« 必殺仕事人2009スペシャル感想 | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ(大田)編 »

「相棒 劇場版」感想

 「相棒 劇場版」

 「相棒」が映画化されると言うだけで、何か長い努力が報われたようで、ただただ嬉しかった事が思い出されます。

 「特命係」とは捜査の主役では無いので、大掛かりな「劇場版」にあった題材なのかと不安も覚えましたが、結果だけ見れば大成功であった事は間違いありません。

 私は劇場で1回、DVDで1回見ただけですが、多くの方とある部分同じ感想を持ちました。
 ただ、その結論は違ったものでした。
 確かに一般映画ファンもしくは浅い「相棒」ファン向けに作られた事は間違いないと思いますが、それは「劇場版」の宿命であり仕方が無いこと。その中ではまずまずの内容だったのではと思います。

 確かに多くの方が指摘されているように、前半の犯行シーンが短いために後半になるとそのことを忘れてしまいそうになった事も事実であり、大掛かりな割には意味の薄いマラソン大会に比重をおかれたこともあって、もしその構成が違った物であったら印象も違ったのにと残念な部分もありますが、これも映画化の苦しみであり今後の課題としていけば良いと思います。

 ただし私は題材として今回の事件を扱ったのは「相棒」だからこその選択であって間違いではないと思います。

 劇中でも触れられていますが、犯人がゲームを行ったことに違和感を感じる方が多くいらっしゃいますが、ある意味逮捕される事も目的に含まれていたことや、犯人にも誰かに止めて欲しいとの思いがあったことが複雑に混ぜ合わされた精神状態の結果として現れたとしても不思議は無いと受け止めています。

 他にも杉下警部なら犯人に同情など見せずに罪に言及するはずとの感想も多いのですが、犯人の置かれた特殊な事情を考えるとあれで良かったのではないでしょうか。

 このように考えるのも、私はドラマ制作等にも関心があるため、どうしても製作者の意図を最大限、それ以上に深読みしてしまう悪い癖があるからかもしれませんがcoldsweats01

|

« 必殺仕事人2009スペシャル感想 | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ(大田)編 »

ドラマ「相棒」シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/43631404

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒 劇場版」感想:

« 必殺仕事人2009スペシャル感想 | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ(大田)編 »