« プロ野球注目選手情報2010③ G原監督編 | トップページ | 映画「犬神家の一族 2006リメーク版」について »

プロ野球戦力分析2010① 巨人開幕時野手編

いよいよ来週に迫ったプロ野球セリーグ開幕baseball

ここで開幕時の巨人の戦力を分析予想してみたく思います。

あくまでもいちファンのコメントですので各選手のファンの方お許し下さいcoldsweats01

【オーダー】

1番 坂本選手 ショート:これは現在では故傷以外では不動でしょう。本来であれば盗塁王を争うような選手の起用がベストでしょうが、チーム構成上しばらく難しい状況です。ファームでセカンド挑戦中の橋本選手や藤村選手の成長を待ちたいです。

2番 松本選手 センター:原監督は新人長野選手と競わせ、左腕投手相手の時などに起用したいようですが、打席での粘りやセンターの守備を考えると長野選手の早打ちスタイルを殺してしまう危険も大きく、松本選手での固定を希望します。

3番 小笠原選手 サード:大田選手の脱落以降中井選手が候補者ですが、ライバルのレベルに無く故傷以外不動でしょう。可能性としては中井選手の打力が評価された場合のファーストでの起用があるかも。

4番 ラミレス選手 レフト:ファースト守備はあくまでも緊急避難用であり、ここも故傷以外不動でしょう。昨シーズンよりは試合終盤で長野選手にポジションを任せる事が増えそうです。

5番 亀井選手 ライト:巨人の戦力分析する上で評価が分かれるポイントでしょう。ただ昨年の実績でいくと立派な5番打者になりそうです。状況に応じて何でも出来るのが強味ですshine長野選手がスタメン出場時にはファーストに回る事になりそうです。

6番 エドガー選手 セカンド:昨年は古城選手を中心にやりくりしてきましたが、今年はどうやら固定出来そうですconfident守備も十分合格点のようです。あまり考え込まずに今の状態をキープして欲しいところです。

7番 阿部選手 キャッチャー:攻守ともに昨年復活を果たし、今期も順調な様子。フル出場も可能でしょうが、ここは相性等を考慮して2番手3番手捕手にもスタメン出場の機会を与えて適度なお休みを与えながらシーズンを乗り切って欲しいです。

8番 高橋由選手 ファースト:ここが一番競争の激しいポイントですcoldsweats02亀井選手も守る事が出来るためライト候補も含めた競争になっています。長野選手、中井選手、李選手、谷選手辺りで調子の良い者を起用していくのではないでしょうか。ポイントは原監督の言葉に「若手を育てるのではなく、強いチームに育てる。」とありますので、調子を第一に『ルーキー』や『2千本安打』のキーワードも大切にしながら起用していくような気がします。

こうして見ていくとオープン戦の早い段階からレギュラーメンバーでの調整が行われていた事がわかります。オープン戦らしいチャレンジも見られましたが、打者については故傷以外は安定した戦いが出来そうな布陣ですgood

次回は投手編です。

|

« プロ野球注目選手情報2010③ G原監督編 | トップページ | 映画「犬神家の一族 2006リメーク版」について »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

それにしてもほんと凄い打線ですねcoldsweats01アサミさんの予想通りこのオーダーの可能性が大だと思います。由伸もオープン戦で結果を残しましたしね。同学年の自分としては嬉しいですが、くれぐれも中日戦だけは打たないでほしいですね。今年はケガなくフルシーズン頑張ってほしいですね。あと一塁コンバートも注目です。ちなみなぜだか自分は亀井の存在を忘れてしまいますcoldsweats01ではまたconfident

投稿: ヤスヒロ | 2010年3月23日 (火) 20時56分

ヤスヒロさんありがとうございます。
高橋由選手はホントによく頑張ってますgoodしかし腰は疲労が溜まりやすい場所。本文で書いた通り谷選手や長野選手などと上手に併用してシーズン最後まで戦えるようにして欲しいですconfident
私自身は内外野守れる亀井選手を中心に固定した方が安定感が出ると思っています。怪我の多い選手なのでそこもポイントとなると思いますshine

投稿: アサミ | 2010年3月24日 (水) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/47865280

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析2010① 巨人開幕時野手編:

« プロ野球注目選手情報2010③ G原監督編 | トップページ | 映画「犬神家の一族 2006リメーク版」について »