« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

球春 ジャイアンツ VS WBC代表(練習試合二日目)

本日は2日目の感想をジャイアンツの選手中心に。

【1回表】WBC先発涌井選手

1番谷選手 ホント調子良いみたいです。鈴木選手、高橋選手の体調次第では開幕スタメンも十分ありですね。

2番松本選手 エラーで出塁ですが、少なくとも俊足が影響していると思えます。鈴木選手、工藤選手との競争に割り込む勢いですshine

3番アルフォンゾ選手 他球団からも雰囲気ありとの評。オープン戦に期待です。

4番ラミレス選手 1年間故障無く過ごしてくれれば満足ですhappy01

5番李選手 小笠原選手の戻ってくる前に結果が欲しいところ。

6番坂本選手 ヒットになっていれば面白い展開だったかも。まあしっかり守ってくれれば良いのではcoldsweats01

やはり涌井選手では3本柱とは多少差があるようです。

【1回裏】ジャイアンツ先発金刃選手

3者凡退とすばらしい立ち上がり。

【2回表】

7番田中選手 猛アピールの2塁打。 続けて欲しいです。

8番中井選手 今はただ1軍クラスに慣れるため我慢。オープン戦に期待です。

9番加藤選手 実に惜しい大飛球。以前から加藤選手の思い切りの良い打撃が好きなので、ぜひ1軍で右の代打を兼ねて起用して欲しいです。

【2回裏】

金刃選手はシーズンでも2順目になると厳しかったのですが、1流相手ではもっと厳しかったですねweepやはりストレートにもう少し球速が欲しいのと、厳しくインコースをつくコントロールが無いと苦労します。今シーズンは1軍で起用するなら中継ぎ、敗戦処理として力をつけていって欲しいです。

【3回表】

松本選手も結果を残しています。

それにしても李選手は心配の種。

【3回裏】

【4回表】

【4回裏】ジャイアンツ2番手歌藤選手

中継ぎでの起用でしょうから四球を出してのホームランでは厳しいですね。まあWBC相手ですからオープン戦で再試験ですね。

【5回表】

松本選手にはしぶとく出塁して欲しいです。

アルフォンゾ選手はブレイクが近い気がして楽しみです。

【5回裏】ジャイアンツ3番手西村選手

先発ローテを目指しての登板ですが、下位打者に四球後のホームランではダメです。

期待してますので、オープン戦では結果を残してローテを勝ち取って欲しいです。

【6回表】

【6回裏】

【7回表】WBC4番手山口選手

昨年の疲労等心配していましたが、なんとか今年も活躍が期待できそうです。

【7回裏】ジャイアンツ4番手福田選手

抑えていますが、大雨との事でよくわかりませんcoldsweats01 オープン戦に期待です。

本日も大差がついてしまいましたが、実力と調整段階の違いから仕方ありません。

ただし、四球の後のホームラン等も目立ち反省も必要です。

楽天野村監督ではありませんが、捕手のリードにも見直しが必要なのかもしれません。

横浜細山田選手のように、守備重視の捕手が必要な時期に来ている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球春 ジャイアンツ VS WBC代表(練習試合)

いよいよ注目のWBC代表チームとの練習試合。

すでに臨戦態勢の代表チームとの力の差はあるのでしょうが、ジャイアンツにとっても今期の注目選手が気になるところです。

映像情報が無く、経過速報頼りですがジャイアンツの選手中心に感想を。

【1回表】WBC先発和田選手

1番工藤選手は移籍の新戦力。タイプ的には鈴木選手との競争となりますが、1軍控えとしても貴重な戦力になりそうです。

2番谷選手は今年も元気。スタメン、代打どちらでも力を発揮する頼りになる選手です。

3番アルフォンゾ選手はメジャーでの実績も十分。力の衰えは仕方ありませんが、守備だけでも万全ならスタメン候補でしょう。

4番ラミレス選手は心配なし。今年も期待して良いでしょう。

【1回裏】ジャイアンツ先発東野選手

いきなり稲葉選手の3ランで3点失いましたが、イチロー選手、村田選手、福留選手から三振を奪っている辺り意地を見せてくれています。

【2回表】

5番李選手は今年が正念場。調子が上がらない事には、1塁小笠原、3塁中井もありえるでしょう。

6番坂本選手はここまで順調。順調過ぎてシーズンでのアクシデントを想像してしまうほど。今年も守備面には心配ないので、2割7分以上の打率を残せるかが課題。

7番中井選手は飛躍の年。上記の李選手の調子次第では3塁スタメンもあるでしょう。目標は、まずきちんとした守備と昨年の坂本選手以上の打撃成績でしょう。

【2回裏】

東野選手は細かいヒットで1点を失うものの、まだまだ修行中の身ですから良しとしましょうcoldsweats01

【3回表】

8番加冶前選手はデビューこそ派手でしたが今年は勝負の年。同レベルの選手間での競争が激しいのはもちろん、ドラフト2009ではスタメン候補長野選手の指名も予定されています。

9番鶴岡選手は今年も加藤選手と2番手捕手争いが続きそう。

【3回裏】ジャイアンツ2番手古川選手

連続エラーをきっかけに2点失いましたが、内容を見ると次の登板にも期待が持てそうな感じ。将来の山口選手先発転向後に後任を務める可能性もありそう。

【4回表】

エラーの後で燃えたであろう坂本選手と同級生田中投手の対決もこの時期では仕方が無い結果。

【4回裏】ジャイアンツ3番手栂野選手

四球、四球、長打で2点献上。ファンもベンチも一番嫌いな展開。この時期で良かった。最終試験なら落第間違いなし。

【5回表】

【5回裏】

栂野選手も落ち着いたようで、次のチャンスの切符は掴んだのでは。

【6回表】WBC3番手内海選手

内海選手はまずまずのピッチング。今年のシーズンも先発の柱として期待出来そう。

田中選手はまだまだ高卒3年目とチャンスはあるのでしょうけど、のんびりと構えずにどんどんアピールして欲しいです。加冶前選手辺りに遅れを取っていると、2軍から脱出出来なくなりそう。

【7回表】

【7回裏】ジャイアンツ4番手ロメロ選手

ロメロ投手は育成契約ながらなかなか評判の良い投手。細かいプレーには課題が残るものの将来性は十分。今日も十分合格な内容。

【8回表】

松本選手と田中選手にヒット。十分なアピールになりました。

【8回裏】

【9回表】

高橋選手は腰痛の影響でフル出場は厳しい状況。早めに代打の切り札的存在になって欲しいと思うのですが。

【9回裏】ジャイアンツ5番手木村正選手

木村正選手は良い経験になったのではないでしょうか。今期は2軍の主力投手として1軍を窺って欲しいです。

スコアーだけ見ると大差がついてしまいましたが、選手個人個人には十分な経験と勉強とアピールの場となったのではないでしょうか。明日も楽しみにしたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ(大田)編

当然と言えば当然ですが苦労していますねcoldsweats01

打撃はともかく守備に多少の時間がかかりそうで。

ただし意外とゴールデンウィーク辺りには2軍の4番に定着しそうな気もしています。

キャンプ中継を見た感想としては、まだまだ体の芯が鍛えられていない気がしました。

今後は守備に慣れるとともに、下半身を鍛えて、将来に備えて欲しいと思いますhappy01

当たり前の事なのですが、大田選手をあっさりと2軍で鍛える辺り、ジャイアンツの育成方針も板についてきた気がします。

今年も2軍に注目ですねbaseball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「相棒 劇場版」感想

 「相棒 劇場版」

 「相棒」が映画化されると言うだけで、何か長い努力が報われたようで、ただただ嬉しかった事が思い出されます。

 「特命係」とは捜査の主役では無いので、大掛かりな「劇場版」にあった題材なのかと不安も覚えましたが、結果だけ見れば大成功であった事は間違いありません。

 私は劇場で1回、DVDで1回見ただけですが、多くの方とある部分同じ感想を持ちました。
 ただ、その結論は違ったものでした。
 確かに一般映画ファンもしくは浅い「相棒」ファン向けに作られた事は間違いないと思いますが、それは「劇場版」の宿命であり仕方が無いこと。その中ではまずまずの内容だったのではと思います。

 確かに多くの方が指摘されているように、前半の犯行シーンが短いために後半になるとそのことを忘れてしまいそうになった事も事実であり、大掛かりな割には意味の薄いマラソン大会に比重をおかれたこともあって、もしその構成が違った物であったら印象も違ったのにと残念な部分もありますが、これも映画化の苦しみであり今後の課題としていけば良いと思います。

 ただし私は題材として今回の事件を扱ったのは「相棒」だからこその選択であって間違いではないと思います。

 劇中でも触れられていますが、犯人がゲームを行ったことに違和感を感じる方が多くいらっしゃいますが、ある意味逮捕される事も目的に含まれていたことや、犯人にも誰かに止めて欲しいとの思いがあったことが複雑に混ぜ合わされた精神状態の結果として現れたとしても不思議は無いと受け止めています。

 他にも杉下警部なら犯人に同情など見せずに罪に言及するはずとの感想も多いのですが、犯人の置かれた特殊な事情を考えるとあれで良かったのではないでしょうか。

 このように考えるのも、私はドラマ制作等にも関心があるため、どうしても製作者の意図を最大限、それ以上に深読みしてしまう悪い癖があるからかもしれませんがcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必殺仕事人2009スペシャル感想

遅くなりましたが、待ちに待った必殺仕事人シリーズ復活とこれからの継続を期待して感想を。
お正月スペシャルというだけあって、メンバー全員出演に加えてゲストもまあまあ。

中村家も健在で渡辺家とのコラボは楽しい限りでした。

これだけのシリーズですから話し的に以前と被るのは仕方ないと思うのですが、これでなかなか良い内容だったと思います。
残念に思っている人が多い玉櫛の衝撃の死については、旬の女優さんである水川さんが半年間京都に通うのが難しい現実や今後の事を考えての事でしょうから仕方ないと思います。私的には忍びとして生きてきた玉櫛が自由に生きている涼次よりも、お上=民のために働きたいと願う浪人伊左衛門に魅力を感じて手助けをしたいと思ったのだと解釈しています。一人の女優さんとして好感がもて、そのキャラクターも良い感じでしたので残念でしたが、仕事人として生きて行くことが良いとも思えず、仕方ないのかなとも思っています。

ところで、私の地元の地方新聞に、ある意味興味深い記事がありました。その内容を要約すると「必殺仕事人2009は、①あまりにも淡々と人を殺しすぎている、②浪人伊左衛門も殺されるほどの罪なのか?」と納得がいかない様子。

もちろん必殺仕事人について何も分かっていない方なのでしょうけど、その目の付け所だけはある意味なかなか良いものと思います。

①については淡々としていて当然。仕事なのですから、いちいち感情込めてもらっても困るってものです。主水も以前、仕事に感情が入っては冷静さを欠きミスが起こり命を失くすと若い仕事人を諭していました。また別の意味では、仕事によって殺される人間には感情を込めるだけの価値も無いと言いたいのでは無いでしょうか?いつも最後が不意打ちの形を取っているのも、自身の保身のためだけではなく、相手に堂々と死なせないとの気持ちが込められているのだと思っています。

②玉櫛の死については、最後のシーンばかりが取り上げられていますが、実はそのまえのめし処「その」ですでに伊左衛門に殺されかけています。あの店で無一文で食事をする指示を受けていたようですが、その真の目的は、前に殺された無銭飲食(?)の男達と一緒で殺される事にあったのでは無いでしょうか?そう考えると伊左衛門に殺されるシーンも予想がつき、納得できるのではないでしょうか?伊左衛門にとっては玉櫛は残念ながらそうゆう存在でしかなかったということなのでしょう。そんな風に人の命を考えている伊左衛門だからこそ最後の殺され方に意味があるのでは無いでしょうか?

何はともあれ待望の必殺シリーズのスタートです。

待ちに待った分期待も大きいのですが、ブランクもあるでしょうから、甘めの採点で見ていこうと思っていますcoldsweats01

追伸:必殺シリーズには悪役での出演後に仕事人に抜擢されるケースがあります。悪役(殺され役)でしたが浪人伊左衛門役沢村氏には仕事人も似合うような気がしました。エロ男爵との異名を生かした整体師兼針医者などいかがでしょう?きっとジャニーズ3人組とは違う雰囲気をもたらしてくれると思います。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ(辻内)編

先日は嬉しいニュースが聞けましたhappy02

話題のルーキー大田選手のバッティング練習の相手とはいえ、あの辻内選手のピッチングを見ることが出来ましたbaseball

もちろんまだまだ1軍レベルに遠い事は当然ですが、観戦に訪れていた堀内前監督いわく再起不能に近い故障からの復活と言って良いレベルのようです。

もちろん入団前はエリート街道を歩んでおり、ピッチングの実践感覚を取り戻せば、即2軍ローテに入ってくれるものと期待しています。

早ければ交流戦、遅くともオールスター戦後にでも1軍登板を果たしてくれると他の投手の刺激にもなるのですが。

まだまだ大学卒業の年齢。これからです。故障明けですので焦らずに一歩一歩力をつけていって欲しいです。

若い左腕は内海選手に山口選手、それに金刃選手くらいであり、チャンスありですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ編

いよいよプロ野球キャンプがスタートしました。baseball

やはりこの時期は楽しみばかりでとても良い時期です。

とにかくフレッシュな話題がいっぱい聞けることを期待しています。happy01

ジャイアンツの様子と言えば、初日の模様を一部G+で見ました。

やはり一般的に話題の中心はと言うと大田選手になってしまうのでしょうけど、まだまだプロのレベル(1軍)に慣れるには時間がかかる印象を持ちました。

もちろん高卒新人である事を考えても、打撃に関しては松井選手でも苦労した事を思えば、キャンプからオープン戦終盤まで1軍レベルを経験させ、開幕は2軍で迎えて、5月の連休明けにも2軍の4番に定着してくれれば順調と言えるのではないでしょうか?

もちろんこの考えは同じ3塁手に期待の中井選手がいる事も影響していますが、現時点では総合的に考えても、中井選手を優先するべきだと思いました。

何はともあれ、これからの1ケ月間は若手を中心にキャンプを楽しんでいきたいと思いますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »