« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

巨人 今期最終トレード 栂野投手と楽天:朝井投手 感想「球界活性化策:再分配ドラフトなどあって良いと思います。」

前回「オフには先発投手補強に走る可能性あり」と書きましたが、まさか期限ギリギリでcoldsweats01

楽天:朝井投手と巨人:栂野投手の交換トレードが発表されました。

レベルの高い楽天先発投手陣から弾かれた朝井投手と巨人では先発適正なしと判断されてしまいファームでも中継ぎ調整を続けていた栂野投手の交換です。

楽天ファンサイドからは何で実績の無い栂野投手ととの声も聞こえてきますが、案外ファームでの安定した中継ぎ振りが楽天で生かされるかもしれません。頑張って欲しいですgood

もちろん朝井投手は、すぐにではないでしょうが、現在の壊滅的な1軍先発投手陣を見ると、案外早い時期にチャンスが巡って来る気がします。体調を整え、頑張って欲しいですhappy01

今回のように、故障以外でなかなかチャンスが無い選手の移籍は、FA制度以上に球界活性化に大きな効果があると思います。ぜひこれを機会に一部選手のためのFA制度とは別の制度が創設されればと思います。

ちなみに現在考えられるものでは、楽天球団発足時の分配ドラフトをアレンジしたものではいかがでしょうsign02

仮称:再分配ドラフト

○12球団強制参加 ※1順目からの指名見送りはあり

○下位球団から完全ウェーバー制 ※12位→1位、12位→1位

○対象選手は各球団事前に名簿作成し交換

 名簿は、外国人選手を除く支配下登録選手(約65名)から、入団3年目以下の選手を除き、10名以上 ※名簿記載の選手は、指名が無い場合次年度の契約が必要

 ※②巨人でも名簿作りが非常に難航するとは思います。

○指名は各球団5名まで。被指名人数も各球団5名まで。

○開催時期は難しいのですが、通常シーズン終了直後になると思います。

○待遇面も難しいのですが、前年を基本に交渉→難航時は早めに調停にて決着。

多々問題点はあると思いますが、選手への刺激にもなると思います。

みなさんはいかがお考えでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巨人 公式戦6/25・26・27 感想 「オフには先発投手補強に走る可能性あり」

衝撃的なサヨナラ負けの後に数週間前の横浜3連戦でもないと思いますがcoldsweats01

本日の結果についいては、今更言う事はありません。

ハッキリ言って今期で退団予定の選手を、まして防御率3点台の抑えを起用している方が悪いwobbly

費用対効果の面からも結果だけを求められる立場なのにあの成績ではweep

ちなみに私のBBH巨人軍では、前回の連続四球後に登録抹消して越智投手を抑えに据えています。もちろん打たれますが、将来のためと思えますから気になりません。

では本題に

6/25○巨人3対1横浜●

先発ゴンザレス投手好投happy01交代時期については首脳陣が臆病になっている面もあるのではと思いますthink4番ラミレス選手のホームランで快勝と言えば聞こえは良いですけど、実際は拙攻が目立つ展開でした。古城選手にも昨年のようなキレが見られません。とにかく首位なんですけど昨年終盤のような強さは感じられません。

6/26○巨人11対2横浜●

先発藤井投手は制球に苦しみましたが打線に助けられましたcoldsweats01まあ序盤頑張ってくれましたから良いんですけど、この頃からすでに疲れが見えてきましたね。先を考えると一時休養が必要な気がしますthink打線はつながりだすと原監督の好きそうなビッグイニングになるのですが、それよりもコツコツと1点を取る野球の方が安定すると思います。ただ阿部選手の好調はすごいの一言happy02某誌で来期以降の阿部1塁固定説を唱える解説者がいましたが、基本的に賛成です。ただし他の捕手に任せられるか、首脳陣が我慢出来るかがポイントsign01新人の市川選手に期待していたのですけど、怪我の様子が心配ですsad

6/27●巨人2対4横浜○

とにかく先発ファン投手は無理でした。首脳陣の見当違いでしょう。今期はファームで基礎を固めて欲しいですthinkマイケル投手が中継ぎと割り切れば使えたのが収穫でしょうかcoldsweats01本来は木村正投手など若手の起用枠としたいところですが、該当者もいないようなのでokです。打線はつながらないの一言ですが、亀井選手の2番は失敗でしょう。昨年は読みが冴えて思い切ったスイングが出来ていましたが、2番ではますますかけ離れてしまいます。

打線は松本選手が復帰してくれれば徐々に本来の力を発揮してくれそうですが、投手陣は起用法にも問題あるのでシーズン終盤まで厳しい状況が続きそうですwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人 公式戦6/22・23・24 感想 「投手陣再編を急ぎたい。。。」   」

