« ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(先発投手編) | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ編 »

ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(リリーフ投手編)

いよいよプロ野球キャンプ1週間前baseball

各地でにわかに盛り上がってきていますhappy01

先日、春の選抜出場校が発表となり、多くのドラフト候補生が甲子園出場を決めました。

昨年の東浜選手のようなスター候補生の誕生を期待しています。

今年も節目節目でドラフト予想をしていきたいと思います。

本題のジャイアンツリリーフ陣についてですが、これは先発陣とは違い昨年非常に充実しました。オフのM中村選手獲得も含めて大崩はないのではないでしょうか。新人賞を受賞された山口選手は本当に頑張ったと思います。

では、中継ぎから

豊田選手(38才) 昨年は完全にクローザーのポジションをクルーン選手に任せて中継ぎに専念。数字的には十分の活躍なのですが、クローザー時代を知るだけに、ここ一番での失点は気になってしまいます。山口選手や越智選手に続く若手の成長次第では、出番の減少もあると思われます。ただし、クローザーとしての経験は十分であり、指導者としての役割もあるのかなと思います。

山口選手(26才) 昨年の新人王。まだまだなのですが1年間で大きく成長。あと1年2年このポジションで自信をつけるとともに先発の準備をして欲しいところです。(本人に希望があればですけど)

越智選手(26才) これまた新人王クラスの活躍でした。投球スタイルからクローザー候補とも思われ、今年1年の成長に期待。

そしてクローザー

M中村選手(33才) これは大きなトレードだったと思います。クルーン選手の衰えや若手の伸び悩みに対して保険的意味合いで大きな価値。もちろん通常時でも、クルーン選手とクローザーを争うだけの実績もあり楽しみな存在。

クルーン選手(36才) コントロールの定まらない試合も見られましたが、1年通してみると十分合格点。ただし、越智選手の成長もあり今年限りの可能性も大きいと思います。

とまあこんな感じですが、まだまだ期待の選手はいますので、次回は期待の若手ということでピックアップしたいと思います。

|

« ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(先発投手編) | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ編 »

プロ野球:巨人」カテゴリの記事

コメント

期待の若手としてあげたいのは、背番号38番の上野貴久投手を挙げときます。貴重の左腕で変則気味のフォームから投げる変化球は武器になりそうですしね。

投稿: ヤスヒロ | 2009年1月28日 (水) 19時49分

上野選手も勝負の年ですね。今年は投手陣にはみんなチャンスがあると思うので、ぜひものにして欲しいです。
ただし、同じ左腕としては古川選手(24才)の方が前評判は高いようです。
ところでヤスヒロさんの応援するドラゴンズにはウッズ選手に代わる新外国人選手が入団していますが、キャンプでの評価は上々のようですね。またまた手強い打者が増えたようですcoldsweats01

投稿: アサミ | 2009年2月 3日 (火) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104896/43841713

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(リリーフ投手編):

« ちょっと早いジャイアンツ2009戦力分析(先発投手編) | トップページ | 球春 プロ野球キャンプスタート ジャイアンツ編 »