木投手辺りと1軍中継ぎ投手の座を競う事になると思いますconfident

橋本選手:松本選手に次ぐ2番センター候補と言って良い期待の選手ですshine来期は松本選手の不調や故障時にはぜひ起用して欲しいものですconfident

伊集院選手:捕手からのコンバート後、自慢の長打力に磨きをかけているようですshine他の派遣メンバーを見ても期待の高さが分かりますhappy01ぜひ三塁のポジションで実績を残したら、中井選手大田選手を優遇することなくファームでも積極的に起用して欲しい選手ですgood

厳しい環境と言えるか分かりませんが、実践を積み自分のスタイルを固めるには良いチャンスです。ぜひ来年のキャンプでは秋季キャンプのメンバーとの違いを見せつけられる様にしっかり頑張ってきて欲しいですbaseball

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010⑤ 巨人秋季練習①

久し振りの本格的秋季練習ですbaseball
負けてしまった寂しさはありますが、慌しい春季キャンプと比べても充実した練習が期待されます。
ではここまでの主な関心事を

①亀井選手三塁挑戦
 かなり批判的意見を目にしましたが、私は肯定派です。昨年の大活躍から一転大不振の2010シーズン。オフの過ごし方が悪かったとしか言いようがありません。外野守備に関してはゴールデングラブ級の実力で多くの練習を必要としない亀井選手に緊張感を与える効果は絶大です。また外野手の松本選手矢野選手の出場機会を増やすと共に、ベテラン小笠原選手の負担を軽減出来るばかりか、伸び悩む中井選手大田選手に刺激を与える事が出来ると思いますconfident

②野間口投手サイド挑戦
 伸び悩む野間口投手にコーチとして実績乏しいweep斎藤投手コーチが出来る最善の策でしょう。本人も恵まれた体格を生かしきれていませんでしたので、スリークォーターに挑戦してみる価値はあると思います。
 ただし、本人は巨人での環境を生かしきれていない面もありますので、個人的には思い切ってパイプのある福岡の同じく伸び悩むドラフト上位投手達との交換トレードも良いと思います。

③川相2軍監督のバント教室
 首脳陣やファンの間でも松本選手と長野選手を比較する傾向にありますが、そもそもセンターラインの強化を考えた時、そして2番と言う打順を考えた時には比較する事自体が間違いと思いますthink全体的な戦力を見た時、2番センターは必然であり、現在のメンバーでは松本選手か同タイプの工藤選手鈴木選手、ファームの橋本選手辺りが候補者でしょう。打力面から松本選手がリードする訳ですが、課題は今期低かったwobbly送りバントの成功率アップ。川相2軍監督から秋季キャンプから春のキャンプとみっちり技術を吸収して欲しいです。あの予想されても成功させるバント技術をものにすれば、松本選手の2番もしばらく安泰でしょうhappy01

 連覇中には無かった話題が満載で、久し振りのV免も楽しめていますcoldsweats01毎年では困りますが、チームの建て直しには必要な事かもしれませんok

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010④ 巨人退団&入団編③

ドラフト指名も終わりいよいよ戦力補強も本番confidentと言う事は、その前に退団者も出る訳でdespair

【退団】
藤田投手:
千葉ロッテからの移籍の左腕。ベテランでもあり山口投手など若手救援陣の成長には好影響を与えて頂いたと思いますgood引退かとも思いましたが、現役希望のようです。
小林雅投手:メジャー帰りと期待もありましたが、往年の力は発揮出来ませんでした。豊田投手もそうでしたが、来年は復活するのではと期待していたので残念ですdespairこちらも現役続行を希望しているようです。

【引退】
大道選手:
以前から巨人は他チームのベテランが最後の力を発揮する事がありましたが、まさに大道選手は巨人には少ない代打職人として確かな足跡を残してくれました。人物的にも慕われているようで、遠くない将来古巣福岡か巨人で指導者としての姿を見る機会がありそうですshine
小田嶋選手:東海大学出身で母校の先輩原監督には期待されていましたが、自慢の打撃が1軍ではさっぱり通用しませんでした。右打者としては1軍で新人長野選手が活躍し、矢野選手が復活した事が活躍の場を少なくしてしまいました。

他にも自由契約選手が数名発表されていますが、ほぼ育成契約で再契約と聞いていますので省略しています。
では、またbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑪ 指名結果2順目以降編

毎年この時期には、このようなブログにも多くの方が来てくださり感謝ですhappy01

では続きを2順目から

2順目からはウェーバー方式ですので順番に予想と比較しつつ
【2順目】
横浜  加賀美投手  法政大学
   はずれ1位予想でしたのでまずokちなみに1順目の須田投手も横浜3順目予想でしたhappy01
楽天  美馬投手    東京ガス    抑え投手らしいです。星野監督らしいcoldsweats01ノーマークでしたwobbly
広島  中村投手    富士大学   まだこの辺りなら準即戦力投手が残ってますねcoldsweats01
大阪  三ツ俣選手  修徳高校   山田選手の代わりでしょうが、ここまで野手にこだわるなら伊志嶺選手か山田選手は確保しないとthink
東京  七条投手  伯和ビクトリーズ  上位では全くノーマークcoldsweats01他にも有力投手が残る中での指名なので球団の目利きが試されますshine
北海道 西川選手  智弁和歌山   最近は上位指名の話しが聞かれませんでしたが、やはり北海道は野手の補強でしたcoldsweats01さすがですshine
読売  宮国投手    糸満高校   2順目第1希望でしたがなんとか交渉権獲得good大きいですshine
千葉  南投手     立正大学   ここで春先の1位候補指名。調子を崩しているのが心配coldsweats01
阪神  一二三投手 東海大相模  横浜、巨人はスルーでしたがここで指名。地元大阪で一番似合っているように見えますshine
西武  牧田投手   日本通運   社会人で実績残したアンダースローです。相変わらず独特の指名coldsweats01
中日  吉川選手   PL学園    本来、大阪か阪神の2順目じゃないのかな~と思ってしまいますcoldsweats01数年後が怖い存在ですshine
福岡  柳田選手  広島経済大学  地元榎本選手を優先すると予想したのですけど、高い評価でしたconfident

星野監督(楽天)、東京、西武辺りは独特ですcoldsweats01もちろん活躍すればスカウト力が称えられるのでしょうが、すでにファンがいるようなアマ選手を獲得する事もスター性を考えると必要だと思っています。強いけど地味過ぎるチームも集客面では苦戦しそうなのでcoldsweats01

【3順目】
福岡  南投手    浦和学院
    個人的には時間がかかるタイプと思いますので、地元色で榎下投手か田中投手がベストと思うのですがthink
中日  武藤投手   ホンダ      榎下投手、田中投手と迷うところですが、即戦力性を優先shine 読売はラッキーでしたhappy01
西武  秋山選手   八戸大学   外野手指名は予想通りokですが指名順がラッキーshine
阪神  中谷捕手 福岡工大城東  捕手指名予想通りokですが城島捕手が数年もつとの判断から将来性を優先ですshine
千葉  小林投手  七十七銀行   実践派の社会人投手で良い指名ですが、今回の指名はホントに予定通りなのでしょうかcoldsweats01
読売  田中投手  大分工業高校  非常にラッキーでしたhappy01将来有望な高校生投手を2名確保shine
北海道 乾投手   東洋大学     ここまで残るとは思いませんでした。貴重な左腕ということで、過大評価があったみたいですcoldsweats01
東京  西田捕手   北照高校    4順目指名とも連動しますが、野手としての評価でしょうかconfident
大阪  宮崎選手  セガサミー    ここまで野手にこだわると、1順目入札が悔やまれますweep
広島  岩見投手  大阪ガス     地元熊本出身で注目していましたが、こちらも貴重な左腕という事で過大評価してしまいましたcoldsweats01
楽天  阿部選手  東北福祉大学  順位は違えど予想通りok確実に星野監督カラーでしょうかshine昨年までの低い地域性から一変good今後が楽しみですhappy01
横浜  荒波選手  トヨタ自動車   予想以上に高い評価ですが、本人と会社側への配慮でしょう。期待に応えて欲しいですconfident

以下主なところでは、北海道4順目の榎下投手の意外な評価の低さと、予想通り最小4名で選択終了した読売(北海道5順目の谷口選手は指名して欲しかったのですが、同タイプの橋本選手には及ばないとの判断でしょうかcoldsweats01)、4順目榎本選手5順目勧野選手と来年のファームが楽しみな星野楽天が気になりましたflair

球団別の評価では名前に左右されてしまう傾向がありますので事前に指名順から追ってみました。この見方だと即戦力投手を予想より多く指名出来たチームも、実際に働くと他球団から評価されている選手は少ないと思われて面白かったですhappy01
では球団別の評価は次回に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑩ 指名結果1順目編

ついにドラフト会議2010も結果が出ましたbaseball
皆さん色々な感想おありと思いますけど、ぜひ聞かせて欲しいところですhappy01

では各球団ごとの評価の前に、中継(録画)を見た全体の感想を。

では流れに沿って、予想とも比較していきたいと思います。
第一回選択希望選手
横浜  大石投手  早稲田大学  №1を指名。これは予想通りok
楽天  大石投手  早稲田大学  弱点の抑えを指名。こちらも予想通りok
広島  大石投手  早稲田大学  こちらも弱点の抑え指名。予想通りok
大阪  大石投手  早稲田大学  ある意味順当。予想は伊志嶺外野手coldsweats01そうです、予想通りなら岡田監督の3連敗も無かったのにcoldsweats01充実の投手陣を考えれば中途半端な指名でしたthink
東京  斎藤投手  早稲田大学  約束通り。こちらも予想通りok
北海道 斎藤投手  早稲田大学  これには場内沸きましたね。予想と言うかお薦め通りok
読売  澤村投手  中央大学   約束通り。予想通りokここについては最後にコメントを。
千葉  斎藤投手  早稲田大学  約束通り。予想通りok
阪神  大石投手  早稲田大学  こちらも抑えです。予想通りok
西武  大石投手  早稲田大学  ただ先発起用sign02予想通りok
中日  大野投手  佛教大学   充実投手力の余裕sign02予想通りok
福岡  斎藤投手  早稲田大学  王ライン+先発力sign02地元優先と読みましたが失敗coldsweats01

とりあえず10勝2敗。まあまあですよねcoldsweats01
それよりも、外した2球団は私の予想の方が良かったと思うのですがいかがでしょうsign02
斎藤投手はともかく、大石投手の行方は変わってきたと思いますconfident

結果、斎藤投手は北海道へ、大石投手は西武へと決まりました。

では続きを
横浜  須田投手  JFE東日本  直前に評価急上昇でしたが、有力左腕が残る中での評価は期待が大きいですshine
楽天  塩見投手  八戸大学    予想は外しましたが嬉しい地元優先ですgood
広島  福井投手  早稲田大学  前田投手に続く右の本格派を求めました。予想通りok
大阪  伊志嶺外野手 東海大学  ここでcoldsweats01岡田監督コメント通り失敗でしょうwobbly
東京  塩見投手  八戸大学    こちらは両チーム競合覚悟でしょうconfident
千葉  伊志嶺外野手 東海大学  これは読めませんよねcoldsweats01地元捕手優先するべきだったかと思いますthink
阪神  榎田投手  東京ガス    こちらも競合覚悟で社会人№1。結果的に正解ですgood
福岡  山下捕手  習志野高校   ドラフト№1捕手指名。現状から即戦力かと思われましたが、FAありみたいですねcoldsweats01

楽天塩見投手は当てなきゃいけませんよねcoldsweats01

結果、塩見投手は楽天、伊志嶺外野手は千葉に決定。

では続きを
大阪  山田内野手  履正社    まさに後手後手coldsweats01
東京  山田内野手  履正社    予想されていましたし、充実した投手陣を考えるとむしろ正解good

岡田監督は一躍悲劇の主人公にcoldsweats01来年は他の人に任せましょうconfident

そして
大阪  後藤外野手  前橋商高校  確かに上位候補でしたが、地元吉川選手を優先するべきではと思ってしまいますthink

とまあこんな感じでしたが、
①澤村投手・・・すっかり批判の的ですが、回避理由には脇腹の故障もあったでしょう。巨人としても最後まで斎藤投手と迷ったと思いますが、安定度はあるものの圧倒的なものが無い斎藤選手は常に優勝争いをするチームでは厳しいかなと思っていましたthink一昔前と違い、ただ有力選手を集めるのではなく、巨人に思い入れある選手を集めるコンセプトですので1位指名と言う事でお許し頂けたらと思います。逆に今後1順目では他所に思い入れのある選手を強奪するのは控えなければなりませんね。
②セパのバランスについても斎藤投手、大石投手の影響でパを評価する方が多いですが、即戦力投手が多いセの方が来期に限っては総合的に成績を残す可能性があると思っています。まあ大阪の責任でもありますがcoldsweats01
③よくドラフト関連サイトでは、実力ランキング順に指名して欲しいとの意見を見ますが、上記のように他チームとの兼ね合いやFAとの兼ね合いもあり単純ではないようです。そこが楽しいところなんですけどnote

以下は続きますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »