« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

今シーズンのライバルは竜ではなく燕? ジャイアンツ5/10時点

終わってみれば3連勝baseball

5/8 対ドラゴンズ戦 4対10○ 序盤からの攻撃陣の小刻みな得点で勝利も、10安打4失点のグライシンガー選手はしばらく不安定な投球が続きそうsad打線は粘っこい2番松本選手の影響かつながりが見られますshine既にレギュラークラスのサムライ戦士亀井選手には現状に満足せずに坂本選手を追い越すつもりでプレーして欲しい。簡単にフライを打ち上げる傾向にあるので叩きつけるバッティングを心掛けて欲しいところですthink

5/9 対ドラゴンズ戦 1対3○ ゴンザレス選手の見事な投球に尽きますhappy01とても開幕2軍とは思えない投球。いなかったらと思うとゾッとするほどcoldsweats01この調子でいけるとこまで頑張って欲しいですshineまた山口選手と越智選手の投球にはある程度の安心感があり、クルーン選手退団後にも不安を感じさせないものがありますgood打線はまたもやチェン選手に苦しめられたわけですが、立派に成長したチェン選手相手では仕方ない面もあるのかと思いますcoldsweats01

5/10 対ドラゴンズ戦 7対8○ 東野選手にはローテーションの一角を担って1年乗り切って欲しかったのですが、まだまだ心と体の両面でスタミナ不足なようですweep普通の投球でもある程度の成績を残せるレベルにあると思うので、ここは内海選手のようにリフレッシュを兼ねて調整期間を設けたほうが良いのではと思います。代わりは2軍に自称絶好調の野間口選手もいますしhappy01打線は活発ですshine小笠原選手やラミレス選手のベテラン組みには適度な休養を与えつつ調子の維持に努めて欲しいですbaseball

何気に3連勝でしたが、どうもドラゴンズが昨年までと違って見えます。いや、選手の入れ替わりはあったものの、選手が頑張っているのが分かるのし、実際強いのですがthinkどうも昨年までの余裕が感じられないのは戦力ダウンの影響からでしょうか。正直今はスワローズが当面のライバルかなと感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一歩間違えると3連敗 ジャイアンツ 5/7時点

タイトルの通り、まずい戦い振りで3連敗もあった展開coldsweats02

まずは首位の今だからこそコツコツと行きましょうcoldsweats01

試合の前半ではビッグイニングを意識せず1点を取りに行く采配をsign03

5/5 対ベイスターズ6対4● 1回、3回、4回のチャンスで2点では投手の負担が増すばかり。効率良く得点する采配を望みます。東野選手は初めてのローテ投手でしょうから、今が頑張り所confident捕手には勝負一辺倒ではなく、試合に勝つリードを望みます。リリーフの野間口選手には打たれる事を恐れずに腕を振って欲しいです。M中村選手は自信を取り戻すまで時間が必要なようです。後半の淡白な攻撃も反省材料です。

5/6 対ベイスターズ2対3○ 調子も下降線?と思わせた坂本選手の一発でサヨナラ勝ちcoldsweats01ホント今年の急成長は予想以上happy01打線は出塁するもののあと1点が取れない展開。点は取れるときに取っておく采配を。セカンドはしばらく弱点となりそうですねweep高橋選手は何とか合格点ですが、それにしても山口選手が今年もなかなかの状態を維持してくれている事はホント助かってますshine

5/7 対ベイスターズ3対7○ 8回怒涛の攻撃で逆転勝ち。ただし終盤まで敗色濃厚な展開。本日も福田選手はそこそこの内容。交流戦でも先発任せてみても面白いと思うんですけどねhappy01李選手の復活は心強く思うのですが、期待の中井選手の出番を考えると複雑です。ただポジションは奪うもの。小笠原選手か李選手を休ませるくらいのバッティングが必要ということでしょうconfident

対戦相手のベイスターズですが、成績ほど悲観することもないと感じています。もちろん投手陣の層の薄さは大胆なトレードにて補強の必要ありと思いますが、本塁打王に首位打者がいるんですから。ぜひとも積極的な投手陣補強に期待したいと思いますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009 ジャイアンツ 5/4時点

幸運にも助けられた4月も終わり、試練の5月スタートですcoldsweats01

5/2 対タイガース戦 5対6○ グライシンガー選手が8安打と打たれまくりながらも自責点3で踏ん張り、山口選手と越智選手のコンビにて逃げ切りましたcoldsweats01 攻撃陣では1番起用の好調継続中の谷選手が結果を残し、これまた絶好調中の坂本選手が試合を決めましたgoodこれは完全に主力の働きでしょうhappy01 一方ベテラン木村拓選手の不調(衰え?)は承知の上なのでしょうが、それなら脇谷選手を起用して欲しいところです。また2軍からの昇格組み小田嶋選手の起用ですが、確かに2軍での成績は1軍昇格に値するものと認められますが、過去に1軍定着出来なかった事実は重いと思います。ここは左ではありますが同じ2軍で成績を残している田中選手の起用の方がチームの将来のためにもプラスと思います。

5/3 対タイガース戦 0対4○ ゴンザレス選手の日本再デビューは上々の結果shineホントいてくれて助かりましたcoldsweats01 開幕投手陣のうち高橋尚選手、内海選手が不振の状況、そして外国人選手のうちアルフォンゾ選手、李選手の不振とクルーン選手の故障もあって、今後は十分ローテの一員として活躍して欲しいところです。山口選手、越智選手はホント毎日ご苦労様ですconfident 打線では1安打ですが2回の出塁を果たした松本選手を一番に固定して欲しいです。 また、今のうちに小笠原選手、李選手、阿部選手の休養とミニキャンプを実施しなければ、秋口に後悔することになる予感がしますwobbly

