« 放置中の訪問に感謝感謝。 そして・・・ | トップページ | プロ野球戦力分析2010③ 巨人シーズン終了直前先発投手編 »

クライマックスシリーズと阿部選手について

9/10現在セリーグ3位の巨人には優勝する雰囲気がない気がします。

優勝する時には、誰かしら救世主が現れるものですが、朝井投手にそこまで求めるのは難しいでしょうcoldsweats01

今年は3連覇中という事もあり、悲観的な空気が薄いのも原因かもしれません。

私個人も激しいペナントレース中ですが、結果を気にすることなく、ドラフトなど来年以降のチーム編成へと興味が移行しています。(もともとその傾向が強いのですがhappy01

ところでチームはクライマックスシリーズへ進出する可能性が高いのですが、ペナントレースに敗れた場合は参加する意義を見出せません。やはり商売優先のシリーズと思いますので、ペナントレースを重視する私から見ると特にそう思えてしまうのかもしれませんcoldsweats01

一方4位ヤクルトのモチベーション維持に役立っているのも現実で、首位争いを消化試合でなく激しいものにしてくれていますgood結局は今のペナントとクライマックスは別物との解釈が妥協の産物なのでしょうけど、選手も割り切って戦うしかないのでしょうthink

それにしても阿部選手の打撃面での活躍はMVPクラスですshine多少スランプが長めなのが気になりますが、それも捕手ゆえの故障から来るものが多いようですthink年齢的にも30代となり、捕手としての評価に限りが見えてきた今が1塁コンバートの最後のチャンスではないでしょうかsign02小笠原選手を筆頭に1塁手候補も多いのですが、ぜひ来年は捕手での出場を5割程度に抑えて打撃部門タイトルを狙って欲しいと思いますhappy01そのためにも星選手市川選手の出場機会を増やして欲しいものですconfident

|

« 放置中の訪問に感謝感謝。 そして・・・ | トップページ | プロ野球戦力分析2010③ 巨人シーズン終了直前先発投手編 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/49412706

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスシリーズと阿部選手について:

« 放置中の訪問に感謝感謝。 そして・・・ | トップページ | プロ野球戦力分析2010③ 巨人シーズン終了直前先発投手編 »