« プロ野球ストーブリーグ情報2010③ 巨人退団&入団編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑪ 指名結果2順目以降編 »

プロ野球ドラフト会議2010⑩ 指名結果1順目編

ついにドラフト会議2010も結果が出ましたbaseball
皆さん色々な感想おありと思いますけど、ぜひ聞かせて欲しいところですhappy01

では各球団ごとの評価の前に、中継(録画)を見た全体の感想を。

では流れに沿って、予想とも比較していきたいと思います。
第一回選択希望選手
横浜  大石投手  早稲田大学  №1を指名。これは予想通りok
楽天  大石投手  早稲田大学  弱点の抑えを指名。こちらも予想通りok
広島  大石投手  早稲田大学  こちらも弱点の抑え指名。予想通りok
大阪  大石投手  早稲田大学  ある意味順当。予想は伊志嶺外野手coldsweats01そうです、予想通りなら岡田監督の3連敗も無かったのにcoldsweats01充実の投手陣を考えれば中途半端な指名でしたthink
東京  斎藤投手  早稲田大学  約束通り。こちらも予想通りok
北海道 斎藤投手  早稲田大学  これには場内沸きましたね。予想と言うかお薦め通りok
読売  澤村投手  中央大学   約束通り。予想通りokここについては最後にコメントを。
千葉  斎藤投手  早稲田大学  約束通り。予想通りok
阪神  大石投手  早稲田大学  こちらも抑えです。予想通りok
西武  大石投手  早稲田大学  ただ先発起用sign02予想通りok
中日  大野投手  佛教大学   充実投手力の余裕sign02予想通りok
福岡  斎藤投手  早稲田大学  王ライン+先発力sign02地元優先と読みましたが失敗coldsweats01

とりあえず10勝2敗。まあまあですよねcoldsweats01
それよりも、外した2球団は私の予想の方が良かったと思うのですがいかがでしょうsign02
斎藤投手はともかく、大石投手の行方は変わってきたと思いますconfident

結果、斎藤投手は北海道へ、大石投手は西武へと決まりました。

では続きを
横浜  須田投手  JFE東日本  直前に評価急上昇でしたが、有力左腕が残る中での評価は期待が大きいですshine
楽天  塩見投手  八戸大学    予想は外しましたが嬉しい地元優先ですgood
広島  福井投手  早稲田大学  前田投手に続く右の本格派を求めました。予想通りok
大阪  伊志嶺外野手 東海大学  ここでcoldsweats01岡田監督コメント通り失敗でしょうwobbly
東京  塩見投手  八戸大学    こちらは両チーム競合覚悟でしょうconfident
千葉  伊志嶺外野手 東海大学  これは読めませんよねcoldsweats01地元捕手優先するべきだったかと思いますthink
阪神  榎田投手  東京ガス    こちらも競合覚悟で社会人№1。結果的に正解ですgood
福岡  山下捕手  習志野高校   ドラフト№1捕手指名。現状から即戦力かと思われましたが、FAありみたいですねcoldsweats01

楽天塩見投手は当てなきゃいけませんよねcoldsweats01

結果、塩見投手は楽天、伊志嶺外野手は千葉に決定。

では続きを
大阪  山田内野手  履正社    まさに後手後手coldsweats01
東京  山田内野手  履正社    予想されていましたし、充実した投手陣を考えるとむしろ正解good

岡田監督は一躍悲劇の主人公にcoldsweats01来年は他の人に任せましょうconfident

そして
大阪  後藤外野手  前橋商高校  確かに上位候補でしたが、地元吉川選手を優先するべきではと思ってしまいますthink

とまあこんな感じでしたが、
①澤村投手・・・すっかり批判の的ですが、回避理由には脇腹の故障もあったでしょう。巨人としても最後まで斎藤投手と迷ったと思いますが、安定度はあるものの圧倒的なものが無い斎藤選手は常に優勝争いをするチームでは厳しいかなと思っていましたthink一昔前と違い、ただ有力選手を集めるのではなく、巨人に思い入れある選手を集めるコンセプトですので1位指名と言う事でお許し頂けたらと思います。逆に今後1順目では他所に思い入れのある選手を強奪するのは控えなければなりませんね。
②セパのバランスについても斎藤投手、大石投手の影響でパを評価する方が多いですが、即戦力投手が多いセの方が来期に限っては総合的に成績を残す可能性があると思っています。まあ大阪の責任でもありますがcoldsweats01
③よくドラフト関連サイトでは、実力ランキング順に指名して欲しいとの意見を見ますが、上記のように他チームとの兼ね合いやFAとの兼ね合いもあり単純ではないようです。そこが楽しいところなんですけどnote

以下は続きますhappy01

|

« プロ野球ストーブリーグ情報2010③ 巨人退団&入団編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑪ 指名結果2順目以降編 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

ドラフト会議、お互い上手くいったかと思いますcatfaceその話は次回に。今回は1位指名結果の感想ですが、意外と驚きの印象でしたcoldsweats02それは、沢村投手が競合ぜずに巨人が獲得できたこと。ロッテが齋藤を外してハズレ1位で伊志峯を指名したことですかね。沢村みたいな投手競合すべきですよ!報道で本人の希望、意思はわかりますけど、それを認めてしまったら・・・すみません。話が反れました。中日の沢村指名は半分は戦略だったみたいですね。それで僕は良かったですhappy01最後にオリックスは気の毒でした。クジ運にほんと見放されましたねwobblyドラフトファンとしては楽しませて貰いましたけどねsmile

投稿: ヤスヒロ | 2010年11月 2日 (火) 00時52分

ヤスヒロさんいつもありがとうございますhappy01
澤村投手に関しては本文の通りですが、見方を変えると長野選手ほどの魅力は無かったのかもしれませんcoldsweats01個人的にも来年の菅野投手を凌ぐ球団評価を得られるとは思えず、指名された球団に入団したのではと思っています。ただし球団側だって喜んで入団してくれる選手の方が気分良いでしょうし、原監督風に言うと「必然」の「単独指名」だったのかもしれませんconfident
それよりも私も№1サプライズは千葉の伊志嶺外野手指名ですwobblyこれは良い意味ではなく、昨年の指名なども考えるとマイナス評価しています。普通に地元スター候補生山下捕手を指名して欲しかったですweep
オリックスに関しても本文の通りですが、戦略ミスは別にしても岡田監督はくじ運ないみたいですねcoldsweats01

投稿: アサミ | 2010年11月 2日 (火) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/49900800

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2010⑩ 指名結果1順目編 :

» ドラフト会議 2007 [新聞を読んでもわからない人のための最新ニュース]
<お得お買い物情報> 今ならあの人気商品が実質無料~2000円引きで購入できちゃいます! ★家でゆったりDVD鑑賞するなら。今一押しの人気のDVDはこちらから★ 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント! --------------------------------------------------------------------プロ野球ドラフト会議2010⑩ 指名結果1順目編 : 熊本からの不定... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 01時39分

« プロ野球ストーブリーグ情報2010③ 巨人退団&入団編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑪ 指名結果2順目以降編 »