« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

プロ野球ストーブリーグ情報2010③ 巨人退団&入団編②

ドラフトも終了しましたが、ここはひとまず巨人の人事面からcoldsweats01

【退団】
コーチ:篠塚打撃、西山バッテリー、緒方走塁
意外と思われた方も多かったと思いますが、大幅なコーチ入替えですthink
篠塚打撃コーチは悪く無いと思いますが、チーム打撃を徹底させられなかった事や原監督に仕事を奪われているようではcoldsweats01西山バッテリーコーチは機能せず、地元熊本出身緒方コーチの迷3塁コーチ振りは残念でしたthink

【異動/新任】
コーチ:伊原新SA、岡崎新ヘッド、清水新2軍打撃、川相新2軍監督、川口新投手総合、小関新2軍走塁、江藤打撃、森脇2軍内野
伊原新SAに関しては、走塁面で多大な貢献がありましたが、ベンチにいると魅力が半減でした。やはり3塁コーチがお似合いですが、年齢的な事も考えて勇退ではないでしょうかhappy01岡崎新ヘッドは原監督とのつながりですが、吉村氏以上の2軍監督だったとは思えず、原監督が引き取った意味合いでしょうかthink清水2軍打撃コーチは良い人選とは思いますが、もう少し外部で勉強して欲しかったところです。川相新2軍監督の復帰は喜ばしい事です。期待していますshine川口新投手総合コーチは、コーチとしての実績が乏しく不安ありますが、外から勉強した事を生かして欲しいですconfident小関新2軍走塁コーチは十分力を発揮してくれそうですok江藤打撃コーチは正直役不足wobblyベテランにもワンポイントアドバイス出来る実力者の起用が望まれますが、来期も原監督の兼務なのでしょうdespair森脇2軍内野コーチには非常に期待していますが、1軍でも良かったのかなと思いますhappy01

セリーグ3連覇だけあって正直新鮮味が薄れていたところもありました。今年は残念な結果でしたが、一時期よりは機動力を使ったチームになったとはいうものの、更なるレベルアップのためには良かったのではないでしょうかconfident今年の岡崎新ヘッドコーチの「外野手はまず打てること」と言う間違った認識を改めてもらい、万全の守備に普通に打てることを基準にチーム作りを進めて欲しいものです。2冠王のラミレス選手すら例外にせずに、特に広い球場対策を進めて欲しいですthink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑨ 直前最終予想編

いよいよ待ちに待った2010ドラフト会議baseball
実際には28日木曜日なのですが、更新出来る最後の機会と思いますので直前最終予想を。

ではいきなりですがシンプルに

第一回選択希望選手
横浜   大石投手    早稲田大学
楽天   大石投手    早稲田大学
広島   大石投手    早稲田大学
大阪   伊志嶺外野手  東海大学
東京   斎藤投手    早稲田大学
北海道  斎藤投手    早稲田大学
読売   澤村投手    中央大学
千葉   斎藤投手    早稲田大学
阪神   大石投手    早稲田大学
西武   大石投手    早稲田大学
中日   大野投手    佛協大学
福岡   大石投手    早稲田大学

単独の大阪、読売、中日、そして抽選の結果、東京、福岡が交渉権確定です。
※抽選については一番結びつきが強そうなところに決めさせて頂いていますcoldsweats01

第二回選択希望選手
横浜   加賀美投手   法政大学
楽天   榎田投手     東京ガス
広島   福井投手     早稲田大学
北海道  塩見投手     八戸大学
千葉   福井投手     早稲田大学
阪神   岩見投手     大阪ガス
西武   榎田投手     東京ガス

ここで単独の横浜、北海道、阪神、そして抽選の結果、広島、西武が交渉権獲得です。
※上記同様です。

第三回選択希望選手
楽天   阿部内野手   東北福祉大学
千葉   宮国投手     糸満高校

以上で1順目は全て交渉権獲得です。

では2順目に
横浜   乾投手      東洋大学
楽天   小林投手     七十七銀行
広島   小山投手     天理大学
大阪   山田内野手   履正社
東京   吉川内野手   PL学園
北海道  中村投手     富士大学
読売   一二三投手   東海大学相模
千葉   山下捕手     習志野高校
阪神   田中投手     大分工
西武   後藤外野手   前橋商
中日   榎下投手     九州産業大学
福岡   榎本外野手   九州国際大附

引き続き3順目を
福岡   中谷捕手     福岡工大城東
中日   柳田外野手   広島経済大学
西武   南投手      立正大学
阪神   佐藤捕手     東洋大学
千葉   中川投手     成田高校
読売   武藤投手     ホンダ
北海道  藤谷投手     南CF大学
東京   佐藤外野手   仙台育英
大阪   小池捕手     青山学院大学
広島   岩本投手     南陽工
楽天   木村投手     仙台育英
横浜   須田投手     JFE東日

3順目当りはかなり怪しいですけどcoldsweats01
今年はこれで当日を迎えたいと思いますhappy01

では、みなさんの応援するチームにとって良いドラフトである事を期待して本番を待ちましょうnote

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010② 巨人退団&入団編①

昨日クライマックスS敗退したばかりですが、早速人事面で動きがありましたcoldsweats01
木曜日には2010ドラフト会議も控えており慌しくなってまいりました。

まずは
①外国人選手退団・・・李選手の退団が決まったようです。初年度こそ4番も務めた韓国の主砲でしたが、故障に加えセリーグ各球団の徹底した攻めにあい不振を極めていましたweep本人は日本国内で移籍先を探すようですが、数億円の年棒を5千万円程度まで下げないと難しいのではないでしょうかthinkまた不安定さを極めたクルーン投手の退団も決定的のようです。一時は今期での引退も口にしていましたが、こちらも日本国内での移籍を希望しているようです。エドガー選手もラミレス選手の指導のおかげか活躍する場面もありましたが、ディフェンス面で物足りないものもあり退団の方向のようです。

もう一人グライシンガー投手に関しては、契約が切れるものの、まだまだ試合を作る能力には長けており、不安定な先発投手陣を考慮して1年間の契約延長となるのではないでしょうかconfident

②コーチ退団・・・V免と言えど昨年までの成績を考慮したら大幅な入替えは予想していませんでしたが、思った以上にチーム状態が悪化しており、てこ入れが必要と判断されたようです。伊原ヘッドコーチはチームの走塁面に刺激を与える事に功績がある一方、作戦面では目立った動きも少なく、チームの効率の悪い攻めを改善するには至りませんでしたthink篠塚打撃コーチは指導自体には問題がなさそうですが、好投手の攻略等にアドバイスが出来なかったのではないでしょうかthink西山バッテリーコーチについては古巣に戻るのかなとも思いますが、打撃好調阿部選手に次ぐ捕手がベテラン鶴岡選手では指導する場面も限られたのではないでしょうか。地元出身緒方外野守備走塁コーチの退団は残念ですが、出来ればファームに有望な若手外野手が揃ったら、また復帰して欲しいと思います。

③コーチ入団・・・前中日2軍監督川相氏の入団が決まりそうです。故木村コーチの後空席となっている内野守備走塁コーチでしょうか。また前ソフトバンク編成アドバイザー森脇氏の入団も決定的のようです。川相氏には巨人が苦手とする1点を取りに行く野球を、森脇氏には若手野手育成に期待します。

コーチ陣の入替えについては、個人的な問題やチーム事情などあるので一概には言えませんが、V免のけじめにはなると思います。新しい人材が秋季練習や春のキャンプでチームに刺激を与えてくれる事に期待しますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球戦力分析2010⑦ 巨人苦手のナゴヤドーム決戦から

連日激戦のクライマックスSを見ていても、中日の安定した戦い振りは別にして、巨人の問題点が見えてきます。

①抑え:クルーン投手の退団を見込み越智投手の抑え昇格を希望していましたが、それは山口投手の先発転向に期待してのもの。生き生きと投げる山口投手を見るとリリーフの方が良いのかなとも思えてきました。元々登板過多による故障を危惧しての先発転向希望でしたが、その日の調子と相性に応じた越智投手とのダブルストッパー【風神雷神】なら良いのかなと思います。ただし起用は勝ちゲーム中心に8回9回に限定して、その前を久保投手・高木投手・星野投手・マイケル投手などで継投することが前提ですけどconfident

②攻撃:主軸に当りが出ないと急下降する得点能力。長打に頼る打線は得点パターンに乏しく、相手にとっては戦いやすい状況coldsweats01特に名古屋ドームなど広い球場では攻守に機動力が大きな武器となる事から、選手の調子によってはスタメンを大きく入れ替えることも有効ではないでしょうか。ラミレス選手には代打の切り札となってもらい、矢野選手亀井選手を積極起用してみてはいかがでしょうconfident

③投手起用:初戦の東野投手起用には余裕の無さが見えました。シーズンでの投手起用も同様ですが、もう少し落ち着いた投手起用が望まれますcoldsweats01尾花前投手コーチの抜けた穴は大きいようですので、原監督に意見出来る投手コーチの起用に期待したいです。

【現在の希望オーダー①対ナゴヤドーム】
①長野⑨
②松本⑧
③亀井③
④坂本⑥
⑤小笠原⑤
⑥矢野⑦
⑦阿部②
⑧脇谷④

ちょっと現実的ではありませんが、接戦をものにしていくイメージです。
もちろん中盤からの代打攻勢はラミレス選手、高橋由選手と超豪華happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑧ 2週間前予想編②抽選&2順目

すでに来週に当日を控えていますが、前回の続きを。
直前になり毎日情報が流れていますが、それは最終予想に反映させるとして、このまま進めていきますcoldsweats01

前回は
大石投手   東北楽天、広島、オリックス、阪神、埼玉西武、福岡SB
斎藤投手   ヤクルト、北海道、千葉ロッテ
加賀美投手 横浜
澤村投手   読売
大野投手   中日
と予想しました。
抽選はきりがないので、地域性、本人希望等を考慮して太字のチームが交渉権獲得とします。

1順目入札2回目から再スタートですhappy01

実況:東北楽天 塩見投手 八戸大学
解説:これは2010ドラフト最上位とも言われる評価の左腕です。地域性も考慮されています。

実況:広島 福井投手 早稲田大学
解説:これは使える投手が少ないとの現場サイドの要求から即戦力投手指名でしょう。

実況:オリックス 吉川選手 PL学園
解説:おっとこれは岡田監督からの要望でしょうか。後藤選手のFA問題も影響しているのかもしれません。

実況:北海道日本ハム 伊志嶺選手 東海大学
解説:急速に後退する外野手陣の補強に2010ドラフト最上位の外野手指名です。

実況:千葉ロッテ 榎田投手 東京ガス
解説:こちらは成瀬投手に続く左腕としてとして社会人最上位投手の指名です。

実況:阪神 岩見投手 大阪ガス
解説:こちらも1年間通して活躍できる社会人左腕の指名です。

実況:埼玉西武 南投手 立正大学
解説:こちらは順当に力のある大学生投手の指名です。

解説:全体的に順当な指名ですがオリックスの吉川選手指名には驚きました。大学生投手が豊作といわれる2010ドラフトですが、とりあえず頭数は揃っている投手陣よりも次世代の内野のキーマンを求めたというところでしょうか。

実況:では引き続き注目の2順目を短縮版で。

横浜    乾投手    東洋大学
東北楽天 阿部投手  東北学院大学
広島    小山投手  天理大学
オリックス 山田選手  履正社
ヤクルト  宮国投手  糸満
北海道   小林投手  大院大
読売    一二三投手 東海大相模
千葉ロッテ  山下選手  習志野
阪神    中谷選手  福工大城東
埼玉西武 武藤投手  ホンダ
中日    榎下投手  九産大
福岡SB  榎本選手  九国大付属

それにしても前評判通り上位には魅力的な選手が並ぶ反面、全体的には高校生の進学もありボリュームに欠けるようです。巨人としても指名は5名程度になるのではないでしょうかconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑦ 2週間前予想編①第一回選択希望選手

プロ野球志望届提出も終わり、いよいよメンバーが固まったと思いますので、ここで一度予想をしてみたく思います。
羅列では味気ないので、当日の実況風にしてみましたcoldsweats01 ※一覧は下方にあります。

実況:いよいよ待ちに待ったこの瞬間。プロ野球ドラフト会議2010のスタートです。
解説:今年はBIG3ともBIG4とも言われていますが、いわゆるハンカチ世代、現役で言えばG坂本選手にE田中投手そしてC前田投手など逸材揃いで非常に楽しみですね。

実況:第一回選択希望選手、横浜、加賀美投手、法政大学
解説:球団売却という激動の年となりましたが、ドラフトにおいては即戦力左腕やBIG3獲得を目指したものの、結局秋のリーグ戦でも安定した投球を見せてくれた加賀美投手の一本釣りを目指したようですね。

実況:第一回選択希望選手、東北楽天、大石投手、早稲田大学
解説:球団には斎藤投手でという意見も最後まであったようですが、田中投手との対決を営業面での売りにしたいことと、抑えが安定しないチーム事情を考慮して大石投手となったようですね。

実況:第一回選択希望選手、広島、大石投手、早稲田大学
解説:ここで予想通り早くも競合です。前田健投手というエースに続き、やはり抑えを安定させたいところなのではないでしょうか。

実況:第一回選択希望選手、オリックス、大石投手、早稲田大学
解説:またまた人気の大石投手ですが、こちらも抑えを安定させたい事と早稲田大学出身岡田監督の意向も大きいのではないでしょうか。今年は正攻法です。

実況:第一回選択希望選手、東京ヤクルト、斎藤投手、早稲田大学
解説:ここで宣言通り斎藤投手の指名です。実際にはパンチ力の乏しい野手陣を補強したいところですけど、候補者も見当たらず、神宮の星を指名して先発投手陣を固めるようです。

実況:第一回選択希望選手、北海道日本ハム、斎藤投手、早稲田大学
解説:ここで注目の北海道日本ハムは、澤村投手入団拒否のリスクを避け、ダルビッシュ投手メジャー挑戦後の営業面も考えた指名のようです。楽天田中投手との投げ合いとなれば今から楽しみです。

実況:第一回選択希望選手、読売、澤村投手、中央大学
解説:ここで相思相愛が伝わる澤村投手の指名です。近年成功していない大学生投手であり、故障のリスクもありますが、先発投手陣崩壊を救う救世主となれるか楽しみな逸材です。

実況:第一回選択希望選手、千葉ロッテ、斎藤投手、早稲田大学
解説:こちらも予告通りの指名です。関東にありながら集客に苦戦する中、起死回生の補強となるでしょうか。

実況:第一回選択希望選手、阪神、大石投手、早稲田大学
解説こちらも最後まで澤村投手と迷ったようですが、リスク回避と藤川投手のメジャー挑戦問題もあり、抑えの補強となったのではないでしょうか。

実況:第一回選択希望選手、埼玉西武、大石投手、早稲田大学
解説:一本釣りを狙うものかと思われましたが、シーズン終盤、クライマックスと抑え不在に悩まされましたので、ナンバー1抑えの指名です。昨年の雄星投手に続き引き当てることが出来るでしょうか。

実況:第一回選択希望選手、中日、大野投手、佛教大学
解説:ここで中日は秋のリーグ戦に登板出来ずに指名回避が予想された大野投手です。メジャー挑戦が噂されるチェン投手や山本昌投手、岩瀬投手の左腕の後継者としての指名でしょう。昨年のプロアマ戦で見せた投球はプロで十分通用するものでありますが、故障の回復具合が心配です。

実況:第一回選択希望選手、福岡ソフトバンク、大石投手、早稲田大学
解説:ラストは予想通り地元福岡出身大石投手でした。6球団目の重複です。こちらはリリーフ陣は豊富なので先発としての起用になるのでしょうか。

と、こんなところではないでしょうか。結局第一回選択希望選手は大石投手6球団、斎藤投手3球団、澤村投手、大野津手、加賀美投手各1球団。今回は澤村投手の巨人希望を影響させていますが、12球団OK情報が出れば当然競合させたいと思います。

        第一回入札
【 横 浜 】  加賀美 
【東北楽天】  大石
【 広 島 】  大石
【 オリックス 】    大石
【 ヤクルト 】    斎藤
【 北 海 道 】  斎藤
【 読 売 】  澤村
【 千葉ロッテ 】  斎藤
【 阪 神 】  大石
【埼玉西武】  大石
【 中 日 】  大野
【 福岡SB 】  大石

では、第二回入札へ続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑥ 各球団補強ポイント巨人編

戦力分析でも触れていますが、ドラフト中心に総合的にまとめてみました。

【先発投手】優先度A
来期期待出来るのは、東野投手朝井投手内海投手藤井投手ゴンザレス投手、転向を期待して山口投手辺りで明らかに不安あり。しかし即戦力でこのメンバーを上回るためにはSクラスの新人が必要。とすると当然1位入札は逸材揃う大学生投手となりそうです。
有力候補は、相思相愛が伝わる澤村投手、そしてテレビ的には喉から手が出るほど欲しい斎藤投手でしょう。

【中継ぎ投手】優先度C
今期もチームを救ったメンバーが来期も健在。久保投手高木投手星野投手マイケル投手に、復活を期待する西村健投手金刃投手木村正投手と豊富なメンバーです。

【抑え投手】優先度B
クルーン劇場には終止符を打ってくれると信じて、越智投手に任せてみたいのですが、外国人投手の補強があるかもですcoldsweats01

【捕手】優先度C
阿部選手が2度目の打撃開眼を迎え、控え捕手の出番がありませんでしたが、鶴岡選手星選手に加え、昨年入団の市川選手鬼屋敷選手河野選手を加えると、しばらく様子を見ても良いのかなと思います。

【内野手】優先度B
坂本選手の急成長、そして小笠原選手も健在。脇谷選手中井選手大田選手の若手も期待出来る状況。個人的には藤村選手伊集院選手に期待shineしかし確実に併殺の取れる2塁手が欲しいところなので、1名程度の指名はありそうです。

【外野手】優先度B
ラミレス選手2冠に、新人長野選手の活躍、松本選手のブレイク、高橋由選手亀井選手矢野選手谷選手と非常に充実していますが、ファームの若手は橋本選手くらいであり、年齢構成上高校生の指名があって良さそうです。

この状況からすると
1順目 即戦力先発投手 候補 澤村投手斎藤投手
2順目 高校生投手    候補 宮国投手岩本投手田中投手
3順目 高校生外野手   候補 後藤選手榎本選手
以下変則大学社会人投手あたりで少ない指名人数になるのではと思います。
その分育成指名は数名あるのではないでしょうかconfident

澤村投手の巨人希望が一部で伝わってきました。事実であれば、巨人ファン的にはうれしい情報ですが、一部の他球団ファンを悲しませてしまったのも事実でしょう。長野選手のような覚悟があっての事なのか不明ですが、ナンバー1評価じゃない事と今年の故障歴を危惧する球団もあり、微妙な状況です。当日までにもう少し情報があるものと思われますので、待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010④ 各球団補強ポイント編①修正版

※大きく変動もありましたので加筆修正致しましたcoldsweats01

まずはドラフト指名予想の前に、各球団の現状・補強ポイントと指名傾向を予想したいと思います。

【横浜】
記録的な3年連続90敗以上で最下位とファンを悲しませましたが、メンバー的には悲観的になるほどでもなく、本来指揮官交代といきたい所ですが、来年も現状維持のようです。突然の球団身売りもあり時間的にも仕方ないかと思いますthinkせめてヘッドコーチなりに攻撃面の指揮だけでも任せる事が出来れば、投手起用に尾花監督の実力が発揮されると思うのですがcoldsweats01
攻撃面は球界を代表する内川選手村田選手がFAを迎えるものの、筒香選手他若手も育ちつつあり、思い切ったチーム再編が可能。球団的には村田選手の扱いが微妙になっているようです。個人的には内川選手をチームの柱として引きとめて、残る資金は今期炎上しっぱなしであった投手陣の強化に全力を注いで欲しいところですconfident
投手陣は清水投手加賀投手が働きましたが、まだまだ整備が必要ですcoldsweats01リリーフは牛田投手山口投手で形になってきましたconfident
補強ポイントは当然即戦力投手(出来れば左腕)となりますが、大野投手の故障もあり沢村投手と思われましたが、ここに来て加賀美投手に落ち着きそうな気配ですcoldsweats011順目で希望通りの補強が出来た場合、まだまだ有力左腕が残っていると思われ、地元の星一二三投手と迷うのではないでしょうかcoldsweats01で希望する投手の補強が出来た場合には、2順目で地元の星一二三投手指名があるのではないでしょうか。

【楽天】
昨年の2位から大失速wobbly選手の調子以前に監督の差を感じずにはいられませんthink岩隈投手のメジャー問題もありますが、資金面を優先させるか戦力を優先させるか、早めの結論がお互いに良いかったと思いますconfidentここにきて星野氏の監督就任が有力となっていますが、楽天のカラーとはかけ離れてると思われ不安があります。北京五輪を経て成長していることを期待しますがconfident
投手陣は、先発には岩隈投手は抜きにしても田中投手青山投手がいるので、不在のリリーフエースを任せる事の出来る投手が欲しいところです。
攻撃陣は鉄平選手に続き聖澤選手が続き、なんと言っても嶋選手の大成長が頼もしいところですshine山崎選手を下位に固定するためにも中軸を打てる選手が欲しいところですhappy01

戦力的には投打に厚みが欲しい所なので、ドラフトの展開次第で評価の高い選手を指名していく感じでしょうか。斎藤投手に関しては、ライバルとなった方が興行的に良いしcoldsweats01、補強ポイントである抑えを任せられそうな大石投手の方がお勧めですconfidentあと、巨人2軍で成長中の橋本選手のような地元の人材を放置しないで欲しいですthink

【広島】
野村監督の采配には、ファンの間でも批判があるようですが、新米監督でもあり来年の成長に期待したいですcoldsweats01シーズンは前田投手の成長に助けられた1年でしたcoldsweats01今後パリーグの強力先発投手陣とも十分戦えそうです。個人的にも、「打席に立って総合的に戦えるセリーグの野球を楽しんでいる」とインタビューで語ってくれた彼を応援していますgood
その前田投手を除くと非常に薄い投手陣なので、血の入替えも必要ですthink
攻撃陣は廣瀬選手梵選手が成長を見せ、栗原選手も健在ですhappy01これに天谷選手赤松選手となかなかのものshine大砲不足は外国人選手に賭け、これからも機動力ある選手を揃えていって欲しいですconfident

斎藤投手指名が有力ですが、今期は抑えを任せられる投手が不在でしたので、やはり大石投手がお勧めです。地元広陵有原投手は進学のようですが、岩本投手は上位でも確保したいところですconfident

【オリックス】
随所に岡田監督らしさも見えた1年目でしたが、思うようにならない部分も多かったようですthink焦らず来期もらしさを見せて欲しいですhappy01
T-岡田選手の成長と投手陣の整備でチーム再編の第一段階は成功ではないでしょうかhappy01選手層が厚いようで薄い部分が見えますが、木佐貫投手のトレードなど岡田監督色を今後の補強にも見ることが出来そうです。
投手陣は金子投手の大躍進に、移籍の木佐貫投手が頑張りましたが、抑え不在が響きました。2年目を迎えリリーフ投手など更なる戦力補強に期待ですshine
攻撃陣はカブレラ選手が健在で、坂口選手も復調し、後藤選手のFAはちょっと心配ですが、T-岡田選手の更なる成長にも期待ですshine
ドラフトについても岡田監督色の濃いものになりそうですhappy01実際早稲田の1位大学生投手指名とT-山田選手指名で十分合格ラインに到達しそうです。

【ヤクルト】
小川監督代行の来期続投も決まり、セリーグ3強に割って入るのには十分の投手陣戦力happy01
気が付けば、石川投手館山投手由規投手村中投手と先発陣は充実し、救援陣も林投手の動向は微妙ですが、なかなかのものshine
攻撃陣も迫力不足ですが、青木選手はもちろん、宮本選手田中選手相川選手飯原選手と機動力と小技を生かせそうなメンバーですhappy01
ドラフトでは神宮の星斎藤投手となるのでしょうが、個人打撃成績にベテラン中堅が名を連ね、青木選手のメジャー挑戦も秒読みであることを考えると、補強ポイントである数少ない有望野手を思い切って指名することがベストかと思います。

【北海道】
梨田監督は今年も立派に上位争いしていますshine費用対効果の重視を感じさせる補強は見事であり、毎年ドラフトが楽しみなチームでもありますhappy01
投打にバランスが良く、打では田中選手小谷野選手糸井選手稲葉選手と揃っていますが長打力ある打者(中田選手がもう一息coldsweats01)、投ではダルビッシュ投手の後継者や不安定な抑えと補強ポイントは明確です。
ドラフトについては、上記を踏まえて大学生投手に又野選手などになるのでしょうが、毎年独自の動きを見せる球団でもあるので楽しみのひとつですhappy01

簡単ではありますがドラフト予想の下地ですcoldsweats01特にパリーグ球団においては勉強不足の面もありますので、間違いがあればコメント下さい。改めてヤクルト投手陣の充実振りに感心しましたhappy01これで斎藤投手が入団したら投手王国完成ですねflair

※横浜の身売りにはやはり衝撃を受けましたが、あの成績と視聴率ではもはや本業でも苦しむTBSが保有するには無理があるようですcoldsweats01幸い既に受け入れ先が決まりつつありますが、まずは球団収支の改善と移転含めスタジアム問題を解決しないといけませんthink人口の多い横浜残留に依存はありませんが、個人的にはドーム球場並みに外野フェンスが高く旧世代の球場を思わせる横浜スタジアムは撤退しても良いのではと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2010⑤ 各球団補強ポイント編②

皆さんお楽しみな『ドラフト会議2010』までいつの間にか約3週間baseball
決定的な情報も少しずつ聞こえてきますが、マイペースに各球団編②ですhappy01

【千葉】
西村監督のもと比較的順調なチーム作りhappy01
投手陣は成瀬投手を中心に抑えの小林宏投手がきっちり締める形が出来ていますgoodただし、層の薄さと次世代エース候補が成長しきれていない面があります。
攻撃陣に関しては西岡選手今江選手井口選手に加え大松選手荻野選手newにも期待出来る事から、落ち着いて編成が行えそうですok
今年のドラフトに関しては、実力に加え話題性の面で大きく期待の出来る斎藤投手の指名を確実にしており、以下も地元から山下捕手中川投手の確保を狙っています。オーソドックスですがドラフト成功を予感させます。あとはくじ運と指名予定者が先に指名された時の対応が注目です。

【阪神】
真弓監督
については、ある意味阪神の年であった今年優勝を逃した事が非常に残念でなりませんcrying阪神ファンの友人からも真弓監督の力不足を指摘する声もあり、来年はまさに正念場ですwobbly
投手陣については、頭数は多いのですが揃っている様でコンスタントに働いた選手は久保投手のみweep抑えの藤川投手に頼る形ですが来期の去就は未定ですdespair終盤久保田投手が復活した事は来季に向けて明るい話題ですshine
攻撃陣は平野選手マートン選手のまさかの大活躍goodブラゼル選手の本塁打王争いに、鳥谷選手新井選手も見事に復活で、城島選手が加入した打線は非常に強力ですbomb金本選手の故障も戦力ダウンとはならないようですcoldsweats01守備を中心にチーム編成を考えると主役交代の時期が来ているようですconfident
ドラフトについては当然豊作の大学生投手からの指名でしょうが、来期の去就不透明な藤川選手のことも考えると、抑えも任せられる大石投手を競合覚悟で指名していくでしょう。問題は2順目以下ですが、中途半端な投手では頭数多い投手陣に埋没してしまうので、思い切って次世代キーマンとなれる高校生野手の指名があるのではないでしょうかconfident

西武】
まさかのV免shock大久保コーチ問題も完結せず、渡辺監督も微妙な状況despair
投手陣に関しては、涌井投手岸投手帆足投手と十分な先発投手陣と比較すると脇役不足despair最初の日本シリーズの時から感じていましたが、リリーフを軽視しすぎです。目先の勝利にこだわる事は当たり前ですが、あの起用方では主力数名以外はいなくて良いと言われてるようなものsad元エースの監督にはその辺りが見えにくいのかと思えてしまいますthink昨年の雄星投手も時間がかかりそうなので、ここは豊富な若手野手との交換トレードによる補強が良いかと思います。
攻撃陣は中島選手栗山選手片岡選手などに続く若手も育っており順調ですが、銀仁朗選手の故障もあり捕手はポイントかもしれません。
ドラフトについては今年の目玉&リリーフ投手としてオーソドックスに大石投手指名かと思いますhappy01

【中日】
開幕から調子の上がらない中、巨人と阪神がもたつく終盤に調子を上げて逆転Vmotorsports野手においては若手も徐々に戦力となっており、落合監督の長期政権も続く見込みですが、中日OBやファンの方はどう思っているのか興味あります。傍から見てると西武森政権を思い出してしまうのですがcoldsweats01
投手陣の懸案事項はチェン投手のメジャー流失でしょうthink吉見投手以下先発陣の成績も今ひとつで、リリーフの浅尾投手高橋投手の活躍が目立ちました。岩瀬投手も来年までは大丈夫でしょうconfident
攻撃陣では和田選手森野選手が頑張り、荒木選手も健在ですが、若手とのレベルの差は埋められていませんthink引退した立浪選手、メジャーからの帰還も噂される福留選手クラスのレベルの高い新人野手の獲得も必要性を感じますconfident
ドラフトに関しては、チェン投手山本昌投手、そして岩瀬投手に替われる左腕投手の指名が可能性高く思えますが、上記の通りで数少ない有望野手の上位指名がありそうな気がしますflair

【福岡】
見事な逆転優勝で地元の盛り上がりも最高潮scissors地元熊本出身秋山監督の苦労も報われましたshineこれで来期以降落ち着いて世代交代とスター育成が出来るのではないでしょうかconfident
投手陣は、先発が和田投手杉内投手頼みで新戦力は現れませんでしたが、馬原投手ファルケンボーグ投手摂津投手がしっかりしてました。勝つチームの条件ですhappy01未開花の投手も多く、オフにはトレードが必要だと思います。
攻撃陣に関しては、多村選手の奇跡とも言える復活shineが大きかったのですが、同じく活躍した川崎選手と共にメジャー問題が出てきた事は将来に不安を感じさせますthink本多選手に続く若手の成長に期待しながらも、上記のように投手も絡めた血の入替えが必要な時期に思えますconfident ※もちろんトレード相手の出身が九州だと喜ばしいのですけどcoldsweats01
ドラフトに関しては、王会長のもと大石投手の指名が見込まれますが、リリーフ陣がまとまっている現状と和田投手のFAも考慮して先発タイプか世代交代の意味で数少ない有望野手の方が良いのではと思います。また九州には今年も投打に有望な選手が多くいますので、優先的に指名して確保して欲しいですhappy01

こうして見ると混戦だったセパのペナントレースを表わす様に、万全なチームが少ないのが現状ですcoldsweats01これは今年メジャー挑戦が予想されるダルビッシュ投手、岩隈投手、チェン投手、藤川投手などチームの主軸投手が突然流失する事が大きな原因ではないかと思います。選手の活躍時期が概ね25歳から30歳過ぎまでとすると、30代半ばまでチームに残留してもらうためには、大学や社会人経由の方が可能性が大きくなってきます。やはりドラフト指名時には、実力はもちろんチーム内でのバランスなども考慮する事が安定したチームを維持する上では必要なのかもしれません。巨人にしても一時期投手王国と呼ばれていましたが、上原投手や高橋投手から内海投手、そして東野投手までの間が非常に手薄です。これは一時期野手に偏ったドラフトを展開した結果です。その年の一番を、地元のスターを指名して欲しいファンの心理は考慮していく必要がありますが、全体のバランス感覚を失うとチームの再建は予想以上に苦労する事になってしまいますthinkいよいよ最後は巨人ですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (1)

プロ野球戦力分析2010⑥ 巨人シーズン終了時外野手編

最後の最後まで強いチームではなかった今年の巨人wobbly
仮にクライマックスシリーズで勝ち上がったにしても、その印象が覆ることは無いでしょう。

気を取り直して外野手編を。
【外野手】
ラミレス選手:本塁打・打点の2冠をほぼ手中にし、最終打率も3割に乗せたことから、本人は満足のシーズンのようです。もちろん終盤の活躍shineはすばらしいものがあり、最終成績には文句のつけようもありません。しかし個人成績よりもチームの勝利を重んじる巨人での本塁打王狙いはベストであったのか疑問ですthinkシーズン序盤の本塁打狙いによる低打率は確実にチームの勢いを失わせました。またその守備ではたびたび投手に負担をかけたのも確かですweep1塁コンバートも考えたようですが、とてもプロのレベルではないと断念したこともあり、2冠王の来期の処遇がペナント奪回のポイントになりそうです。
松本選手:故障前の勢いはMVPクラスであり、単独でのCM出演には驚かされましたhappy02しかし復帰後は調子が上がらず、バント成功率の低さが目立つなどベンチスタートも多く残念でしたweep来期はバント成功率を高め不動の2番センターの位置を確保して欲しいです。それが巨人のペナント奪回のポイントになる気がしますconfident
長野選手:新人王を確実にした期待の選手shine走攻守にハイレベルである事は証明出来ましたが、来期はすべてをレベルアップさせる事が不動のスタメン選手となる条件ではないでしょうか。そうすれば来期は坂本選手の後任として1番ライトを任せる事が出来るでしょうhappy01

亀井選手:昨年の活躍でスタメン選手へと成長したかと思われましたがまさかの大不振wobbly昨年は打てる球だけ狙って思い切りの良いスイングをしていましたが、今期は相手チームに研究された事もあり、結果が出ない事から疑心暗鬼になり、思い切ったスイングが出来ませんでしたdespair長野選手の活躍もあり、来期は一転瀬戸際にweep走攻守にバランス良く、複数ポジション守れることからチームには欠かせないと思いますが、来春のキャンプとオープン戦はとても大切ですthink
高橋由選手:昨年の1打席からは飛躍的な回復も、リーグを代表する打者であった本人には不満の残る1年だったでしょう。来期も全力でスタメン目指してプレーするのでしょうが、若手外野手の充実する状況と年齢的なことを考えると、代打の切り札的なところを中心に考えてプレーする事が必要ではないでしょうかthinkもしくは上記のように守備面で難のあるラミレス選手のバックアップとして、球場や点差に応じて交代出場する事がチームにとっては大きいかもしれませんconfident
谷選手:昨年の好成績からすると調子の上がらない1年でしたdespair2000本安打する実力を持ちながらスタメン出場できない日々は、ストレスの溜まるものだったのではないでしょうかweepチームとしては右の代打の切り札から他選手との兼ね合いでスタメン出場まで可能な非常に都合の良い存在ですが、本人の意向次第ではあるものの、スタメン出場して2000本安打を目指せるチームへの移籍もありではないでしょうかconfident
矢野選手:ここ数年は毎年トレード候補にあがる存在でしたが、見事に復活し存在感を示しましたshineガッツ溢れるプレーと勝負強い打撃は、十分谷選手に替われるものがあり、長野選手との競争が来年も楽しみですgood

橋本選手:ファームのセンターのポジションを不動のものにした高卒2年目の期待の星shine松本選手と被る部分はありますが、年齢的にも離れており、良い目標になるのではないでしょうかhappy01将来的に2塁手のポジションに中井選手のような打力のある選手が定着すれば、松本選手と同時出場して1,2番を組ませて見るのも良いのではないかと思いますflair

こうして見ると外野手は明らかに2チーム分のメンバーですcoldsweats01しわ寄せは先発投手不足に来ているので、必然的にトレードの対象となってしまいますdespairどの選手も良い選手なのですが、特に亀井選手は他球団から交換相手として指名されそうな気がしますweep来年はオープン戦から飛ばして雑音を封印して欲しいですねpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球戦力分析2010⑤ 巨人シーズン終了直前捕手内野手編

ある意味壊滅状態の先発投手陣以上に転換点に差し掛かっている野手陣wobbly数字上は今年も上々の活躍を見せたラミレス選手・小笠原選手・阿部選手の守備位置も含めた扱いが今後の焦点sign02

【捕手】
阿部選手:自己最多本塁打を更新中goodしかし捕手としてはリードしきれていない面もありcoldsweats01来期は捕手育成の面からも捕手としては100試合出場を目処として、一塁手としての出場を増やして欲しいところですconfidentその分打撃タイトルをsign01
鶴岡選手:すっかり巨人に馴染んだ感がありますねhappy01阿部選手の打撃好調の影に隠れた1年でしたが、本来阿部選手を1塁に回してでも起用するべきだったと思いますthink
市川捕手:打撃好調でしたが、阿部選手の影に隠れたのは鶴岡選手同様ですcoldsweats01来期は故障しない体を作って1軍での出場を増やして欲しい選手ですshine

【内野手】
坂本選手:順調過ぎるほどの成長振りshine守備のミスが目に付きましたが、守備範囲が広い影響も大きいようですconfidentここまで長打力と勝負強さを身に着けて来ると4番を任せてみたいですgood
小笠原選手:終わってみれば例年並の成績のようですが、ここ一番で相手若手投手にミスショットする姿は、絶対的存在では無くなって来ているように思えますthink調子次第では3番を譲る日も近いのかもしれませんdespair
脇谷選手:打撃に関しては力を発揮してくれましたが、現在巨人に求められる2番2塁手像からは離れてしまった感がありますthink走塁面は合格もバント等細かいプレーと併殺打を確実に取れる2塁手としての守備は合格点に達せず、正2塁手としてよりも3塁手としての方が成績を残してくれるようですhappy01
中井選手:期待の若手ですが、今期は故障に悩まされましたwobbly来期は2塁手3塁手としての守備を向上させ出場機会を増やして欲しいですshine
大田選手:スランプが長かったのがマイナスですが、着実に成長を見せてくれていますconfident何物にも代え難い長打力の持ち主ですが、来年こそは1軍で姿を見せてくれないと、期待が失望に変わりかねませんthink
藤村選手:今期はファームでの試合出場も増え、出遅れを取り戻した1年だったと思いますshine実力的にはまだまだですが、1軍が求めている2番セカンドのピースにもぴったりな人材で、秋季及び春季キャンプでの成長が期待されますgood(地元熊本出身のため応援していますscissors
伊集院選手:今年ファームの試合リポートに多く登場した元捕手。野手としては上々の再出発なのではないでしょうかshineまだまだ若いので今後の成長に期待していますgood

主軸及び今後期待する選手をみてみましたが、秋季リーグ&キャンプがとても楽しみですnote
今巷で噂となっている横浜村田選手のFAですが、キャラ的にも巨人向きとは思えませんcoldsweats01本人のためには福岡が良いのではと思います。残留の可能性も・・・と思ってましたが、筒香選手の順調な成長もあり、チームには引き止める気持ちが無いように見えますdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球ストーブリーグ情報2010① 巨人戦力外編①

ついに今年も戦力外発表がはじまりましたweep
毎年ドラフトを楽しみにする一方で残念な退団もあったりします。
せめて一言くらいコメントを残せたらと思います。

深田投手(27):入団時には若干地味な印象から巨人の1軍での活躍は正直予想出来ない感じでした。ただ層の薄い左腕であったのでここまで期待されてきたのだと思いますconfident力量的にもファームではある程度のレベルにあったと思いますので、今期巨人に移籍して来た朝井投手のようなチャンスがあっても良かったのかなと思います。

村田投手(25):入団時にメジャーリーガー上原投手の後輩として話題になったのが、最初で最後であったように思えます。思えば入団時に「自分の後輩ってだけで生き残れる世界ではない」と厳しいコメントを残していた上原投手には予想された結果だったのでしょうか。村田投手にはパリーグで伸び伸び育てた方が良かったのではと思えてしまいますthink

西村優投手(20):まだまだ若いので色々とチャレンジして欲しいです。このクラスの投手は大学社会人経由でプロ入りする方が本人のためであるように思えますthink

竹嶋投手(20):地方の細身の左腕だったと記憶しています。西村優投手同様、社会人経由で実力アップしてからのプロ入りが良かったと思えます。今後のドラフト戦略に生かして欲しいと思いますthink

いわゆる見ただけでも分かる様なスケールの高校生投手なら良いのですが、青田買い的ドラフトは良い結果を生まないようです。東野投手は?と言われてしまいそうですが、あのスケール感なら大学球界でも目立ったのではないでしょうかconfidentもちろん高校生を自前で育てるのはドラフトの醍醐味でもありますし、選手個人にも事情があるのでしょうが、大学社会人での成長は日本球界の良いシステムとも思えますので、短期での成長が期待出来ない高校生投手の指名には慎重であって欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »