« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

プロ野球ドラフト会議2009 各球団補強ポイントと指名予想②

前回の①では多くの方にアクセス頂き感謝しております。ありがとうございました。

ドラフト1ヶ月前になり、日々情報が更新されていますので、負けずにドラフト前日まで数回更新していきたいと思っています。

また、あっという間にジャイアンツの優勝が決まりましたmotorsports選手、関係者、ファンのみなさんおめでとうございます。シーズンオフにはチーム別に振り返ったりしてみたいと思っています。

では本題に

【北海道日本ハムファイターズ】

投手陣は、もはや球界の顔でもあるダルビッシュ選手を筆頭に安定した戦力。攻撃陣に目を移してもこれまたなかなかの安定度。高田前GM時からの補強上手が窺えます。あえて今後の補強ポイントを探すと稲葉選手に次ぐ日本人中心打者とダルビッシュ選手に続く若手主軸投手でしょう。チームとして旬をやや過ぎた感がありますので、投打ともにレベルの高い現有戦力への刺激となる選手が求められそうです。実際には高校生1位指名との情報もあり、準地元の菊池選手(花巻東)になるのでしょうが、メジャー希望や競合の関係もあり難しいところ。若手投手は頭数が揃っている事から、1軍ではいまいちピリッとしない中田選手への刺激として野手の指名がベターと思います。その場合、中田選手でも出場が難しい状況の内野手よりも、外野手の方が必要性認められ、堂林選手(中京大中京)なのかと思います。私的にはそれよりも、以前指名した長野選手と同等の評価を受けている清田選手(NTT東日本)がお薦めです。

【中日ドラゴンズ】

上記ファイターズ以上にチームとしての旬は過ぎた状況。しかし落合監督の見事な編成や起用によるチーム力の維持はさすが。ただチームとして強いだけでなく、引退する立浪選手やメジャーで活躍する福留選手、川上選手のような球界を代表する選手が求められているのではないでしょうか?ここはぜひ落合監督の思惑を超えていく若手の登場に期待したいところです。補強ポイントとしては捕手が一番でしょうが、ドラフト1位に値する選手もいないと思われますので、若手不在の左腕を優先すると菊池選手(花巻東)、藤原選手(立命館大)、山田選手(敦賀気比)あたりでしょう。競合も予想されますので、思い切ってアライバの後継者として今宮選手(明豊高)も良いと思います。私的には地元の堂林選手(中京大中京)を確保して欲しいのですが。

上位のチームはそれなりに戦力が充実していることと、2順目が遅いことから競合を避けた指名がありそうな気がしてきました。難しいcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ドラフト会議2009 各球団補強ポイントと指名予想9月①

早いもので9月も下旬、すっかりジャイアンツもマジックを減らしてしまって、記事が全く追いついていませんcoldsweats01

振り返ってみると、投手ではゴンザレス選手、木村選手、野手では亀井選手、松本選手の成長が大きかったと思います。前期の日本人選手3名がけっしてドラフト上位では無いことでもドラフトの大切さがクローズアップされていると思いますthunder

昨年の社会人選手に続き、今年は高校生最上位選手がメジャーリーグ希望を打ち出しつつありますが、年棒3~5億円が経営上限界のプロ野球では基本的に引き止める事は難しいでしょう。私は去るものは追わずの姿勢なので、野茂選手やイチロー選手クラス以外は一向に気にもなりませんので、マスコミにも過剰に取り上げる事の無いようにして欲しいです。現実、これだけメジャーのレベルが低下すると、もはやチャレンジでもなんでもないでしょう。ちなみに元ジャイアンツの柏田選手もメジャーリーグで勝利を挙げていますhappy01

前置きはこの辺にして、情報誌等も出揃った感がありますので、私なりの各球団の補強ポイントと指名予想をしたいと思います。

【福岡SBホークス】

投手陣は過去のドラフトで獲得した上位選手が一人立ち出来ていない印象。野手も若手に好選手がいるものの、主砲2名の高齢化は進んでおり、松田選手の他にも後継者が必要。どちらに重点を置くか難しいところですが、ダルビッシュ選手や涌井選手や田中選手に対抗する意味でも地元今村選手(清峰)では。

※野手については大改革予定の横浜を中心にトレードでの補強はいかがでしょう。

【横浜ベイスターズ】

とにかく首位打者と本塁打王がいて最下位という不思議なチーム構成。投手陣に目を移してもタレントはそこそこ揃っている状況。地元の星である筒香選手(横浜)を指名したいところですが、次世代のエース候補を優先し菊池選手(花巻東)でしょう。競合数次第ですが、私的には即戦力の観点から二神選手(法政大)をお薦め。

※上記同様ですが、出血覚悟のトレードで改革をアピールして欲しいです。

【東北楽天ゴールデンイーグルス】

岩隈選手、田中選手を中心に投手陣のレベルアップは進んでいる印象。早期に初のリーグ優勝を望むなら即戦力投手が近道も、若手が皆無な外野手の補強も進めたいところ。実際には東北の星菊池選手(花巻東)でしょうが、山崎選手の次の中心打者として筒香選手(横浜)や中田選手(亜大)をお薦め。

※新監督次第となりますが、積極的なトレードもあるかもしれません。

【東京ヤクルトスワローズ】

8月9月のまさかの大失速。高田監督の去就次第で全く先の読めない状況。連敗の原因が先発投手の不足にあるものの、大砲も不在。菊池選手(花巻東)の状況次第ですが、筒香選手(横浜)指名に踏み切りそう。

※高田監督のGMとしての実力は発揮されており、監督退任→GM就任に期待しています。

【千葉ロッテマリーンズ】

バレンタイン監督の退任も決まり、主力選手の高齢化が進むチームの立て直しが課題。今年は念願の外野手と地元選手を優先して欲しいところです。それでも菊池選手(花巻東)なのでしょうが、私としては地元眞下選手(東海大望洋)、清田選手(NTT東日本)の両獲りを目指して欲しいです。

※FAも絡み波乱含み。大きな戦力の入れ替えの可能性もあり。

【広島東洋カープ】

終盤驚異的な追い上げで3位争い中も、これ以上はコリンズブラウン監督では難しく思え、有力OBの招聘が良いかと思います。戦力的には比較的投打に揃っているものの、次世代主力打者の獲得が必要と思われます。こちらも菊池選手(花巻東)、今村選手(清峰)なのでしょうが、競合の関係もあり今宮選手(明豊)をお薦め。

※黄金期を支えたメンバーも指導者の年齢。ぜひ実力に加えて話題性も考慮のうえ選んで欲しいと思います。

基本的に私の予想は、各メディアやいろんな方のブログ等を参考にしたうえ、ハズレ1位の競合も検討して各球団地元選手を獲得出来るようにしてあります。実力はもちろんですが、各球団には地元の選手を優先して欲しい思いを込めていますbaseball

| | コメント (4) | トラックバック (1)

豊田さん、そりゃないよ

私の愛読書である「週刊ベースボール」に「豊田泰光のオレが許さん!」なるやや時代錯誤なコーナーがありますが、あんまりな事が多いので

「豊田さん、そりゃないよ」と題して感想を書いていこうと思います。

まず毎回の事ながら思うのは

①指導者経験の少なさから来る是非

②現場から離れた期間が長すぎることの是非

③そして物事を表面的に捕らえることの是非

今週の記事に関して言えば

①高橋尚選手の4回0/3での交代は最悪

 本当にそうでしょうか? 4回まで5安打3四球だけでは確かに微妙ですが、すでに高橋尚選手は成長を期待する年齢でもなく、ここ数年の不安定な投球は衰えでもあります。昨年から多くのジャイアンツファンは中継以降の選手への期待値の方が高い事実もご存知なのでしょうか?

 ちなみに「最後に使える左」などと思ってるジャイアンツファンは何割いるでしょうか?

②甲子園決勝戦の主役は金属バット

 私もそう思いますよ、内心。その事と最終回まで諦めずに戦う姿勢を見せた日本文理の姿に感動したファンを結びつけ「野球ファンではない」と言い切る配慮の無さにはもはや言葉を失いそうになります。

 その配慮の無さが現役引退後の活躍の場を狭めてしまったと思えてなりません。

 最終的には問題をNPBに丸投げされていますが、自分で何かしようとは思えないのでしょうか?ファンとは違い元選手、完全に外野という訳でも無いでしょうに。今やっている事は私達と何ら変わりません。

 

いつかと思っていましたが、ついに書いてしまいました。

居酒屋での愚痴やブログとは違うのですから、文章にする前に当事者へ取材したり、自分なりに理解する努力をして頂きたいものです。

 続きを書く機会が来ない事を望んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »