« プロ野球ドラフト会議2010① 巨人編① | トップページ | 「相棒8」 第7話「鶏と牛刀」感想 »

中村主水こと藤田まこと氏について

かなり遅くなってしまいましたが、私の中では予期していた事とはいえ残念なニュースでした。

昨年、唐突に「はぐれ刑事純情派」の最終回が放映された時には、もう「必殺仕事人」に関しては無理かな~と感じていましたが、現実のものとなると寂しい気持ちでいっぱいです。

中村主水に関して言えば、もともと時間軸に拘らない作りでしたので、子孫を現代まで残した話しがあるかと思えば、劇場版でしっかりと死亡(生死不明?)したりでしたので構わないのかもしれませんが、まだまだ見たかったのが本音です。

長く続いたシリーズの宿命かもしれませんが、内容がいまいちであったりすることもありましたが、私達を楽しませてくれただけではなく、何か人生の教科書的な部分があったことも確かではないでしょうか。

昨年、虫の知らせのように、CS放送にて「必殺スペシャル」全話放送を見ることが出来たのがせめてもの救いなのかもしれません。機会がありましたら感想など書いてみたいと思っています。

藤田まこと氏の死後に「必殺スペシャル2010」の台本が届けられたとの事ですが、楽しみにしていただけに残念でなりません。出来ることなら、ぜひ作品の完成に期待しています。

最後まで負債を抱え、闘病生活と合わせ苦労されていたと言うことですが、ゆっくりと休んで欲しいと思います。そして後輩達の仕事振りをいつまでも見ていて欲しいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« プロ野球ドラフト会議2010① 巨人編① | トップページ | 「相棒8」 第7話「鶏と牛刀」感想 »

ドラマ「必殺仕事人」シリーズ」カテゴリの記事

コメント

この話題に関してですが、私もアサミさんの意見に同感です。私も、必殺仕事人の中村主水、はぐれ刑事純情派の安浦刑事、剣客商売の秋山小五郎が好きでしたからweepもう見られないのでほんとに残念です。味のある、渋い役者でした。ご冥福をお祈り致しますweep

投稿: ヤスヒロ | 2010年3月 9日 (火) 21時26分

ヤスヒロさん、コメントありがとうございます。
過去にもいろいろと主水不在の「必殺シリーズ」はありましたが、一応バトンタッチ出来た東山氏を中心に続きが見れたらと思っています。出来ることなら昔の「必殺」を伝えられる人にゲストで出演して欲しいところですけど。

投稿: アサミ | 2010年3月12日 (金) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/47761398

この記事へのトラックバック一覧です: 中村主水こと藤田まこと氏について:

« プロ野球ドラフト会議2010① 巨人編① | トップページ | 「相棒8」 第7話「鶏と牛刀」感想 »