« プロ野球戦力分析2010⑦ 巨人苦手のナゴヤドーム決戦から | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑨ 直前最終予想編 »

プロ野球ストーブリーグ情報2010② 巨人退団&入団編①

昨日クライマックスS敗退したばかりですが、早速人事面で動きがありましたcoldsweats01
木曜日には2010ドラフト会議も控えており慌しくなってまいりました。

まずは
①外国人選手退団・・・李選手の退団が決まったようです。初年度こそ4番も務めた韓国の主砲でしたが、故障に加えセリーグ各球団の徹底した攻めにあい不振を極めていましたweep本人は日本国内で移籍先を探すようですが、数億円の年棒を5千万円程度まで下げないと難しいのではないでしょうかthinkまた不安定さを極めたクルーン投手の退団も決定的のようです。一時は今期での引退も口にしていましたが、こちらも日本国内での移籍を希望しているようです。エドガー選手もラミレス選手の指導のおかげか活躍する場面もありましたが、ディフェンス面で物足りないものもあり退団の方向のようです。

もう一人グライシンガー投手に関しては、契約が切れるものの、まだまだ試合を作る能力には長けており、不安定な先発投手陣を考慮して1年間の契約延長となるのではないでしょうかconfident

②コーチ退団・・・V免と言えど昨年までの成績を考慮したら大幅な入替えは予想していませんでしたが、思った以上にチーム状態が悪化しており、てこ入れが必要と判断されたようです。伊原ヘッドコーチはチームの走塁面に刺激を与える事に功績がある一方、作戦面では目立った動きも少なく、チームの効率の悪い攻めを改善するには至りませんでしたthink篠塚打撃コーチは指導自体には問題がなさそうですが、好投手の攻略等にアドバイスが出来なかったのではないでしょうかthink西山バッテリーコーチについては古巣に戻るのかなとも思いますが、打撃好調阿部選手に次ぐ捕手がベテラン鶴岡選手では指導する場面も限られたのではないでしょうか。地元出身緒方外野守備走塁コーチの退団は残念ですが、出来ればファームに有望な若手外野手が揃ったら、また復帰して欲しいと思います。

③コーチ入団・・・前中日2軍監督川相氏の入団が決まりそうです。故木村コーチの後空席となっている内野守備走塁コーチでしょうか。また前ソフトバンク編成アドバイザー森脇氏の入団も決定的のようです。川相氏には巨人が苦手とする1点を取りに行く野球を、森脇氏には若手野手育成に期待します。

コーチ陣の入替えについては、個人的な問題やチーム事情などあるので一概には言えませんが、V免のけじめにはなると思います。新しい人材が秋季練習や春のキャンプでチームに刺激を与えてくれる事に期待しますhappy01

|

« プロ野球戦力分析2010⑦ 巨人苦手のナゴヤドーム決戦から | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑨ 直前最終予想編 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/49832058

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ストーブリーグ情報2010② 巨人退団&入団編① :

« プロ野球戦力分析2010⑦ 巨人苦手のナゴヤドーム決戦から | トップページ | プロ野球ドラフト会議2010⑨ 直前最終予想編 »