監督交代後なかなかの成績を残しているツバメ軍団との3連戦です。

6/22●ヤクルト1対5巨人○

相手先発村中投手には負けられない東野投手の好投で勝利shine投手を使い過ぎる傾向にありますが、梅雨明け頃には徐々に改善されるのではないでしょうかcoldsweats01ラミレス選手のホームランと長野選手の活躍がありましたが、長野選手は今期は今日のように7番8番で楽に打たせてあげたいですconfident

6/23○ヤクルト4対3巨人●

打線は坂本選手が好調を維持、阿部選手の一発もありましたが、今期は波に乗り切れない選手が多いですwobblyそれよりも先発西村投手が4回KOではweep

ここで先(来年)も考えて巨人1軍投手陣を勝手に再編ですhappy01

希望する構成は、先発【結果を期待④将来に期待②】中継ぎ【序盤②中盤②終盤①】抑え【1回限定】①で、来期を見据えて巨人で見ると

先発【結果】東野投手、内海投手、ゴンザレス投手、藤井投手

先発【将来】山口投手、西村投手

中継ぎ【序盤】星野投手、○○○○

中継ぎ【中盤】久保投手、○○○○

中継ぎ【終盤】豊田投手

抑え【1回限定】越智投手 ※現実的に今期はクルーン投手ですが、あの内容ではthink

改めて野手陣の層の厚さに比べて、人材難が浮き彫りにcoldsweats01

ファームの人材では、昨年実績のある木村正投手やルーキーの土本投手小野投手に期待していますshine

大豊作と予想される2010ドラフトでも投手中心の指名になると思われますが、人気の斉藤投手や名前に馴染みのある豪腕澤村投手もしくは大型左腕大野投手辺りを確保出来たら大成功ですけど、競合も激しそうで今から楽しみですnote

6/24●ヤクルト2対4巨人○

先発内海投手はそこそこの内容ですが、降板が1回早いんですよねdespair打線はラミレス選手2本と長野選手1本のホームランで快勝に見えますが、打線のつながりの悪さは相変わらずですweep

勝率は維持していますが、試合内容は4月辺りと比べるまでもありません。中継ぎの負担も大きく、投手陣の再編を行わないと来年以降が心配ですthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「相棒8」 第12話 「SPY」 感想

この感想もホント進まずに、「シーズン9」が決定coldsweats01

急がねばdash

今回は、正直いまいちなタイトルに思えましたが、内容的には2時間SPでも良いくらい上出来でしたshine

神戸警部補の着信履歴に始まる事件と準レギュラー大河内監察官の微妙な活躍coldsweats01、そして警視庁対警察庁の図式は見ごたえたっぷりでしたgood

警察内部告発系の事件になると、一歩引いた立ち位置の杉下警部の推理が際立ちますflair

贅沢なようですが、そろそろ大犯罪者との対決も見たくなってきました。

それにしても『庁内S』って厳しいですね。水木課長が同じ立場と思った神戸警部補に興味を持ったのも分かる気がします。ひょっとしたら長く厳しい立場になることを伝えたかったのかもthink

ゲストの小嶺さんは熊本出身だったと思いますが、「相棒」で会えて嬉しかったですhappy01

ゲスト:美木良介 小嶺麗奈 芦川誠

脚本:櫻井武晴
監督:近藤俊明

さすが櫻井氏といったところでしょうかhappy01近藤氏の画も好みな感じで良かったですconfident

冒頭のイマイチなタイトルを変更するなら、おもいっきり

『S』

危ないですかねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人 公式戦6/18・19・20 感想 「阿部選手爆発中!!!」

交流戦も終了してペナント本番再開ですhappy01

6/18○巨人5対0中日●

内海投手の完璧な投球で完勝goodこれが続かないんですけどねcoldsweats01打線は小笠原選手阿部選手が大活躍shine亀井選手の復調は難しいのかなweep

6/19●巨人4対7中日○

今年はゴンザレス投手の降板が早過ぎる傾向にあります。不調とは言え力は持っています。不調の山口投手を登板させるよりは良いと思うのですがcoldsweats01打線では阿部選手の好調さが目立つ一方、ラミレス選手で打線が切れる状況ですcrying4安打の脇谷選手は打力十分ですね。セカンドの守備力を高めて欲しいです。

6/20○巨人5対2中日●

先発藤井投手がホント好投を続けてくれていますshine阿部選手は以前の月間自己本塁打記録に迫る勢いです。「今は」の注釈付ですが、落合監督にも認められましたhappy01

勝ち負けは別にして、もう一つ盛り上がりに欠ける内容でした。ドラゴンズには投打でフレッシュな存在が必要なようです。浅尾投手や伊藤投手など魅力的ですが野手がもうひとつかと思いますconfidentとなるとドラフトが注目ですが、この即戦力投手大豊作の年に数少ない野手の目玉に行けるでしょうか注目ですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »