« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009 ジャイアンツ 4/19時点

ますますチームは絶好調note

ただし先発投手陣の不安定さも相変わらずで、数字ほど独走体勢とも思えませんcoldsweats01

4/15 対スワローズ戦 2対6○ グライシンガー選手は10安打を浴びながらも要所を締めるピッチング。抜群の安定感です。2番手豊田選手の好調さが終盤の強さにつながっています。攻撃陣では一番定着の鈴木選手と5番での起用の亀井選手が2安打。阿部選手が大当たりの3安打。坂本選手も相変わらず好調キープです。

4/16 対スワローズ戦 6対2● 内海選手の5回途中KOは残念でなりません。初勝利は遠いですcrying 2番手栂野選手は決め球に欠き2軍降格。2軍で先発完封出来る状況目指して頑張って欲しいです。 打線に関しては2本のホームランを放った小笠原選手とマルチ安打の坂本選手以外は抑え込まれてしまいましたが、まあ好投手相手では仕方ないのかもしれませんcoldsweats01

4/17 対ドラゴンズ戦 3対5○ 先発東野選手いきなりKOかとヒヤヒヤしましたが、なんとか勝ち投手にcoldsweats01 リリーフ陣が充実している今のうちに勝利を重ねて欲しいですsmile 打線はラミレス選手と李選手の3発のホームランにて効率よく得点しましたが、やはり良い投手相手だと苦戦しますwobbly

4/18 対ドラゴンズ戦 2対3○ 先発福田選手は適度に荒れた球が落合監督と相性良く好投。勝ち星こそ付きませんでしたが、先発としては十分合格なピッチングでしたhappy01 打線も攻めきれず、伏兵寺内選手の決勝ホームランで勝ったものの相変わらずの接戦ですwobbly

4/19 対ドラゴンズ戦 5対6○ 先発高橋尚選手が3回KOwobbly 偶然とも思えず、5月早々にも配置転換が必要な場面が来そうですsad 打線はスタメン起用の松本選手が結果を残せず残念でしたが、小笠原選手と坂本選手の猛打賞などで勝利しましたhappy01 

大きく勝ち越しましたが、どれも内容は僅差であり、リリーフ陣の調子いかんでは今後の苦戦も予想されますcoldsweats01 今後はリリーフ陣が好調なうちに、東野選手や福田選手、また西村健選手や野間口選手を先発投手として育てる必要があるでしょう。 攻撃陣では李選手やアルフォンゾ選手の調子いかんでは、中井選手や田中選手を起用していく必要があるのではと思いますscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツ 開幕9試合経過時感想

本日のドラゴンズ戦は相変わらずの接戦coldsweats01 力を着けてきた寺内選手のプロ入り第1号ホームランによる決着は嬉しい結果でしたhappy02 今後もこつこつと頑張って欲しいですscissors

4/10 対タイガース戦 5対6○ 内海選手は相変わらずの不安定な投球wobblyWBCでの調整不足なのか実力なのか微妙なところです。 ただし後続の投手陣は豪華な布陣で、あとは起用の順番だけかなと思います。 攻撃陣は1番に戻った鈴木選手が機能したものの中軸に当たりが少なく、鶴岡選手の2発に救われた試合でしたcoldsweats02

4/11 対タイガース戦 1対4○ 東野選手は立派にローテの一員として責任を果たしていますgoodまずは10勝目指して頑張って欲しいですshine 攻撃陣ではベテラン谷選手と木村選手の頑張りが目につきますhappy01

4/12 対タイガース戦 6対6△ 先制はしたものの高橋尚選手と栂野選手が早々に失点して乱戦にwobbly栂野選手はウイニングショットを身に着けないと厳しいのかなと思いますdespair 後続は頑張ったものの、坂本選手のエラーから逃げ切れずに引き分けとなりましたweep 越智選手、山口選手の2年連続の頑張りは助かってますし、ベテラン豊田選手、藤田選手も元気ですnote 攻撃陣は李選手のお目覚めsign02の一発が効きました。 ただし相変わらず2番は固定出来ていませんcoldsweats01 途中出場の松本選手がしっかり1安打記録していますshine

やはり先発投手陣に不安を覗かせた3連戦でした。 李選手かアルフォンゾ選手に固定化出来れば、ゴンザレス選手を先発投手として起用したいところなのではないでしょうかbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツ 開幕6試合経過時感想

開幕3連戦もつかの間、仕事の忙しい間に12試合も経過していましたcoldsweats01

数字で見れば、12試合経過して7勝3敗2分と立派な数字ですshine

先発ローテも確定できない状況で、しばらくは厳しい戦いを予想していましたが、運にも助けられまずは一安心happy01

では遅くなりましたが横浜3連戦の感想を。

4/7 対横浜戦 1対5○ 高橋尚選手は予想外の好投。継投も決まり勝ちパターン。打線では亀井選手・鈴木選手の1・2番は機能せず、ラミレス選手の好調振りが目立つ状況。代打で松本選手がしっかり1安打記録しているのが嬉しいところですflair

4/8 対横浜戦 1対12○ 福田選手が打線の援護にも助けられ、適当に荒れた投球で好投。ローテに残れるかは次回登板に注目。打線では1番復帰の鈴木選手が本領発揮の4安打と疲れているはずの小笠原選手の2本のホームランで快勝。先発出場の谷選手もさすがの2塁打2本。アルフォンゾ選手と坂本選手にもホームランと打線は組み替え効果あり。

