« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

好調な打線に助けられました。 ジャイアンツ 5/25現在

ホント好調な打線に救われた4連戦coldsweats01

戦力分析上は本来の戦い方でもあるのですが。

5/22 対Gイーグルス戦 2対12○ 坂本選手の先頭打者HRと李選手の2本のHRにて勝負ありましたhappy01期待の松本選手も3安打と好調維持shine開幕から打ち続けているラミレス選手に疲労が見えますけど、連戦も少ないのでしっかり疲れを取って欲しいですconfidentゴンザレス選手の安定した投球もお見事good久保選手を登板させる余裕もありましたが、久保選手自身のためにはもっと登板機会のあるチームへの移籍も必要なのではと思ってしまいましたthink

5/23 対Gイーグルス戦 1対7○ ようやく内海選手に初白星shineWBCもあって苦労もしましたけど、きっと今後に生きるはず。打線は平均的に打ってる中で、1塁手と2塁手の不振が目立ち過ぎですdespair李選手は好調が続かず、2塁手にいたっては誰が出場しても厳しい状況。今後の補強のポイントとなっていますが、せっかくの育成方針ですから1塁手に田中選手と2塁手に藤村選手が育ってくれると理想ではないでしょうかsign02

5/24 対バファローズ戦 8対6● 開幕から頑張ってきた東野選手と福田選手には踏ん張り所です。二人ともまだまだ9回投げ抜く力は不足していますが、強力なリリーフ陣がいるのですから思い切って投げて欲しいと思いますconfident木村選手にはもっと登板機会を与えて欲しいと思いますcoldsweats01打線は相変わらず好調ですが、相変わらず2塁手が蚊帳の外ですsad

5/25 対バファローズ戦 2対6○ 高橋選手はなんとか先発ローテのピッチングが出来ています。今年は我慢して頼るしかないようですcoldsweats01打線は相変わらず活発ですが、李選手に快音は聞かれませんでしたdespair脇谷選手はなんとか仕事の出来た一日だったので、ぜひ続けて欲しいものですconfident

それにしても交流戦(実際にはすでに結果が出てますがcoldsweats01)のホークスの強さといったらホント予想外happy02準地元の私としては嬉しいのですけど、ホントの強さか難しいところです。実際今期のホークスには結果は求めずに、新生秋山ホークスのスタイルが見えれば程度にしか思っていなかったもので。まだまだこれからではないかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラフト2009 ジャイアンツ1位指名は決まりですね。

マスコミ報道の通り、ドラフト会議の1位指名は長野選手(予定)happy01

その賛否は別にして、ドラフト1位候補の強いジャイアンツ志望は久し振りであり、今後のドラフト対策の一環としても外せないところですcoldsweats01

今回は、その賛否ではなく、入団を想定してジャイアンツの外野手を中心とした野手陣の今後を考えてみました。

現在の優先順位として

①ラミレス選手

 今期のこれまでの成績を考えても、来年の契約続行は間違いなく思われます。

 急激な打撃成績の下降もしくは守備の衰えが無い限りはレフトで決まりです。

②亀井選手

 今期はWBC(ほぼリザーブ扱いでしたがcoldsweats01)を経験しひと回り大きくなって帰ってきました。

 インパクトの無さも克服しつつあり、十分スタメンを務められる存在に。

③高橋由選手

 これまでの功績から優先順位③としましたが、故障箇所は深刻のようで、今期限りでの引退→2軍指導者なりが順当かと思います。

④谷選手

 年齢的な衰えは当たり前であるが、スタメンが少ない事が結果として良い成績につながっていると思います。ただし、スタメンフル出場は難しいと思われ、現在のような半スタメン&代打の切り札として残ってくれればと思います。

⑤松本選手

 坂本選手は別にして、今期一番とも言える成長株shine両打ちではないものの、完全に鈴木選手と被る存在coldsweats01ただし、打席での粘りやハングリー精神は非常に評価出来るものがあり、優先順位⑤としました。

⑥鈴木選手

 上記の通り、今期は完全に松本選手にそのポジションを奪われた格好despairただし、これは一過性のものではなく、故障の多さや打席での粘りの無さがマイナスとなったものであり、このままでは厳しい状況が続きそう。

⑦工藤選手

 上記2名と似た俊足好守の選手であり、2名よりは多少打撃に力感があるのと、経験が勝っている印象。二岡選手や林選手を放出してまでの獲得に疑問もあったが、今やそれなりの位置を確保しつつある。あとは同タイプの選手との競争に勝ち残るか、より出場機会のある新天地を求めるかだと思います。

⑧田中選手(2軍)

 今年のオープン戦の印象では、既に打撃だけなら1軍でも通用する可能性を感じました。ただ現在の外野手陣は非常に強力であり、出場機会の増加のためにも早く一塁手としての守備力を身につけて欲しいです。

⑨橋本選手(2軍)

 今年の高卒新人ながら既にファームのレギュラー格goodドラフト会議時に、なぜ地元楽天は上位で指名しないのかと思ったくらい期待していましたが、期待以上の働きですshine体力面での強化が済み次第1軍での活躍が見たいのですが、同タイプの選手が1軍に多く在籍していますので、今年は2軍でパワーアップを図って欲しいです。

この他にも加冶前選手や隠善選手に矢野選手などの1軍経験者も控えており、久し振りの充実度となっております。

 このように非常に充実している状況での長野選手指名ではありますが、ラミレス選手の後継と考えれば、他に候補者も無く思われ良いのではないでしょうか?

 ただ選手にとって見れば、やはり出場機会が無ければ新天地を求める選手もいるでしょうから、谷選手、鈴木選手、工藤選手、加治前選手、矢野選手あたりからトレードの話しが聞こえてくるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

投手陣崩壊、交流戦連敗スタート ジャイアンツ 5/20現在

ペナントレースの行方を大きく左右してしまう交流戦がいよいよスタートbaseball

過去にジャイアンツは良い結果も悪い結果も残しているだけに、せめて5割の勝率は残して欲しいと思いますconfident

5/19 対ファイターズ戦 16対6● 完敗ですねwobbly得点はともかくここまで失点してはいけないでしょう。野球人の中には大きく負けて小さく勝っていくのが良いと言う方がいて、私も一理あると思うのですが、興行面を考えるとやはり当日の観客に失礼でしょう。失策絡みとはいえ、高橋尚選手、西村選手、福田選手でこの結果では。3名ともある意味ギリギリのラインの選手なのですから今後挽回して欲しいです。特に西村選手には完璧に中継ぎをこなして、先発陣へくい込んで欲しいと思っているのですけどthink

5/20 対ファイターズ戦 6対5● 結果的には連敗も1点差の好ゲーム。とにかく安定しないグライシンガー選手はローテを1回飛ばす必要性を感じるほど悪い内容。しばらく我慢ですsad最終回にピンチは作ったものの無失点で切り抜けたM中村選手には、そろそろ本来のピッチングを期待したいところですconfident攻撃面では5回6回7回の3イニングがもったいなかったです。ベンチワークであと1点はとれていた展開。とにかくリリーフ陣は強力なのですから、ビッグイニングではなく小刻みな得点を目指す事が必要なのではないででしょうかcoldsweats01

交流戦は最悪の連敗スタートとなってしまいましたが、さすがにファイターズは強いですねbearing打線好調時にあたってしまったとはいえ、選手補強のバランスの良さを感じますshineシーズンオフのトレード相手としては仲良くしていきたい球団ですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手カープに上出来の2勝1分 ジャイアンツ 5/17現在

苦手カープに苦戦は覚悟していましたが、どの試合も微妙でcoldsweats01

全体的にもう少し確実な攻めを選択して欲しいですbaseball

5/15 対カープ戦 2対5○ 今やエース格のゴンザレス選手goodホント助かりますhappy01山口選手と越智選手も2年連続の活躍に頭が下がりますconfident打線は4回の集中打のみでしたが、それで十分でしょう。願わくば下位打線に当たりが出てくると得点力もアップするのですがcoldsweats01

5/16 対カープ戦 0対0△ 内海選手復活の好投happy01あとは打線の援護に恵まれるようなテンポ良い投球を心掛ければ今後に期待出来ますnoteリリーフ陣も毎度の事ながらお疲れ様でしたcoldsweats01打線では久し振りのスタメン鈴木選手の今年の不調と元気の無さが残念。どうしても粘り強い松本選手と比べると見劣りしてしまいますdespairあと、1点を争うゲームでは亀井選手や阿部選手のように打撃に期待の出来る選手でも犠打で走者を進めることが必要だと思いますbaseball

5/17 対カープ戦 1対2○ 東野選手は7回を投げ、リリーフ陣に乱れがあり勝ち星はつきませんでしたけど、まずまずの内容confident打線は今期絶不調の脇谷選手の一発とラッキーな得点で勝ちましたが、あとは松本選手の3安打が目立つくらいwobbly序盤のように得点圏でのチャンスを逃し続ける事は先発投手に過度のプレッシャーを与えるので避けて欲しいですthink

夏の甲子園に向けて、そろそろドラフト情報も増えてきています。

今年もドラフト予想を楽しみたいと思っていますので、みなさん一緒に予想してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好調な打線でまずまずの3連戦。 ジャイアンツ 5/14時点

またもやベイスターズ3連戦。先日対戦したばかりで状況にも変化がない事から前回と似た展開。これで投手力アップ(新大魔神誕生など)したらベイスターズも強力なライバルとなりそうですcoldsweats01

5/12 対ベイスターズ戦 3対5○ 期待の中井選手スタメン出場も3三振weep結果以前の問題として、ファームでも守備機会のないセカンドでの出場には反対です。現状では小笠原選手か李選手を休ませての先発出場がベストではないでしょうか。またサムライジャパン亀井選手を抑えて先発出場の松本選手は2安打1四球と大活躍happy01スタメン2番を定位置としたいところです。李選手も今年はなんとか大丈夫そうですconfident投手陣では高橋尚選手が試合をを作り、リリーフ陣がどうにか締めました。

5/13 対ベイスターズ戦 9対8● 今日の先発福田選手は3四球で自滅wobbly西村選手も踏ん張れずdespairそれよりも最終回の豊田選手の内容を見ると投手にヒットを打たれ、満塁策の後の死球ではこのような場面では投げさせられませんsad同点でもあったし山口選手か越智選手の起用が適当であったと思います。攻撃陣はまずまずも、結果の出ない脇谷選手のセカンドにはしばらく守備職人を配置するしかないのかと思います。

5/14 対ベイスターズ戦 5対9○ 序盤からの大量得点で快勝happy01さすがにこの打線は4番がノーヒットでも下位打線がつながると得点力あります。ただし先発グライシンガー選手の不安定さは相変わらずであり、シーズン後半へ不安を残していますdespair

大味な試合が続きましたが、ベイスターズ打線相手となると仕方ないのかもしれませんhappy01

シーズン中ですが若手先発投手の育成と、2塁手の育成が急務なようですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »