« プロ野球ストーブリーグ情報2009⑥ 巨人編③ | トップページ | 「相棒8」 第2話「さよなら、バードランド」感想 »

プロ野球注目選手情報2010① G山口投手編

いや~12月って改めて忙しい時期なのだと実感しています。ホントは球界の話題が減るこの時期に「相棒」や「映画」の感想なんかも書きたいんですけどなかなか。。。

横浜の積極補強が目立つストーブリーグですが、とりあえず今回は一歩離れて2010注目選手情報をお届けしたいと思います。

「巨人 山口選手」

越智選手、クルーン選手らと巨人の試合終盤を支えてきたのですが、原監督の旅先での先発転向発言以来、来期の先発挑戦が決定したようです。

もちろん他球団からするとあの堅い終盤の投手リレーが崩れる事に歓迎感すら伝わって来るとともに、巨人ファンからは不安感が聞こえてきます。私も来年だけに関して言えば、現状維持のほうが間違いないと思っていますが、山口選手の能力と可能性を考えると先発挑戦にも意義が感じられます。巨人は近年15勝を期待出来る日本人選手が不在であり、10勝が限界の状況です。やはり先発ローテーション投手とは15勝が期待出来る選手であって欲しいと思っています。巨人で可能性を感じさせてくれるのが山口選手であったという事でしょう。来年大成功を収めることが最良ですが、ここは再来年に期待をつなげる事が出来る辺りで合格点じゃないでしょうか。山口選手も既に覚悟を決めているようですが、安易な中継ぎ復帰はするべきではないでしょう。来年1年間の結果を見てから判断しても遅くは無いと思います。個人的には原監督の判断は正解と思っています。

ただし残りのリリーフ陣も成長が必要となります。

クルーン選手:ぜひラストイヤーを最良の年へとして欲しいです。

越智選手:再来年のクローザー就任に向けてレベルアップの1年にして欲しいです。

土本選手:新人ですが意外と結果を残しそう。期待してます。

小林選手:初年度は慣れるのに苦労しそうですが、豊田選手のようになって欲しいです。

では、また。

|

« プロ野球ストーブリーグ情報2009⑥ 巨人編③ | トップページ | 「相棒8」 第2話「さよなら、バードランド」感想 »

プロ野球:一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/47059938

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球注目選手情報2010① G山口投手編:

« プロ野球ストーブリーグ情報2009⑥ 巨人編③ | トップページ | 「相棒8」 第2話「さよなら、バードランド」感想 »