4/9 対横浜戦 2対9○ グライシンガー選手は本領発揮。今年も頼れるエースです。打線はアルフォンゾ選手と李選手以外は活発でしばらく期待出来そうです。何よりも実績ではなくコンディションを優先したWBC方式の選手起用が当たっていますgood

横浜には開幕3連戦の不安を解消して頂いて助かりましたが、その戦い振りから心配もしていたのですが、その後の戦い振りを見てると村田選手の復帰を楽しみに待てる状況なのではないかと安心しました。逆に村田選手復帰後は簡単には勝たせてもらえないという事なんですけどcoldsweats01

WBC等ではパリーグの選手の存在感が高かったので、ジャイアンツ含めセリーグ各球団の選手の奮起に期待していますsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャイアンツ開幕3連戦感想(下)

では続きを

投手ではグライシンガー選手に関して言えば相性の悪さもあるので今後の登板にも心配は無いと思います。

内海選手もWBC帰りですが、野手陣ほど不安も見えず今後に期待できます。

東野選手はこれで今期のローテを確実なものと出来たと思うので、10勝目指して頑張って欲しいです。

越智選手と山口選手には昨年の疲れと実質2年目のジンクスを感じてましたが、十分期待出来る投球。今後は疲労に注意して起用して欲しいものです。

栂野選手も起用に応えています。福田投手の不調時には先発起用も十分ありです。

M中村選手については移籍後の緊張もあったのでしょう。オープン戦からの落ち着いた投球を取り戻せば今後には期待できそうです。

問題はクルーン選手。オープン戦ではカーブの習得にも熱心で期待していたのですが、それとノーコン病は無関係でweep今後の結果次第では配置転換も必要でしょう。

今後を考えると、最後を越智選手、その前をM中村選手と山口選手、さらにその前をクルーン選手と豊田選手と藤田選手といった方が安定感が出るのかなと思います。

最後にこの3連戦を一部テレビ観戦しましたが、WBCの影響を感じました。それはレベルの高いプレーを見たことにより、以前と比較して打てない事はそこまで気にならず、レベルの低い守備などで失点する事の方がストレスを感じるようになった事です。ジャイアンツに置き換えるとやはり外野の守備力はもちろん、確実にダブルプレーの取れる布陣が必要に思えます。そこで今後を考えると

1塁 田中選手。

2塁 中井選手、藤村選手。

3塁 やっぱり大田選手。

外野 橋本選手。

を各ポジションのスペシャリストとして2軍で鍛えて欲しいです。

何はともあれ次の3連戦に期待ですbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツ開幕3連戦感想(上)

一言で言えばカープは状態良いな~とcoldsweats01

投手陣は層の薄さも見え、夏場以降に不安も感じられますが、野手陣のキビキビとした動きは気持ち良いものがあります。

ただ、ホームランを打たれておいてなんですが、シーボル選手の打撃には穴が見受けられるので今後に不安も無く、栗原選手に続く打者が現れない事には上位進出は厳しいのかなとも思いました。

本題に戻ってジャイアンツですが、正直最悪でも1勝2敗と思っていたので残念な結果ではありましたが、昨年とは違ってチームの状態はそこまで悪くなく、個人的にローテーションも先発メンバーも不満は無いので今後に期待です。

ではここでは主な選手の評価を

1番 亀井選手 単純に1番ではなく、3番辺りが適任かと。(現状では2番)ただしWBCを経験し自信を持ってシーズンに臨んでいるので期待は出来ます。

2番 鈴木選手 単純に2番ではなく、1番が適任。細かい役割よりも1番で自由にプレーさせた方がチームのためでもあると思います。

3番 小笠原選手 WBCの疲れは隠しようも無く、次の6試合の結果次第では休養を兼ねて2軍調整させ、中井選手の3塁起用を希望します。

4番 ラミレス選手 結果を残しており申し分なし。ただしWBC明けの3連戦で感じたことがあるので後に述べます。

5番 李選手 まだまだチャンスに答えられないシーンも多いのですが、状態は決して悪くないのでしばらくは5番を任せる事が出来ると思います。

6番 阿部選手 こちらもWBCの疲労を感じさせます。小笠原選手同様2軍での休養を兼ねた再調整の機会を与える事が終盤に生きてくると思われます。こちらは星選手起用でフレッシュさを出すのも良いと思います。

7番 坂本選手 常にひとつ上のプレーを心掛けてくれれば文句なしです。

8番 セカンド アルフォンゾ選手の守備ではリスクが多いらしく早くも不安定。ここは守備力重視の起用で。木村拓選手や寺内選手に2番を任せてみるのも良いと思います。

特筆すべきは松本選手と谷選手の調子の良さ。起用しなければもったいないhappy01松本選手は結果が出ない時の鈴木選手の代わりとして、谷選手は相性次第で亀井選手の代わりで。

1松本⑨ 2寺内④ 3亀井&谷⑧ 4ラミレス⑦ 5李③ 6坂本⑥ 7中井⑤ 8星②

一部イースタン風ですがcoldsweats01

なかなかフレッシュで良い感じと思います。

以下(下)に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »