« 推理小説 「十津川警部 アキバ戦争」 感想 | トップページ | 巨人 岡崎2軍監督「Gっくり語る」 感想②「松本選手が巨人の常識を変える?」 »

巨人 岡崎2軍監督「Gっくり語る」 感想①「積極的な打撃の意味」

ケイタイ公式サイトで見かけた巨人岡崎2軍監督の「Gっくり語る」は、正直な気持ちが書かれており興味を惹かれました。

基本的な方針は原監督に倣い、競争原理の徹底や選手に高い次元での自覚を持たせるなどのようです。育成と勝負の両面で実績を残した吉村前監督の後任としては正直どうなのだろうと思っていましたが、2軍の意義をしっかりと理解しており安心しましたconfident特に選手起用については、きちんと育成主体でありながらも決して勝負を度外視していなかったり、1軍での起用方法を想定した起用法であったり、2軍が上手く機能していることが分かる内容です。また巨人ファンとして嬉しいのは岡崎監督が自分の好みの選手・野球ではなく、「巨人の野球」を大切にしている点です。

個人では中井選手と大田選手の起用については、お互いを高い次元で上手く競争させながらレベルアップさせる事に成功しているようです。

残念な事にひとつだけ「違うな」と感じた部分がありました。これは巨人の指導者・選手全般に言えることかもしれませんが、奨励する「積極的な打撃」のレベルが普通である点です。巨人のような強打者揃いだとそれで上手くいくことも多いのでしょうが、思い出してみると格下の投手にコロッとひねられてしまう試合があり、初物に弱いなどと言われてしまっています。強打者といっても打率3割程度なので、下手すると勝率3割にもなりかねません。もう一段チームとしてレベルアップするためにはチームが一丸となって攻略する姿勢が必要なのではないでしょうか。

岡崎監督は文中で、玉数を投げさせる事なんかは分業制が進み先発並に優れた投手が控える現代野球では無意味であると考えていますがそうでしょうか?本来玉数を投げさせると言うことは、何も「見送る」と言う意味ではなく、ヒット出来る球が来るまで「粘る」と言うことでなのですから。それにどのチームも9回となればすばらしい投手が控えるのでしょうけど、6回当たりは頭を悩ますはずです。その状況に持っていくことが出来ればチームの勝率もアップするのではないでしょうか。

巨人はここ数年急速にチームカラーを変えてきましたが、そこには近年の巨人らしくない一人の象徴的選手がいます。次回は松本選手を中心に続けたいと思います。

|

« 推理小説 「十津川警部 アキバ戦争」 感想 | トップページ | 巨人 岡崎2軍監督「Gっくり語る」 感想②「松本選手が巨人の常識を変える?」 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/48432760

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人 岡崎2軍監督「Gっくり語る」 感想①「積極的な打撃の意味」:

« 推理小説 「十津川警部 アキバ戦争」 感想 | トップページ | 巨人 岡崎2軍監督「Gっくり語る」 感想②「松本選手が巨人の常識を変える?」 »