« 中村主水こと藤田まこと氏について | トップページ | 「相棒8」 第8話「消えた乗客」感想 »

「相棒8」 第7話「鶏と牛刀」感想

これまたオーソドックスなお話しでしたcoldsweats01

年金問題は少々時期を外したかと。。。 いや、今じゃないと出来なかったのか。。。

犯行自体も年金自体の犯罪に比べれば凝った所も無く単純なもので、楽しみを探すのに苦労しました。

2回見たのですけど、その印象の薄さが全てを物語っているようで。

ただ、捜一トリオには見せ場が用意されていたりで、いっそキャラ中心のお話しに仕上げた方が全体としてインパクトを残せたのではと思いました。

ただシーズン5・6・7辺りにある「なんだこりゃ」って事も無く、無難ではあるのですが。

神戸警部補はまだまだ謎が多いというか、制約も多いと思うので、思い切った話しが作れない部分もあるのでしょうが、それはシーズン9以降のお楽しみでしょうか。

脚本:櫻井武晴
監督:東伸児

櫻井さんの脚本という事で良い雰囲気出てますけど、今回はさすがに題材がイマイチだったかなと思いますconfident

|

« 中村主水こと藤田まこと氏について | トップページ | 「相棒8」 第8話「消えた乗客」感想 »

ドラマ「相棒」シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/47762978

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒8」 第7話「鶏と牛刀」感想:

« 中村主水こと藤田まこと氏について | トップページ | 「相棒8」 第8話「消えた乗客」感想 »