5/4 対タイガース戦 6対0● 結果的には内海選手の2軍落ち前最後の登板となってしまいましたweep もともと剛球投手でもなくキレで勝負するタイプですからWBC後遺症による調整不足の状態では厳しいのかもしれません。ここは2軍でミニキャンプを張り、納得の行く状態で1軍に戻ってきて欲しいものですthink 打線に関しては左右を気にし過ぎです。1番松本、2番脇谷で固定して、亀井選手と谷選手の併用も割り切るしかないでしょう。そしてファーストについては李選手でもなく小田嶋選手でもなく田中選手を起用して欲しいと思います。

今後を考えてポイントを

1.鈴木選手は打てないなりの1番打者の役割を再確認して欲しい。

2.李選手へのこだわりはチームバランスの崩壊と低迷を招く可能性あり。

3.WBC組みには早期に休養を与えないと結局低迷する可能性大。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009 ジャイアンツ 4月終了時

いよいよ開幕時の好調にも限りが見え、戦力の見直しが必要な時期。原監督の選手起用には定評があるところですが、成績の良い今だからこそ期待の若手起用を希望しますscissors

4/28 対カープ戦 5対0● 内海選手KOで完敗。ここまで打線の援護が無いのは偶然ではなくピッチングのリズムなどにも問題ありそうですweep 攻撃は走塁ミスもあって非常に淡白な物となってしまいました。 メンバー的に仕方ないのかとも思いますがthink

4/29 対カープ戦 2対0● 前日とは違い東野選手の粘りで接戦でしたが、本日も淡白な攻撃に終始し、特に5回以降はノーヒットとひどい状況crying 打線の組み替えも必要な時期でしょう。

4/30 対カープ戦 4対7○ 福田選手は6回が限度ですが、非常に粘りの投球を続けていますhappy01 本日は脇谷選手、小笠原選手が各4安打と爆発しましたが、ポイントは1番松本選手と思います。あの粘りと一生懸命さが伝わる働きは良い感じですgood私はしばらく1番固定でお願いしたいですscissors

4月を終え予想以上の好成績。原監督の選手起用も上々ですが、今後を見据えて希望のオーダー(5月上旬限定)作ってみましたhappy01

1 松本   ライト

2 脇谷   セカンド

3 坂本   ショート

4 ラミレス レフト

5 亀井&谷 センター

6 田中   ファースト

7 中井   サード

8 星    キャッチャー

かなり思い切ってますけど、もちろんWBC以来お疲れの小笠原選手と阿部選手に完全休養と調整期間をというのが狙いです。あと李選手には再調整期間を与え、その間に田中選手を起用して欲しいです。

投手陣では

先発 グライシンガー、東野、福田、ゴンザレス、西村健

中継ぎ 豊田、M中村、古川、野間口、深田or木村正

勝ちゲーム 越智、山口

こちらもWBC後遺症に悩む内海選手には再調整頂き、又不安定な高橋尚選手にも再調整頂く感じです。越智選手は登板過多にならぬよう注意してクローザーに育てて欲しいですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009 ジャイアンツ 4/26時点

いよいよ週末にはクルーン選手が1軍から消え、残されたリリーフ陣も疲れ果て、野間口選手は交通事故と投手陣崩壊の予感wobbly 

それでは一週間を振り返り

4/21 対スワローズ戦 0対4○ グライシンガー選手の好投につきますが、鈴木選手と亀井選手の2安打と坂本選手の3安打も光りますshine 李選手の1安打ながら2四球と久々に貢献。この調子だと安心して任せられんですがcoldsweats01

4/22 対スワローズ戦 2対3○ 内海選手も6回1失点と試合を作りましたが左のエースと呼ばれる選手としては物足りない結果despair リリーフ陣に助けられましたcoldsweats01 攻撃陣はスタメン起用の脇谷選手の2安打、4番ラミレス選手の3安打と坂本選手の2安打が光りますshine

4/23 対スワローズ戦 1対2○ 東野選手は十分合格点。 疲れの見えるリリーフ陣もなんとかcoldsweats01 攻撃陣ではスタメン起用の谷選手がさすがの2安打good ただし1番鈴木選手はこれ以上淡白な打席が続けば松本選手の起用も必要に思えます。

4/24 対ドラゴンズ戦 3対2● 先発福田選手はまずまず。これでしばらく先発ローテは確保と思われますhappy01 リリーフ陣にはハッキリと疲れが見えますので、負け試合での若手起用が必要と思われます。 攻撃陣では相変わらず1、2番が機能せず、1打席で結果を残す松本選手が頼もしい限りですshine

4/25 対ドラゴンズ戦 4対5○ 高橋尚選手が我慢の投球で試合を作り合格点happy01 しかし疲れの見えるリリーフ陣が終盤つかまり万事休すwobbly そこで代打亀井選手の起死回生の逆転サヨナラHRsign03 この日も好調谷選手との併用のためスタメンを外れていましたが、相手リリーフエースからの一打に成長が見られます。やっぱり侍ジャパンの一員shine ただし投手陣に関しては、先発、勝ち試合、負け試合の役割分担を明確にしないと、疲労が故障へとつながりかねない状況ですcoldsweats01

4/26 対ドラゴンズ戦 8対0● 今季初の完敗、ワンサイドゲームでしたwobbly このような試合が年間数試合ある事は仕方ないのかもしれませんが、やはり観戦するファンにはショックです。采配を含めて序盤から1点を奪いに行く姿勢が改めて必要であると思いますthink この敗戦の中でも坂本選手の3安打はお見事。1年間適度な休養を取りながら調子を維持していって欲しいですgood

開幕から頑張っていたリリーフ陣に疲れが見え、今後に不安を覚える内容でした。大胆な戦力入れ替えも必要な時期に来ている気がしますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »