« 相棒シーズン7 第10話 「元旦スペシャル」感想 | トップページ | ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(リリーフ投手編) »

ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(先発投手編)

いよいよ宮崎キャンプも近づき、ある意味シーズンよりも楽しみな季節がやってまいりましたbaseball

ただし先発投手のことを考えると正直なとこ楽しみよりも心配coldsweats01

上原選手のメジャー挑戦によるこま不足は数字以上に深刻なダメージとなりそうです。

キャンプ前のデータから考えると

A.まずは、よほどの事が無い限りローテーション決定

 グライシンガー選手(34才) 昨年の数字的には満足できたものの、特定球団に対する相性の悪さは気になるところ。 最低ラインの10勝は十分に期待出来る存在。

 内海選手(27才) エースに近い存在ではあるものの、ダルビッシュ選手等と比べインパクトの弱さは気になるところ。 まずは球速を上げる事が今期の課題。 最低ラインの10勝については問題ないレベル。

B.ローテーション定着が課題

 東野選手(23才) 昨年1軍定着も中途半端な起用であったため真価の問われる1年。まず今年は、ローテを守って10勝10敗でも合格点かと。

 西村選手(24才) 昨年は前半活躍も後半は目立てず。クルーン選手健在な上、M中村選手も加入し、越智選手にも追い抜かれた今年は心機一転先発ローテを目指す。これといった武器が無いのでウイニングショットの完成が課題。ただし1軍登板には慣れているので辛抱強く起用していけば、ローテーションを任せる事も可能かと。

 金刃選手(25才) 昨年は見事に2年目のジンクスにはまる。ただしファームでは結果を残しており、十分に復活が可能。まずはオープン戦で結果が欲しいところ。

以上にベテランの高橋選手(34才)、木佐貫選手(29才)を加えたところでしょう。

でも、基本的には大胆な若手選手起用を期待していますhappy01

|

« 相棒シーズン7 第10話 「元旦スペシャル」感想 | トップページ | ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(リリーフ投手編) »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/43786014

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(先発投手編):

« 相棒シーズン7 第10話 「元旦スペシャル」感想 | トップページ | ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(リリーフ投手編) »