« 「相棒」 ps1「刑事が警官を殺した?・・・」感想 | トップページ | プロ野球キャンプ情報2010① ジャイアンツ編① »

「相棒8」 第5話「背信の徒花」感想

鉄道ファンでもある私にはどうしても甘くなってしまう回train

暇だからなのでしょうが、相変わらずとんでもない所から捜査対象を発見する杉下警部coldsweats01

5年という時間を超えてどんどん捜査を進める過程は大きな無理も無くお見事でした。

最終的には「相棒」らしく別の犯人がいるわけですが、開き直った老人ホーム園長の演技が、また「相棒」らしく感じられましたwobbly

大きな意義のある事件ではなかったかもしれませんが、美しい景色の中の特命係の二人もめずらしく、なかなか良かったのではないかと思います。

今シーズンは神戸警部補デビューシーズンと言うこともあって、予想通りオーソドックスな展開が続いています。今シーズンは最後までこんな感じなのかなと思います。

脚本:徳永富彦
監督:橋本一

私はなかなか好きなコンビでしたconfident

|

« 「相棒」 ps1「刑事が警官を殺した?・・・」感想 | トップページ | プロ野球キャンプ情報2010① ジャイアンツ編① »

ドラマ「相棒」シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/47399825

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒8」 第5話「背信の徒花」感想:

« 「相棒」 ps1「刑事が警官を殺した?・・・」感想 | トップページ | プロ野球キャンプ情報2010① ジャイアンツ編① »