« 「相棒8」 第1話「カナリアの娘」感想 | トップページ | プロ野球ストーブリーグ情報2009⑤ 巨人編② »

プロ野球ストーブリーグ情報2009④ 横浜編

今年はホンキ度が違いますsign03

①尾花監督(元ジャイアンツ)招聘

 監督経験が無く、不振を極めるチームの立て直しには不向きなのでは?との指摘も多いのですが、投手陣の立て直しが急務なチーム状況には適格かと。投手コーチでもとの声もありますが、ジャイアンツでもそうであったように最終権限は監督にありますので、やっぱり監督でしょう。そもそも投手コーチのオファーなら引き受けないでしょうしcoldsweats01また、同じメンバーで指導者だけ変えても激変しない事は織り込み済みのようで以後の補強につながってます。相手球団に頭下げてまでの人事ですからホンキ度も高いと思います。

②清水投手(元マリーンズ)獲得

 年棒、年齢、FAなど考えると微妙ですが、戦力補強としてはもちろんAクラスsign03現実的には10勝程度でしょうが、15勝に届くようだとペナントの行方すら左右しかねませんwobblyハマの番長の負担もかなり軽減されそうです。

③橋本捕手(元マリーンズ)獲得

 エース級の投手を獲得したかと思えば今度は正捕手sign03こちらも限りなくAクラスに近い補強です。鶴岡捕手をトレードに出したかと思えば、相川選手をFAで失うという失敗を十分補いそうです。若手の細山田捕手らの成長にもプラスでしょう。

④坂元投手、稲田内野手、松山投手(元ファイターズ)獲得

 戦力的にはBクラスの補強ですが、チームに十分な競争意識と緊張感を与える事でしょう。坂元投手は手薄な中継ぎとして1年間1軍での活躍が見込め、稲田内野手については若手が多いチームに経験と競争意識をもたらしてくれそうです。

他にもファイターズで主力打者として活躍したものの交渉が難航しているスレッジ選手の獲得も目指しており、成功すれば村田選手、内川選手らと強力な打線が組めそう。さらにホークスを自由契約となった篠原投手とFAの藤井投手は貴重な左の中継ぎとして獲得検討しており今後も楽しみです。

これまでの情報だけでもかなり力の入った補強shine来年のシーズンが楽しみですbaseball

|

« 「相棒8」 第1話「カナリアの娘」感想 | トップページ | プロ野球ストーブリーグ情報2009⑤ 巨人編② »

プロ野球:一般」カテゴリの記事

コメント

またまたお邪魔致しますconfidentさすがに2年連続最下位とあって補強に力が入り本気度が違いますね。尾花監督は監督経験、采配がどうこうより、まずは投手陣の強化が最大の課題ですね。どう建て直すか非常に野球ファンとして注目します。清水は額面通りに活躍すれば怖いですね。coldsweats01坂元と稲田を軸とした加藤武とのトレードは驚きましたね。来年の横浜は今年のようにはいかないですねcoldsweats01中日は若手の底上げ、特に野手が出てこないと苦しく来季はBクラス間違いないですね。あて話変わって最近の落合監督の言動、行動、マスコミや他球団を敵に回すやり方は中日ファンとしても不信感を覚えてますangryこれだと来季、選手の士気、モチベーションが心配です。さすがにangry

投稿: ヤスヒロ | 2009年11月30日 (月) 20時42分

ヤスヒロさんいつもコメントありがとうございます。
たしかに横浜は来年は台風の目となる可能性を秘めています。要注意ですねbomb
落合監督に対する違和感は私も以前から感じていましたが、短く言うと不器用なのでしょう。今時のプロは本業以外でもいろいろ求められるので大変ですねcoldsweats01ただファンが一緒に歩めないのであるなら潮時なのでしょう。

投稿: アサミ | 2009年12月 2日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/46880520

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球ストーブリーグ情報2009④ 横浜編:

« 「相棒8」 第1話「カナリアの娘」感想 | トップページ | プロ野球ストーブリーグ情報2009⑤ 巨人編② »