« プロ野球ドラフト会議2010⑤ 各球団補強ポイント編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑥ 各球団補強ポイント巨人編 »

プロ野球ドラフト会議2010④ 各球団補強ポイント編①修正版

※大きく変動もありましたので加筆修正致しましたcoldsweats01

まずはドラフト指名予想の前に、各球団の現状・補強ポイントと指名傾向を予想したいと思います。

【横浜】
記録的な3年連続90敗以上で最下位とファンを悲しませましたが、メンバー的には悲観的になるほどでもなく、本来指揮官交代といきたい所ですが、来年も現状維持のようです。突然の球団身売りもあり時間的にも仕方ないかと思いますthinkせめてヘッドコーチなりに攻撃面の指揮だけでも任せる事が出来れば、投手起用に尾花監督の実力が発揮されると思うのですがcoldsweats01
攻撃面は球界を代表する内川選手村田選手がFAを迎えるものの、筒香選手他若手も育ちつつあり、思い切ったチーム再編が可能。球団的には村田選手の扱いが微妙になっているようです。個人的には内川選手をチームの柱として引きとめて、残る資金は今期炎上しっぱなしであった投手陣の強化に全力を注いで欲しいところですconfident
投手陣は清水投手加賀投手が働きましたが、まだまだ整備が必要ですcoldsweats01リリーフは牛田投手山口投手で形になってきましたconfident
補強ポイントは当然即戦力投手(出来れば左腕)となりますが、大野投手の故障もあり沢村投手と思われましたが、ここに来て加賀美投手に落ち着きそうな気配ですcoldsweats011順目で希望通りの補強が出来た場合、まだまだ有力左腕が残っていると思われ、地元の星一二三投手と迷うのではないでしょうかcoldsweats01で希望する投手の補強が出来た場合には、2順目で地元の星一二三投手指名があるのではないでしょうか。

【楽天】
昨年の2位から大失速wobbly選手の調子以前に監督の差を感じずにはいられませんthink岩隈投手のメジャー問題もありますが、資金面を優先させるか戦力を優先させるか、早めの結論がお互いに良いかったと思いますconfidentここにきて星野氏の監督就任が有力となっていますが、楽天のカラーとはかけ離れてると思われ不安があります。北京五輪を経て成長していることを期待しますがconfident
投手陣は、先発には岩隈投手は抜きにしても田中投手青山投手がいるので、不在のリリーフエースを任せる事の出来る投手が欲しいところです。
攻撃陣は鉄平選手に続き聖澤選手が続き、なんと言っても嶋選手の大成長が頼もしいところですshine山崎選手を下位に固定するためにも中軸を打てる選手が欲しいところですhappy01

戦力的には投打に厚みが欲しい所なので、ドラフトの展開次第で評価の高い選手を指名していく感じでしょうか。斎藤投手に関しては、ライバルとなった方が興行的に良いしcoldsweats01、補強ポイントである抑えを任せられそうな大石投手の方がお勧めですconfidentあと、巨人2軍で成長中の橋本選手のような地元の人材を放置しないで欲しいですthink

【広島】
野村監督の采配には、ファンの間でも批判があるようですが、新米監督でもあり来年の成長に期待したいですcoldsweats01シーズンは前田投手の成長に助けられた1年でしたcoldsweats01今後パリーグの強力先発投手陣とも十分戦えそうです。個人的にも、「打席に立って総合的に戦えるセリーグの野球を楽しんでいる」とインタビューで語ってくれた彼を応援していますgood
その前田投手を除くと非常に薄い投手陣なので、血の入替えも必要ですthink
攻撃陣は廣瀬選手梵選手が成長を見せ、栗原選手も健在ですhappy01これに天谷選手赤松選手となかなかのものshine大砲不足は外国人選手に賭け、これからも機動力ある選手を揃えていって欲しいですconfident

斎藤投手指名が有力ですが、今期は抑えを任せられる投手が不在でしたので、やはり大石投手がお勧めです。地元広陵有原投手は進学のようですが、岩本投手は上位でも確保したいところですconfident

【オリックス】
随所に岡田監督らしさも見えた1年目でしたが、思うようにならない部分も多かったようですthink焦らず来期もらしさを見せて欲しいですhappy01
T-岡田選手の成長と投手陣の整備でチーム再編の第一段階は成功ではないでしょうかhappy01選手層が厚いようで薄い部分が見えますが、木佐貫投手のトレードなど岡田監督色を今後の補強にも見ることが出来そうです。
投手陣は金子投手の大躍進に、移籍の木佐貫投手が頑張りましたが、抑え不在が響きました。2年目を迎えリリーフ投手など更なる戦力補強に期待ですshine
攻撃陣はカブレラ選手が健在で、坂口選手も復調し、後藤選手のFAはちょっと心配ですが、T-岡田選手の更なる成長にも期待ですshine
ドラフトについても岡田監督色の濃いものになりそうですhappy01実際早稲田の1位大学生投手指名とT-山田選手指名で十分合格ラインに到達しそうです。

【ヤクルト】
小川監督代行の来期続投も決まり、セリーグ3強に割って入るのには十分の投手陣戦力happy01
気が付けば、石川投手館山投手由規投手村中投手と先発陣は充実し、救援陣も林投手の動向は微妙ですが、なかなかのものshine
攻撃陣も迫力不足ですが、青木選手はもちろん、宮本選手田中選手相川選手飯原選手と機動力と小技を生かせそうなメンバーですhappy01
ドラフトでは神宮の星斎藤投手となるのでしょうが、個人打撃成績にベテラン中堅が名を連ね、青木選手のメジャー挑戦も秒読みであることを考えると、補強ポイントである数少ない有望野手を思い切って指名することがベストかと思います。

【北海道】
梨田監督は今年も立派に上位争いしていますshine費用対効果の重視を感じさせる補強は見事であり、毎年ドラフトが楽しみなチームでもありますhappy01
投打にバランスが良く、打では田中選手小谷野選手糸井選手稲葉選手と揃っていますが長打力ある打者(中田選手がもう一息coldsweats01)、投ではダルビッシュ投手の後継者や不安定な抑えと補強ポイントは明確です。
ドラフトについては、上記を踏まえて大学生投手に又野選手などになるのでしょうが、毎年独自の動きを見せる球団でもあるので楽しみのひとつですhappy01

簡単ではありますがドラフト予想の下地ですcoldsweats01特にパリーグ球団においては勉強不足の面もありますので、間違いがあればコメント下さい。改めてヤクルト投手陣の充実振りに感心しましたhappy01これで斎藤投手が入団したら投手王国完成ですねflair

※横浜の身売りにはやはり衝撃を受けましたが、あの成績と視聴率ではもはや本業でも苦しむTBSが保有するには無理があるようですcoldsweats01幸い既に受け入れ先が決まりつつありますが、まずは球団収支の改善と移転含めスタジアム問題を解決しないといけませんthink人口の多い横浜残留に依存はありませんが、個人的にはドーム球場並みに外野フェンスが高く旧世代の球場を思わせる横浜スタジアムは撤退しても良いのではと思っています。

|

« プロ野球ドラフト会議2010⑤ 各球団補強ポイント編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑥ 各球団補強ポイント巨人編 »

プロ野球:ドラフト」カテゴリの記事

コメント

私と認識が違うのは、楽天は岩隈のポスティングでの移籍を容認しているとの報道であり、引き留め報道はどこの報道なんでしょうか。

また広島の斎藤指名有力の情報源は?ずいぶん前にオーナー発言がありましたが。最新報道は、抑え候補の大石でしたが、情報戦であり本命は斎藤との読みなんでしょうか。

かなり、私とは認識が違いましたので。

投稿: 一花 | 2010年9月26日 (日) 19時58分

横浜は全員高校生のみ指名した方が断然いい。今迄即戦力とっても効果なく低迷を招いているから。西本聖が横浜コ−チとして招聘しないのが悔やまれる。一位は一二三か田中太一、二位は浜田か佐野が理想

投稿: 仙水丸 | 2010年9月26日 (日) 21時00分

一花さんお久しぶりです。
コメントありがとうございます。
では順番に
①岩隈投手についてポスティング容認記事があることは承知しています。(予定無しとの記事もありましたが)私が言いたいのは、シーズン終了後すみやかにファンに方向性を伝え、メジャー挑戦するにせよ、最後に優勝を目指すにせよ、気持ち良くプレーして、ファンにも気持ち良く応援して欲しいということです。
②カープについては認識不足でしたcoldsweats01修正が必要ですね。大石投手本命なら、私もベストであると思います。ただし早稲田3投手に関しては、指名の集中が原因でしょうが、動きが鈍く感じられ、昨年の雄星指名回避が再現される可能性を感じていますthink

投稿: アサミ | 2010年9月26日 (日) 23時43分

仙水丸さんお久しぶりです。
コメントありがとうございます。
確かに1、2年我慢すれば、吉と出る気もしますねhappy01
ただ、なぜその年の№1に行かないのかというファンが多いのも現実ですthink
私はバランス良く、足りないところを補う+話題・地域性と欲張りに複雑に考えてしまい迷ってしまいますcoldsweats01

投稿: アサミ | 2010年9月27日 (月) 00時02分

アサミさんお久し振りですconfidentドラフト各球団補強ポイントの件について、スポーツ新聞や雑誌の情報源をもとにコメントさせていただきます。自分の意見もふまえて。まずは横浜ですが、何といっても左右問わず投手力でしょう。仏教大学の大野投手を軸に左投手数人獲得する方針らしいですが、中日にとってはライバルになりそうですね。地元の高校生投手、一二三、中野ジャスティンはキープしておきたい所ですよね。楽天は斎藤佑樹獲りに参戦と以前スポニチに載ってましたが、不透明で、東北学院大の阿部博文投手や八戸大学の秋山外野手といった地元東北の大学の選手の獲得は検討したい所ですね。広島は報道だと大石でいくみたいで、オリックスに関しても大石にいくみたいでここにきて、早稲田の大石達也に人気が集中してきましたね。まぁ、今年は豊作なので、当日まで各球団、駆け引きかもしれませんね。当日が楽しみです(^-^)ドラフト好きの自分としては!長々とすみませんsadまたお邪魔しますconfident

投稿: ヤスヒロ | 2010年9月28日 (火) 23時43分

横浜は高校生左腕台頭したから浜田や佐野を中位あたりでほしいですね。広島は加賀美か榎田辺りではないでしょうか(リリーフは大島や永川がいるから)。楽天は塩見や安部といった東北の逸材辺りでしょうか?オリは早大福井一位と去年同様斬新な指名してきそうです。寒くなってきましたので体調には気を付けて下さいねアサミさん。

投稿: 仙水丸 | 2010年10月 1日 (金) 18時18分

ヤスヒロさんお久しぶりです。
いつもありがとうございます。
そしてドラゴンズ優勝おめでとうございますmotorsports
巨人の自滅の感もありましたけどcoldsweats01広い球場、そして来期の飛ばないボールでの戦い方を考え直す良い機会にもなりましたconfident
ペナントを重視する私としては、このままドラゴンズに日本一目指して頑張って欲しいですhappy01
それにしても、私の苦手な落合監督は別にしても、魅力的な若手が野手を中心に増えて来ていると思いますpassでも来期の話は少し後にまた。
先週書いた記事なのに、大きく変動がwobbly
①横浜身売り・移転問題
②楽天・岩隈投手ポスティングへ
③北海道・ダルビッシュ投手ポスティングへ
これだけでも、球界に与える影響は甚大wobbly
全てが選手と球団とファンに気持ちの良い方向へ進むことを期待していますbaseball

投稿: アサミ | 2010年10月 2日 (土) 01時42分

仙水丸さんありがとうございます。
広島の加賀美投手ありそうですねhappy01ただ、前田投手が球界の中心選手に育ちつつあるので、ここは競合覚悟で大石投手にチャレンジして欲しいと思いますhappy01広島の津田投手、大野投手などが抑えを勤めた強い時代の復活を期待していますscissors
ところで横浜は大変なことになってますねcoldsweats01正直チームのためには良かったと思いますが、横浜スタジアム問題が表面化しましたので、一部もしくは完全移転も視野に入って来ると、地元ファンの胸中は穏やかではないでしょうthink
チームの再建については、私的には尾花監督は若手が育ちつつある投手陣整備に専念して、攻撃面を全面的に預けられるヘッドコーチの採用が良いかと思いますconfident

投稿: アサミ | 2010年10月 2日 (土) 02時01分

これって、補強ポイントの記事ですよね。なら、明確に1.先発左腕2.控え捕手3.次世代内野手・高校生

など具体的に簡潔に書かれないと、補強ポイントが何故、何なのか、ボヤけてわかりませんね。

投稿: 一花 | 2010年10月17日 (日) 18時03分

一花さんコメントありがとうございます。
ご期待に沿えず申し訳ありません。
全体を見て頂ければお分かりと思いますが、あくまで巨人ファン視線です。
他球団についてはファーム戦力などそれほど深くありませんのでご了承下さい。coldsweats01

投稿: アサミ | 2010年10月17日 (日) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/49558025

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ドラフト会議2010④ 各球団補強ポイント編①修正版:

« プロ野球ドラフト会議2010⑤ 各球団補強ポイント編② | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑥ 各球団補強ポイント巨人編 »