« クライマックスシリーズと阿部選手について | トップページ | プロ野球戦力分析2010④ 巨人シーズン終了直前リリーフ投手編 »

プロ野球戦力分析2010③ 巨人シーズン終了直前先発投手編

シーズンも佳境を向かえ必死に中日を追いかけているところですが、チーム状況はここ数年では最悪に近いところではないでしょうか。必死に戦う選手を応援しつつ、ここでは来期のチーム編成の第一弾として現在の所属選手を分析してみたいと思います。(各選手のファンの方には異論もあると思いますので、遠慮なくコメント頂ければ幸いです。)

現状を見ると攻撃陣は中軸打者の高齢化が進み、投手陣は外国人頼みの危うい状況に思えます。
では来期の期待込みで個別に

【先発投手陣】
東野投手(右):今年はエース格の活躍も終盤息切れ。来期こそは目指せ15勝good
ゴンザレス投手(右):昨年の大活躍から一転大不振。復活の兆しも見え、来期は13勝。
内海投手(左):今年は悔しい一年。ポジションキープのためにも大事な1年で、来期は13勝。

藤井投手(左):今季の成績は想定の範囲内。最初の疲労時に休ませる余裕あれば上積み期待出来るので、来期は10勝。
山口投手(左):先発勝利後の中継ぎ復帰は非常に残念think優勝出来れば、それもokなのでしょうが・・・来期こそ先発専念で10勝をsign01
朝井投手(右):楽天より移籍後一時救世主にhappy01来期もローテ枠に食い込み10勝をshine

先発は来期即期待出来る若手も見当たらず、2名程度の補強が必要でしょう。
外国人:グライシンガー投手が筆頭も、故障の回復次第。費用対効果もあり入れ替え希望。
ドラフト:ローテに入る力を持った候補者もいますので見極めが大変coldsweats01
トレード:伸び悩みの投手+野手でなんとか先発候補をsign01

|

« クライマックスシリーズと阿部選手について | トップページ | プロ野球戦力分析2010④ 巨人シーズン終了直前リリーフ投手編 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/49502801

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析2010③ 巨人シーズン終了直前先発投手編:

« クライマックスシリーズと阿部選手について | トップページ | プロ野球戦力分析2010④ 巨人シーズン終了直前リリーフ投手編 »